カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローン限度額の決まり方!借入先でも違ってくるから要注意

カードローンの限度額は各業者により、また顧客によってそれぞれ違いますが、限度額はどのように決められるのでしょうか。少しまとまったお金が必要になったけれど、どこのカードローンに申込めばよいのか迷っている?

それならこちらで詳しくカードローンの限度額についてお話ししていますよ。限度額についてだけでなく、申込から融資までの流れなどもお話ししているので、ぜひカードローン選びの参考にして下さいね。

消費者金融と銀行のカードローン限度額はどう違う?

カードローンにはそれぞれ限度額が設定されています。その限度額はどのように設定されるのでしょうか、また消費者金融と銀行のカードローンでは限度額がどのように違っているのでしょうか。詳しくお話ししていきましょう。

審査により決定する限度額

限度額は申込者本人の属性や信用情報などを審査した上で、適正な金額を業者の方で決定します。

もちろん申込時にいくらの貸付金が必要なのか希望は受付ます。ただその金額がそのまま通るとは限らないのです。

特に消費者金融のカードローンでは、総量規制の為他社も含め借入限度額の合計が年収の3分の1以下と定められています。

例えば年収200万円の人が申込できる限度額は60万円強となるのです。

もしもクレジットカードなどのキャッシング限度額が30万円あった場合は、カードローンでは約30万円の限度額以上は借入不可となるのです。そういった他社での限度額や、本人の収入についてしっかりと審査した上で限度額は決定されます。

総量規制は消費者金融の限度額を変えた

消費者金融、信販会社などの貸金業者は貸金業法に則って運営されています。貸金業法改正にともない施行された総量規制により、消費者金融のカードローンは大きく変化をとげました。消費者金融のカードローンの特徴や申込条件は銀行のカードローンとかなり違ったものになります。

銀行のカードローンは銀行法により運営されいるのです。その為、貸金業法の総量規制対象外で、消費者金融とは異なる貸付条件や特徴を持ちます。

それぞれどのような特徴があるのか比較してみましょう。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
申込条件 安定した収入のある人
無職の専業主婦不可
安定した収入のある人
配偶者に収入のある専業主婦可
貸付限度額 年収の3分の1以内 審査により決定
800万円位までが多い
実質年率 上限18%
10万円未満20%
100万円以上15%
上限14%前後
限度額により変化
提出書類 本人確認書類
50万円以上収入証明書要
本人確認書類
300万円以上収入証明書要が多い

総量規制は収入の3分の1以内の貸付限度額と定めています。ということは無職無収入の人には当然貸付はできません。

規制が施行される前は配偶者に安定した収入があれば専業主婦も申込対象となっていましたが、施行後は申込不可となりました。

もちろん銀行は規制対象外なので専業主婦申込OKですよ。

申込時の提出書類は消費者金融も銀行も本人確認書類、貸付限度額によっては収入証明書が必要となっていますが、消費者金融では申込限度額が50万円を超える場合と、他社限度額の合計が100万円を超える場合は収入証明書提出が義務付けられています。

実質年率は限度額によって違ってくるのですが、銀行は500万円、800万円など高額限度額の場合8%、5%の低金利設定となっています。限度枠内で少額借入でも金利は低いままで利用できるので、高額限度額で申込する人も多いようですね。

総量規制は顧客の為に作られた法律

貸金業法改正で、顧客の大きなメリットとなるものは利息制限法の改正ですよね。何しろ、それまでの上限利息が29.2%から18%に実質引下げられたのですから。それでは総量規制はどうなのでしょうか。

総量規制もまた顧客のメリットの為に施行されたものです。それまでは年収に関係なく(もちろん審査では関係しますが)返済能力を認められれば高額の限度額設定も可能で、他社の限度額とも連動していなかった為、一人の顧客が何社ものカードを所有し、多重債務を背負うことで破綻してしまう事態があったのです。

そういった多重債務者を出さないことを目的に施行されたのが総量規制です。今までは限度額が充分にあったのに、総量規制により限度額の見直しがなされ限度額が0円となった顧客や返済のみのカードローンになってしまった顧客も多くいました。

カードローン審査を楽々クリアする為に

限度額について、また貸金業法の総量規制が限度額にどのようにかかわるかをお話ししてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。銀行の場合は高額の限度額になるほど低金利設定となっています。銀行のカードローンに申込む場合はそれも考慮する必要ありますよね。

限度額を含めて希望通りのカードローンでの融資を受けるためには、まずは申込時の審査に通らなくてはいけません。申込から審査、そして融資までのおおまかな流れと、どうすれば無理なく審査をクリアできるのか、そのポイントについてお話ししていきましょう。

「消費者金融のカードローン」

1インターネットでの申込→2審査→3自動契約機などでの契約→4カード発行→5融資

「銀行のカードローン」

1インターネットでの申込→2審査→3本契約(郵送、窓口など)→4カード郵送→5融資

流れとしてはほぼ大きな違いはないのですが、大手消費者金融では自動契約機を備えており、インターネットで申込し、審査をクリアしてから自動契約機で契約することで即カード発行が期待でき、即日融資が可能となります。

銀行のカードローンの場合は本契約から融資まで少し日にちがかかる場合が多いようです。

また銀行では口座が有ると無しでは融資までのスピードが違ってくるので、口座がある銀行への申込が良いでしょう。

無理のない借入計画と限度額での申込が大切!

カードローンの限度額は消費者金融と銀行では大きく違いがある事はお分かりいただけたと思います。消費者金融の場合は収入証明書の不要な50万円までの限度額、銀行では少しでも金利の低い限度額での申込をする人が多いのではないでしょうか。

もちろん、高額な限度額での申込でも、その金額をすべて借入する訳ではありません。300万円の限度額でも2万円だけ借入することも可能です。それでも300万円の限度額に対する実質年率の適応となるので確かにお得ですよね。

カードローンは限度額まではいつでも何度でも借入が可能です。ATMで手数料無しでお金を引出せるところも多くなっています。便利なだけについつい借り過ぎるという事にもなりかねません。利用には充分な借入返済計画が大切ですよ。そして限度額も出来ればあまり高額にならない方が安心なのではないでしょうか。
おすすめ記事

「今よりももっとお金を借りたい…けれどこんな時、増...

世の中には色々なカードローンがありますが、楽天には...

カードローンは、消費者金融だけでなく銀行、いわゆる...

「地方銀行のカードローンはその地域に住む人しか利用...

カードローンを利用しているうちに、借入金が足りなく...

カードローンの審査結果を見た時に「えっ!これだけし...

カードローンを利用する際に、借入限度額が自分の希望...

閉じる
閉じる