カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンを借り換えたい!そんな時にフリーローンは使える?

ローンには、使い道が自由な商品としてカードローンがあります。よくコマーシャルも流れているので知っている方も多いでしょう。

しかしカードローンは、何度でも借り入れできる便利な面があるのと同時に、なかなか返済が進まず、中には多重債務に陥る人もいるというデメリットもあります。

そんな問題点とも言える部分を解消したような、しかし、使い道が自由なローンが他にもあります。フリーローンです。しかも、カードローンよりも金利が低く設定されています。

カードローンのような問題点はなく、なおかつ、使い道が自由ならばカードローンからフリーローンへ借り換えた方がいいのでしょうか。

使い道はどちらも自由なフリーローンとカードローンはどう違う?

カードローンは、使い道が自由で限度額内ならば何度でも借り入れが可能と言う、お金が困った時に重宝する金融商品です。

しかし、何度でもお金が借りられる半面、返済が思うように進まなかったり、酷い場合には多重債務に陥ることもあります。それ以外にも金利が高いなど、できればもう少し利用者に優しくなって欲しいと、つい思ってしまうことがあるでしょう。

実は、そんな気持ちが反映されたような資金使途が自由なローンとして、フリーローンがあります。

フリーローンとは
主に銀行が扱っている、目的が自由(そのためフリーとなっています。)となっている個人向けのローンになります。審査を受けて通れば、お金が借りられるのはカードローンと同じになります。

目的が自由と説明しましたが、銀行によっては事業性には使えないなどのある程度の制限を設けているところも多いです。この点に関しては、カードローンと同じと言えるかもしれません。

ただ、後で比較してみますが、カードローンとフリーローンではいろいろな違いがある為、多くの銀行では、カードローン、フリーローンの両方を扱っています。

どちらがいい?フリーローンとカードローンの違いはお金の使い方!

同じ使い道が自由な商品としてあるカードローンとフリーローンですが、傍から見ると使い道だけでなく、ほぼ同じではないかという誤解を生みかねません。

確かに使い道だけ見れば同じなのですが、金利をはじめ、実際には様々な違いがあります。カードローンとフリーローンをメリット・デメリットで比較しながら、見てみます。

  フリーローン カードローン
メリット カードローンより金利が低い
カードローンより完済しやすい
余分な借り入れをしなくてすむ
新たな借り入れでは、カードローンより審査の影響は少ない
限度額内なら何度でも借りられる
高額借入の場合、フリーローンより金利が低くなることもある
複数の目的でも使用可能
融資までの時間が早い
優良顧客なら限度額の増額もある
デメリット 複数の目的では使えない
見積もりや領収書が必要なことが多い
追加借入ができない
融資まで時間がかかる
申込先の銀行口座が必要なことが多い
金利が高め
完済まで時間がかかる
総利息が多額になりやすい
多重債務や債務整理におちいりやすい
新たな借り入れでは、審査に影響が出やすい

  
大きな違いと言えば、やはりカードローンは限度額内ならば何度でも借り入れすることができるのに対し、フリーローンは一度借りたら後は返済するのみとなっています。

その為、カードローンに問題点としてよくあがる多重債務に陥りにくいと言えます。

フリーローンでは、使途理由が複数の場合には使えないこともあり、もしまた別の理由でお金が借りたい時は再度申し込みすることが必要となります。

他にも融資までの時間の掛り方も大きく違います。カードローンの場合は、消費者金融が扱っていることが多く、即日融資も可能となっているところが多いです。

対してフリーローンは、銀行が扱っていることもあり、即日融資はまずないでしょう。もし銀行口座を持っていなければ、口座開設の分も時間がかかります。少なくとも数日、かかる場合は1~2週間はかかると見ておいた方がいいでしょう。

カードローンとフリーローンでは借入額で金利の優位が変わってくる?

カードローンとフリーローンの違いはメリットデメリットでもわかったと思いますがいろいろあり、その中でもやはり誰もが気になるのが金利でしょう。

カードローンでは借入額が大きくなればその分、金利が下がることになるのですが、フリーローンではそうはいきません。とはいえ、フリーローンだと最初からカードローンよりも金利が低いことが多くあります。

  10万円の場合 200万円の場合
みずほ銀行
カードローン
14.0% 9.0%
みずほ銀行
多目的ローン
5.875%(変動金利)
6.700%(固定金利)
5.875%(変動金利)
6.700%(固定金利)
三井住友銀行
カードローン
12.0~14.5% 8.0~10.0%
三井住友銀行
フリーローン
5.975% 5.975%
スルガ銀行
カードローン
3.90~14.9% 3.90~14.9%
スルガ銀行
パーソナルローン
「夢航路」
フリープラン
8.000~14.900% 8.000~14.900%
ジャパンネット銀行
ネットキャッシング
18.0% 10.0%
ジャパンネット銀行
フリーローン
17.75% 14.75%
アコム 3.00~18.00% 3.00~15.00%
プロミス 4.5~17.8% 4.5~15.0%
アイフル 3.0~18.0% 3.0~15.0%

消費者金融はカードローンのみになりますが、金利が最初から細かく決まっているわけではなく、審査のうえで決まります。その為、幅があるのですが、法律で上限金利が決まっている為、100万円を超える場合は、上限が15.%となっています。

銀行では、カードローンもフリーローンも両方あるところが多く、金利は細かく表記しているところもあれば、消費者金融のように幅を持たせて表記しているところもあります。

こうやって見ると、全体的にフリーローンの方が金利が低いと言えそうです。

もちろん、カードローンも借入額が大きくなればその分金利は低くなるのですが、カードローンの場合は、最初から借入額が大きくなることは少なく、特に最初はカードローンの方が金利が高くなってしまうと言えます。

利息は少なくしたい!フリーローンでカードローンの借り換えは可能?

金利が低いならば当然その分利息は少なくすむので、フリーローンへ借り換えた方がいいのではないか、と考える人もいるでしょう。

比較の説明でも触れた、フリーローンとカードローンの大きな特徴である何度でも借り入れができるできないと言う点で、今後返済のみでも構わない、その方が借金が増えなくていいと考えるならば、フリーローンでの借り換えは可能です。

多くのフリーローンでは、「借り換えOK」がアピールされています。

フリーローンで借り換えのOKが表記されている金融機関

フリーローン 金利 限度額
スルガ銀行
フリーローン「夢航路」
フリープラン
(ゆうちょ銀行が代理業者として媒介)
8.000~14.900%
(固定金利)
1,000万円
りそな銀行
フリーローン
6.0%・9.0%・12.0%・14.0%
のいづれか
(固定金利)
500万円
住信SBIネット銀行
Mr.フリーローン
3.775~12.0% 1,000万円
十六銀行
かんたんフリーローン
3.8~10.8%
(固定金利)
1,000万円
(WEB完結は300万円)
百五銀行
フリーローン
(目的自由型)
※対面型
4.90~5.90%
(変動金利)
200万円
山陰合同銀行
自由に使える!ローン
(フリーローン)
4.0~14.5%
(固定金利)
500万円
百十四銀行
114フリーローン
6.5~12.0%
(固定金利または変動金利のいづれかを選択)
500万円
北海道銀行
ベストフリーローン
3.8~14.0% 300万円
関西アーバン銀行
アーバンフリーローン
「無担保型」
4.0~13.5%
(固定金利)
500万円

 

こうやって見ると借り換え可能のフリーローンを扱っている地方の銀行も多くあります。地方銀行のフリーローンは、条件的にも都市銀行よりも緩いことが多いのですが、その分金利が高めになっていたりします。また、申し込みも地域的に限られてしまうと言うデメリットはあります。

とはいえ、いろいろなフリーローンがあり、条件もそれぞれで違います。近くの銀行のフリーローンを見てみるのもありだと思います。

繰上返済には手数料がかかる?ボーナス払いを利用した方がいい?

毎月決まった日に返済するのは、カードローンと同じと考えていいと思います。ただ、フリーローンの場合、半年ごとのボーナスでの返済が可能となっています。

ただ、これも借入額によって可・不可と対応が変わったり、ボーナス返済の対応を行っていない銀行もあるなど、金融機関によって違いがあります。

他には、繰上返済の場合に手数料がかかるフリーローンも存在します。例えば、三井住友銀行は繰上返済の手数料が5,400円(消費税込)となっています。

しかし、これもまた銀行によって違いがあり、手数料を0円としていたり、完済できる場合は受け付けて一部返済は受け付けないなど、いろいろなパターンがあります。

こうやってみると、手数料がかかる、ボーナス返済がある、などを全体的な傾向では説明しづらいと言えます。銀行によって細かい違いがいくつもあり、気になるフリーローンがある場合、そのローンについてまずは調べてみる方が手っ取り早いかもしれません。

意外に厳しい?カードローンの借り換えができないフリーローンもある

とはいえ、どこの銀行も可能か、と言えばそうとも言えません。確かに多くの銀行は、他社借り換えもOKとしているのですが、中には三井住友銀行のように借り換え不可とされているフリーローンもあります。

また、他社借り換えについて触れていないフリーローンもあります。そんな時は問い合わせてもいいですし、他社借り換えOKのフリーローンは先の例にあげるように意外に多いので、そちらのフリーローンを利用するのもありだと思います。

フリーローンの中には申込時に目的がわかるように、領収書や見積書の提出が必要とされているローンもあります。(逆に不要としているところもありますが)フリーローンとはいえ、カードローンのような使い方ができないことを示していることが、これでわかると思います。

また、他にも申し込み対象者に年収の条件がついているフリーローンもあります。

年収制限のあるフリーローン(一例)

みずほ銀行多目的ローン
(無担保)
前年度200万円以上
三井住友銀行フリーローン
(無担保型)
前年度200万円以上
東京スター銀行目的ローン 150万円以上

年収が低いからローンを利用するわけではないのですが、申し込みの条件もいろいろあることもまた、知っておくといいかもしれません。

フリーローンだろうと審査はある!必ず借り換えができるとは限らない

金利などでカードローンよりも魅力を感じることもあれば、細かな条件や手数料など、面倒に感じることもあるフリーローンですが、忘れてはいけないことがあります。

それは、審査があることです。これは、どんなローンでも同じですが、内容や条件ばかりに気を取られて審査のことがすっかり頭から抜けてしまったりします。

特に金利が低かったり高額の場合は、それだけで審査が厳しくなります。

特に借り換えでいくつかのカードローンをまとめる場合には、かなり高額になることが想定されます。その点を考えると、審査はかなり厳しくなることは覚悟しておく必要があります。

また、どんなローンだろうが、延滞をはじめとするブラックと言われるような返済がきちんとできていなかった、いわゆる過去の利用実績が良くない人は、審査に落ちる可能性は大きいです。

おまとめローンでも同じなのですが、他社借入がかなり多い場合も、やはり審査には不利です。

どんなローンだろうと今一度、自分の過去のローン返済がどうだったのか振り返ってみた方がいかもしれません。

逆の場合は?カードローンでフリーローンの借り換えはできるの?

カードローンの借り入れをフリーローンで借り換えすることは可能なのですが、では、逆にフリーローンの借り入れをカードローンで借り換えすることはできるのか、と言う疑問をもつこともあるでしょう。

状況によっては逆のパターンも全くできなくはないかもしれませんが、まず難しいでしょう。

それぞれのローンの特徴を考えると逆のパターンは現実的ではない!

そもそもカードローンの方が、金利が高いと言う話がありました。誰も高い金利に借り換えるなんてことを考える人はいないでしょう。

確かにカードローンのアピールポイントである何度でも限度額内ならば借り入れが可能となっているのは、フリーローンで返済のみになることを考えると実に魅力あるサービスに感じることでしょう。

しかし、それを実行してしまえば、借金がまたいつ終わるか分からない状態になってしまう可能性が大きいのです。それに、ローンの借入額によっては、借り換えというよりも新しくカードローンに申し込みするという形になるのは、容易に想像がつくと思います。(実際には金額的に難しいでしょうが。)

借り換えというならば、消費者金融では通常のカードローンとは別におまとめや借り換えを専用としたローンを扱っていることも多いので、そちらを利用した方がいいと考えることもできるでしょう。

しかし、おまとめ(借り換え)ローンは、消費者金融が扱っていようとフリーローンのように借りた後は返済するのみとなっていることが多く、金利もやはりフリーローンよりも低いとは言えないのです。しかも、銀行のローンは大抵借り換え対象外となっています。逆のパターンは考えるまでないのかもしれません。

カードローンやフリーローンはお金の使い方で選んで上手に活用する!

可能性として、フリーローンでもカードローンの借り換えができることはわかったのですが、条件や審査を考えると容易ではないことは確かです。

もし審査に通ったとしても、一度は自分の口座に大金が入る形になり、それから自分で他社へ返済をしないといけません。中には、返済に回さないといけないお金をつい使ってしまう人もいます。そうなると、あとは今まで以上の借金地獄が待っているだけです。

こうやって見ると、現実的にはいろいろクリヤしないといけない点はあるでしょう。

最終的に大切なのは、カードローンだろうがフリーローンだろうが上手に活用し、しっかりと返済を行っていくことです。

閉じる
閉じる