カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンで心配なのは金利のこと…それならココで即解決!

カードローンを検討している人の一番の心配ごとは、金利が高いのでは…ということですよね。カードローンにより金利は確かに違いますし、借入限度額によっても金利は違ってきます。多く借入すると利息をたくさん払うのではないの?そんな疑問も生まれます。

こちらではカードローンの金利について、わかり易くお話ししています。借入することで金利が膨れて身動きがとれなくなる?そんな心配はありませんよ。しっかりと正しいカードローン金利設定について知って下さいね。

カードローンは金利が高い?

カードローンに申込むのは少し怖い、そう考える人が一番不安に思っているのは金利のことだといいます。少し昔の貸金業者は金利は高く取り立てが厳しいなどのイメージがありましたが、現在のカードローンはどうなのかその特徴などを確認していきましょう。

まずは消費者金融のカードローンについてお話ししてみますね。

消費者金融会社では貸金業法に則り貸付を行っています。その法律が改正され、新たな規制が施行された為にカードローンの貸付条件にもさまざまな影響が出てきました。

どのように違ってきたのでしょうか。

貸金業法改正前 貸金業法改正後
実質年率 出資法上限利息29.2% 出資法上下利息20%
貸付限度額 希望に添った限度額 年収の3分の1以内
取立てなど 夜間日中を問わず取立 夜間は不可日中も執拗な取立は不可
専業主婦 申込可能 申込不可

大きく変わったのは実質年率と貸付限度額ですが、取立についても夜間や執拗な取立に対しての行為規制が強化されたことでより安心できるようになりました。

貸付限度額に関しては総量規制の施行の為、他社との貸付合計が年収の3分の1以内と規制されました。

それまでは利用状況により限度額も引上げられていましたが、規制後は限度額を見直され、新たな借入が出来なくなる顧客が多く出ました。

無収入の専業主婦への貸付は出来なくなり、当然その変化に戸惑った専業主婦も多かったのです。利息制限法の改正により実質年率がそれまでの上限29.2%から20%に実質引下げられたことで、顧客にとっては嬉しい変化となりました。金利について次の項目で詳しくお話ししていきますね。

利息制限法で変わった金利設定

貸金業法の改正にともない、利息制限法も改正されました。改正以前の利息制限法も現行と同じように上限20%(10万円以上は18%)でしたが、刑事罰を受ける出資法の上限利息が29.2%だった為ほとんどの貸金業者は29.2%を上限とした金利設定をしていました。

その為にカードローンの金利は高いと思われていたのです。

利息制限法での上限利息と出資法の上限利息の間をグレーゾーン金利と呼び、本来ならば支払う必要のない利息として返還を求める顧客も多いのです。

10万円未満 10万円~100万円 100万円以上
上限利息 20% 上限利息 18% 上限利息 15%

現在では貸金業者の金利設定は上記の上限利息での設定となっています。貸金業者とは消費者金融、信販会社などをいい、銀行のカードローンの金利設定と違うのは貸金業法に則ているからなのです。銀行は銀行法に則ての金利設定となっています。

消費者金融と銀行のカードローン金利の違い

消費者金融のカードローンは貸金業法に則り、銀行のカードローンは銀行法に則り金利設定されています。銀行の金利は低めの設定となっていますが、どのくらい違うのでしょうか、確認していきましょう。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
10万円未満 14%前後 上限20%
10万~100万円 12%~14% 上限18%
100万~150万円 8%~14% 上限15%
150万円以上 金額により変動 上限15%(高額の場合変動)
消費者金融では貸付限度額により実質年率は上限が法律で定められているので、その上限を守った金利設定となっています。銀行のカードローン各行で上限金利にばらつきがありますが、やはり消費者金融よりも低めの金利設定となっています。

以前は銀行のカードローンは審査が厳しいといわれていました。時間をかけてしっかりと審査することからそういったイメージがあるのでしょう。消費者金融は顧客獲得に努めていた為に少々不安のある顧客への融資も行っていた時期が確かにありました。

銀行のカードローン顧客は優良顧客が多く、返済能力が高い為に金利も低めの設定が実現できているといえますよね。

貸金業法改正前、消費者金融の顧客の中には多重債務者も多くいたため、返済不能となる顧客も多く、それを見越した高金利設定だったのです。

現在は消費者金融も銀行も優良顧客獲得を目指す

貸金業法の改正後は銀行と消費者金融の金利設定にはそれほど大きな差が無くなりました。

消費者金融も銀行と同様に返済能力のある優良顧客の獲得を目指すようになったのです。

それまでは顧客の利用状況に応じて、貸付限度額の引き上げを行っていた消費者金融でしたが、総量規制の施行で年収によって貸付の規制が行われるようになったのも優良顧客獲得の大きな転機となったと思われます。

返済能力のある顧客を獲得することが、低金利設定に大きく関わっているということはお分かりいただけたでしょうか。今では消費者金融のカードローンも銀行のカードローンも、金利は低めに設定されており、安心して申込めるということもお分かり頂けたと思います。

利息を計算して上手にカードローンを利用しよう!

カードローンの金利設定は消費者金融、銀行ともに無理のないものとなっています。

また、利息は借りた日にちだけ、という利用方法もあるので上手に利用すれば少ない支払利息でお得に借入が出来るのもうれしいですね。

どのような利用法があるのか挙げてみましょう。

給料日まであと5日、友達の結婚式に招待された。お祝いをどうしよう…カードローンで3万円借入し、5日後の給料日に一括返済したとしたら、利息はいくらかかるのでしょうか。消費者金融のカードローンで、実質年率18%の場合で計算してみますね。

30,000円×18%÷365日×5日≒73円

利息は73円です。この利息なら親に借りたり、知人に借りるよりも誰にも知られずに借入できて、安心ですよね。銀行のカードローンも利息は借りた日にち分だけで、一括返済OKの銀行が増えてきました。ホームページで確認して利用されるとよりお得です。

カードローンは金利が心配!と思っていた方も、使い方によってはわずかな金利で大きな得を手に入れることも可能なことをお分かりいただけたと思います。消費者金融では30日間無利息などの特典もあり、併せて利用すればもっとお得に借入することができますよね。

優良顧客を獲得することで消費者金融は適切な金利設定や金利サービスを維持でき、銀行は低金利設定を続けられるということになります。はっきりと返済能力がある事をアピールできるように、日頃からしっかりと信用実績を積み、カードローンに申込むようにして下さいね。
おすすめ記事

カードローンの限度額は、個人によっては「10万円ま...

カードローンは厳密に言えばお金の貸し借りに関する契...

カードローンは、お金が足りなくて困った時に助かる個...

カードローンでは、どうしても金利や限度額についての...

カードローンにおいて、金利の話は重要な問題です。金...

あなたは、カードローンの金利が「単利であるか?複利...

カードローンでは、返済額に大きな影響を与える為、誰...

カードローンでお金を借りたいと思っても、初めての場...

お金がちょっと足りない時に役に立つカードローンです...

世界中どこでも使える、便利なクレジットカードのブラ...

閉じる
閉じる