カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンは申し込み方法で即日融資可能!注意点を押させておこう

急にお金が必要になったとき、どうしますか?親や友人に借りる?でも何となく借金するのは恥ずかしいし、心配をかけるから、と思う人も多いのではないでしょうか。そんな時には誰にも迷惑をかけずに借入できる即日融資も可能なカードローンが便利ですよ。

カードローンは何となく不安、どんな風に申込むの、などと申込を躊躇している人もいますよね。こちらではカードローンの申込みから融資までをわかり易く説明しています。思ったよりも簡単に、しかも安心して借入できるカードローンについてもっと詳しく知ってみませんか。

カードローンのここが便利!

明日急にお金が必要になった!そんな時に1枚のカードでいつでもどこでもATMで簡単に現金を引き出せる、カードローンは本当に便利ですよね。

カードローンに申込したいけれど、いろいろと面倒そうだし、金利のことなど少し心配、と考えていませんか。

カードローンへの申込は思っているよりずっと簡単!そしてカードローンにはもっとたくさんの便利な点があるのです。いくつかの例を挙げてみましょう。

  • 利息は借りた日にちだけ
  • ATMの利用手数料0円
  • ゆっくり返済と一括返済
カードローンは金利が高い、そう思っている人が多いのですが、今では消費者金融だけでなく銀行のカードローンも利息は借りた日にちだけ、というのをうたっている業者が多いのです。給料日までの3日間だけ借入して給料日に一括返済すれば利息は3日分だけで済みます。

18%の実質年率のカードローンで2万円を借入して、3日後に一括返済した場合、利息はいくら支払えばよいのか計算してみますね。

20,000円×18%÷365日×3日≒29円

約29円の利息を加えた20,029円を一括返済すればよいのです。

ATMの利用料金が無料のところが増えているので土日など預金をおろす手数料よりもお得で便利に利用できるのです。

まとまった金額が必要な場合にはもちろん、毎月無理のない返済額で家計にも優しいですよ。その場合にも途中で随時返済や一括返済が可能なので計画的に早めの完済も望めます。

今月は少しだけお金が足りなくなった、多くは借入したくないのだけれど…という場合には1,000円単位での借入が可能なカードローンもあるのでそういったカードローンに申込むようにするのも良いですね。

カードローンで即日融資してもらう為に必要なこと

カードローンについてお話ししましたが、カードローンが便利で安全だということがおわかりいただけたでしょうか。それでは続いて急な出費の為に申込む際の申込から融資までの流れと即日融資についてお話ししていきましょう。

カードローンには即日融資可能なものと融資までに少し日にちがかかるものがあります。

確実に即日融資してもらう為には即日融資可能と明記してある業者を選ぶ必要があります。

即日融資可能な申込方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

  • 店頭での申込
  • 無人自動契約機での申込
  • インターネットでの申込
  • 電話での申込

上記のように即日融資の為の申込方法はいくつかありますが、インターネットで申込し、審査結果を受けてから自動契約機などでの本契約が無理なく即日融資を受ける方法ではないでしょうか。スマホなどWEB完結で簡単に即日融資して貰える場合もあるのでホームページで確認して下さいね。

時間があれば店頭でや無人契約機で申込むのが一番簡単かもわかりませんね。自宅ですべて完了したい場合にはインターネットでの申込、相談しながら申込をしたい場合には電話で、と自分の都合に合わせて申込むようにして下さいね。

どの申込の場合でも即日融資が必要なことを申込時点で申し出るとスムーズにいく場合もあります。

特に電話の場合は担当者に即日融資の為にはどうすれば良いのかを確認する必要があります。

即日融資の為にはこれが必要

  • 即日融資可能かどうか確認
  • 早い時間帯(午前中)に申込む
  • 申込事項に不備や間違いがないようにする

銀行のカードローンの中には1週間くらい融資までに日にちがかかるところもあります。消費者金融でもすべての業者が即日融資を行っている訳ではありません。即日融資可能かどうかを確認して申込む必要があります。

振込融資のことも考慮して、申込時間は午前中の早めにした方が良いですよ。申込事項に間違いなどのないように注意することも大切です。もし不備があったとしても早い時間に申込んでいれば何とか対応して貰えることもありますから。

申込は1社だけ!複数社への同時期申込はやめよう

即日融資可能な申込方法についてお話ししてきました。その後申込から審査、そして契約と順序だてて進んでいくのですが、ここで守らなければいけないことがあります。

それは審査が心配だからと同時に数社への申込をしてはいけないということです。

たくさん申込めばどこかで借りることができるかも、という安易な気持ちで多重に申込む人がいますが、これは多重申込として業者が最も嫌うことです。

個人信用情報の履歴には申込を行ったという履歴のみが残る為に、この人はたくさんの会社に申込をしている。それだけお金に困っているのだと思われてしまうのです。信用できないと見なされ、審査は即否決となるでしょう。

申込ブラックの履歴は6ヵ月間消えない

多重申込の履歴を申込ブラックと呼び、業者にとっては審査の可否の大きな目安となります。申込ブラックの履歴は申込んでから6ヵ月間残ります。

もしも数社への申込をしてしまった場合は、その申込から少なくても半年以上たってから再度申込することをお勧めします。もちろん一旦否決された業者ではなく、別の業者への申込をするようにした方がよい結果に繋がりやすいでしょう。

申込から融資まで最短で融資を受ける為に

即日融資をふくめてカードローンへの申込方法についてお話ししましたがおわかりいただけたでしょうか。最後にもう一度申込から融資までの流れと、こうすれば即日融資を受けられるというポイントをお話ししていきますね。

1申込(インターネット・店頭・自動契約機など)→2審査(結果連絡)→3契約(ネット上・自動契約機など)→4カード発行融資(後日郵送の場合は指定口座に振込にて融資)

融資までは上記のような流れとなります。銀行のカードローンでも自動契約機を取入れているところがあるので便利に申込めるようになりました。カード発行を待つことなく銀行のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できる所もありますよ。

消費者金融のカードローンでは最短30分で審査完了、土日も24時間融資可能などという業者もあります。

もちろん即日融資可能とうたっているので至急お金が必要なときはうれしいですね。

即日融資への近道は不備なく審査を通過すること

  • 申込は1社のみにする
  • 過去に金融事故が無いことが必須
  • 最初から高額融資を希望しない
  • 申込内容に不備がないようにする
  • 必要書類はあらかじめ用意しておく
いくら業者が即日融資可能とうたっていても、不備などの為に審査に時間がかかったのでは融資も難しくなります。まずはしっかりと不備のない申込をすることが大切です。自営業者などは確定申告などの収入証明書が必要な場合もあります。あらかじめ必要書類は用意しておくと慌てませんよ。

申込は1社のみにすること、限度額は50万円以内にすること、また信用情報に金融事故履歴はありませんか。何年も前に通販での買い物分2,000円が手違いで3ヵ月延滞になってしまった。などずい分以前のことで忘れてしまっていることも多いのです。

審査ではこういった履歴も当然信用情報の照会で分かってしまいます。とうぜん即日融資どころか審査は否決です。自分では気がつかない内に金融事故扱いになっている支払はないか、思い出して下さい。もしも不安なら信用情報の開示請求をして確認するのも必要なことですね。

おすすめ記事

カードローンでどこからお金を借りようか考える時に、...

カードローンを申し込んですぐの借入限度額は50万円...

普段、働いている時に使うお金といえば、お茶代にラン...

閉じる
閉じる