カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローン審査はコツとポイントを押さえてスムーズに完了!

カードローンに申込したいけれど、審査が心配。そう考える人は多いです。カードローンの審査はどのように行われるのでしょうか。消費者金融と銀行では審査内容が違うのでしょうか。いろいろと気にかかります。

こちらではカードローン審査はどのようにされているのか、審査に受かる為にはどのようなことに気を付ければよいのか、などカードローンの審査についてお話ししています。ポイントを押さえれば審査は怖くありませんよ。

カードローンの審査はどのように行われる?

カードローンに申込む時、審査に通るかどうかが心配のもとですよね。カードローンではどのような審査が行われるのか、確認していきましょう。

  • 本人の属性について審査
  • 信用情報の照会で審査
  • 在籍確認審査

本人の属性というのは本人に関する情報、データで、たとえば勤務先や勤務形態、年齢、居住形態などです。

多くは点数化して評価しています。項目ごとに点数を出し、総合点の高いほど返済能力があると見なされるのです。

属性審査と併せて、信用情報の照会により申込者本人の信用状況を確認審査します。ここで金融事故の履歴が有る場合には審査は即否決となってしまいます。一度に数社への申込をした場合もこの信用情報で履歴が残るので、否決されるので気を付けましょう。

審査が進んで返済能力有りと見なされ、在籍確認で間違いなく勤務先への在籍が証明されれば、審査をクリアできるのです。

属性は出来るだけポイントが高い方がもちろん良いのですが、たとえ中くらいであっても信用実績をしっかり積む努力をしていれば、返済能力ありと認められることが多いですよ。

属性の高ポイント低ポイント

属性審査は得点により行われるとお話ししました。どのような項目でそれぞれ高得点と低得点となるのか確認してみましょう。

高得点 低得点
年齢 30代後半40代 20代前半
居住形態 本人持家 賃貸アパート市県営住宅
家族構成 既婚家族同居 独身独り暮らし
職種 公務員上場企業 自営業中小企業
勤務形態 正規社員 アルバイトパート
勤続年数 3年以上 半年以内

おおむね上記のような得点になりますが、あくまでもカードローン会社の目安であって、すべての項目で高ポイントでなくてももちろん審査に受からないという訳ではありません。

例えば勤続年数がまだ半年に満たないのなら、最低でも1年以上経ってから申込むようにした方が良いといえます。

たとえ一部上場企業や大手企業に勤務していても勤続年数が少ない人よりも、中小企業に勤めている勤続年数が10年以上という人の方がポイントが高い場合もありますよ。

銀行と消費者金融の審査時間や内容について

審査内容は銀行と消費者金融でさほどの違いはありません。以前は絶対的に消費者金融のカードローンの方が審査が迅速といわれていましたが、今では銀行のカードローン審査も同じように迅速に行われています。これは大手消費者金融が銀行とのグループ提携によって小口融資のノウハウを伝えていることに原因があります。

貸金業法の改正により、顧客への貸付を規制されたり、実質金利の引下げとなった消費者金融は、銀行のグループ会社となることで経営を立て直してきました。

銀行はまた消費者金融の小口融資のノウハウを受けることで、それまでのように何週間もかけることなく顧客へのカードローン融資が可能となったのです。

銀行のカードローンの保証会社に大手消費者金融の名前が挙がっていることも多いですよね。属性の得点による審査方法なども消費者金融から銀行へ伝えられたものと思われます。

即日審査回答と即日融資のこと

消費者金融のカードローンだけでなく、銀行のカードローンも即日融資が可能なものが増えています。

特に急いでお金が必要となった場合には即日融資可能と明記された業者に申込むようにして下さい。インターネットで申込、契約は自動契約機などを利用すれば即日融資が受けられます。

銀行のカードローンでは即日審査回答とうたっている場合がありますが、これは審査の回答がその日の内にあるということで、即日融資という訳ではありません。気を付けて下さいね。

最近では銀行のカードローンの場合、その銀行の口座があればローンカードがなくてもキャッシュカードがそのままローンカードとして利用できるという便利なものもあります。もちろん即日融資に対応している場合も多いので確認してみてくださいね。

カードローン専業主婦や自営業は申込める?

カードローンの審査や即日融資についてお話ししてきました。続いてカードローンの申込条件についてもう少し詳しくお話ししてみましょう。また申込条件で消費者金融と銀行ではどのような違いがあるのかも比較してみますね。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
申込条件 規定年齢の安定した収入のある人
自営業可(事業資金の用途不可)
配偶者に安定収入あれば専業主婦可
規定年齢の安定した収入のある人
自営個人事業主可(事業資金不可)
無職の専業主婦不可

消費者金融も銀行のカードローンも自営業者の申込を受け付けています。ただ事業資金としての使用は不可となります。事業資金として利用したい場合には個人事業主を対象としたビジネスローンや個人事業主ローンがあるのでそういったものを利用して下さい。

事業資金としての利用でない場合には、もちろん消費者金融、銀行ともに申込可能ですが、自営業者に関しては確定申告書などの収入証明書が必要な場合もあるので必要書類についてしっかりと確認して下さい。

消費者金融では総量規制の為、無収入の専業主婦の申込はできません。銀行のカードローンの場合は総量規制対象外なので配偶者に収入があれば専業主婦であっても申込は可能です。ただし貸付限度額は一律30万円程度になるようです。

カードローン審査をらくらくクリアする為に!

消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも審査内容や迅速さにはほとんど差がないのが現状です。

以前は銀行のカードローンは審査が厳しいといわれていましたが、それはやはり返済能力の有無を厳重に審査したためです。銀行のカードローンが低金利を維持できているのは優良顧客を多く獲得しているからです。

今の消費者金融も優良顧客獲得を目標としています。やはり厳しく返済能力の有無を審査しているのです。言いかえれば、返済能力があると見なされると必ず審査をクリアできるということになります。その為にはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

  • 限度額は少な目に申込む
  • 日頃から信用実績を積む努力をする
  • 申告内容に不備や間違いの無いようにする
  • 同時期に何社もへの申込はしない

特に総量規制の為に消費者金融での借入限度額は50万円を超えると収入証明書が必要となります。申込む時は50万円以下の限度額での申込をするようにしましょう。また、審査が心配だからと同時期に数社への申込をすると、多重申込みの履歴が残り審査否決のもととなります。

クレジットカードの支払い、携帯電話の利用料金の支払など期日を必ず守ること、延滞や遅延が重なると信用情報にマイナス履歴が残ります。信用実績は自分自身で積み上げていくものなのです。毎月きちんと支払をしているというのは大きな信用実績となりますよ。

申込時の申告内容に間違いや不備があると、嘘の申告ともとられかねません。電話番号や勤務先の所属部署を書かなかった為に在籍確認が取れず、審査否決となった例もあります。慎重に間違いのないように申込むようにして下さいね。
おすすめ記事
閉じる
閉じる