カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの会社からハガキが来るのはどんな時?知っておくべき事

皆さんはカードローンの契約に興味がありますか。

カードローンは銀行系やサラ金系など、色々あります。

広告などを見ると、契約してみても良いかなと思う時もあるのではないでしょうか。

確かに、契約するといざという時に便利に使える事が多いのも確かです。

しかし、どの人にも共通して言えるのが契約はしたいけれども、家族には絶対内緒にしておきたいという事です。

ところが!…カードローン会社から家にハガキなどが届く事があるんです。それで怪しまれるなんて事も…。

これは困りますよね。

それではどんな時にカードローン会社からハガキが来るのか…その辺りについてまとめてあります。

気になる方は最後まで読んでみてください。

支払い遅れは超要注意!ハガキが届くこと多し!

カードローンの契約をすると、いざという時、とても便利に利用することができますので、今現在検討している人もたくさんいると思います。

インターネットなどを見ていても実にたくさんの広告があり、気軽に申し込めるようになっていますので、現に利用している人はとてもたくさんいます。

特にインターネットからの申し込みは、24時間365日受け付けていますので、電話でコソコソと申し込みする必要がありません。

家族バレの心配もないので、とても人気が高いんです。

カードローンの申し込みを検討をしている人は、家族や会社に内緒にしておこうと考えている人がほとんどです。

カード会社の多くはその点を考慮していることが多く、第三者に契約していることをバラしたりすることは一切ありませんのでその辺りについては安心して良いと思います。

ところが…!

うまく契約できたものの支払いが遅れてしまい、そのまま放置をしていた場合は、ローン会社から督促状が家に届いてしまう可能性が非常に高くなります。

加工をしているハガキですので、家の人がそのハガキを受け取ったとしても直接中身を見ることはできません。

しかし、簡単にめくることができる加工ですので、間違って開いてしまう可能性も捨てきれません。

子供が悪気なく開いてしまう可能性も考えられます。

そうなると、返済が遅れている内容が家族にバレてしまうことになり、同時に契約内容や借入残高が全てバレることになるでしょう。

借金があったことがバレることで今後、家庭内でギクシャクすることも十分に考えられます。

ですので契約を考えている場合、返済は絶対に遅れないことを肝に銘じなくてはなりません。

誠意ある対応で督促回避!

特に返済日にどうしても間に合わない時は、前もって誠意のある対処をすることが大切になってきます。

ローン会社に電話を入れて返済が遅れてしまう理由を述べ、いつまでに返済できるという旨をしっかりと伝えることが大切です。

大手の有名なローン会社の場合は正当な理由があり、いついつまでに支払いをすると誠意をもって伝えれば待ってくれる事が多いはずです。

ただし、自分が返済日を指定したのならば今度こそ絶対に遅れないようにしなくてはなりません。

不誠実なことを繰り返し行っていたらハガキだけでなく、家や職場などに直接電話がかかってくるようになりますよ。

誰にもバレたくないように契約したいのならば、返済の期日をしっかりと守ることは大前提となります。

それが貴方の信用にも繋がりますので、約束事は絶対守るようにしてください。

注意!完済時にもハガキが来る事あり!

さて、先ほどまでは支払いが遅れたりした場合に来る督促のハガキについて説明をしました。

今度は、完済時のハガキについてお話ししたいと思います。

実はきちんと支払いを続けていて、全ての支払いが終了したら、「完済しました。ご利用ありがとうございました。」などと書かれたハガキが郵送されることがあります。

しかし、そのようなハガキがきっかけで借金をしていたということがバレる可能性があるんです。

最後の最後にバレてしまうのは、あまりにも辛すぎますよね…。

ですので、完済時のハガキについては、郵送されるのかどうかを契約する時にしっかりと確認するようにしましょう。

大手のローン会社の場合は、Web明細みたいなものがあり、インターネットでログインすることで残高やその他のことを確認することができます。

そのようなシステムがあるローン会社は、ハガキを送ってこない可能性もあるでしょう。

しかし、ローン会社も千差万別ですので、郵送を絶対してこないとは言い切れません。

後々トラブルにならないように、その辺りについてもしっかりと確認することが大切ですよ。

昔契約していたローン会社から再契約の案内ハガキが来る場合も!

それは本当に忘れた頃にやってきます…!

ポストに入っていたハガキを開けると、昔契約していたローン会社だった!

…実はこんなケースが割と多いんです。

昔契約したローン会社が、再び契約して欲しい時に案内ガキとして送ってくるこのパターンは今でも結構多く、そのハガキがきっかけで、借金があったことに家族が気づくということがあります。

ですので、油断大敵なんですよね…。

そのハガキの中では「再び利用してみませんか?」など、以前利用したことがあったようなニュアンスで書かれていることが多いですので、それを見られてしまうことで家族バレしてしまうんですね…。

完済してから5年以上も経過しているのにも関わらず、送ってくることもザラにありますので、これに関しても注意が必要です。

それこそ支払いが全て終わった時点で金融会社に電話をして、「これからも自宅に案内ハガキなどを送ってくる可能性があるのかどうか」をきちんと確認しておいてください。

そしてその時に今後送らないで下さいと伝えることで、ハガキの郵送はなくなる可能性があります。

騙されないで!偽督促ハガキにご用心!

さて、注意をしなくてはならないのがカードローン会社を語った嘘の督促のハガキです。

今はハガキを使っての詐欺が増えつつありますので、注意をしなくてはなりません。

そのハガキの中には「カードローンの支払いが残ったままです。元金○○円遅延利息○○円」等の内容が書かれていたりします。

しかも大手ローン会社を名乗ったハガキが多く、たまたま記載されているローン会社が、過去に契約していた会社だったりすると、慌てて連絡を取る人がいるんです。

完済したはずなのに完済していないことになっていると、誰だって不安になり、思わず電話をしてしまいますよね…。

そこで個人情報を引き出されてしまう場合が多く、おまけに未払だと言われ、払ってしまうケースもあると言われています。

これこそ家族にバレたくない!ややこしいことに巻き込みたくない!という思いもあり、結果、完全に騙されて支払いは終わっているのにも関わらず、また支払いをしてしまう…このような場合もありますので注意をしなくてはなりません。

正規のローン会社からのハガキに紛れて、嘘のハガキが送られてきたりすることもありますので、冷静に対処するようにしてください。

完済したはずなのにも関わらずハガキが送られてきたら、まず焦らないように、落ち着くことが大切です。

そしてそこに記載されている電話番号ではなく、インターネットなどで検索をして、公式ホームページに出ている番号に電話をし、確認を取るようにしてください。

結論!ローン会社からのハガキは色々なケースで郵送される可能性大

いかがでしたか。

ローン会社によってハガキの出し方は様々です。

契約終了のハガキを送ってくる場合や、再度、契約案内のハガキを送ってくることもある…ということを覚えておいてください。

このような内容のハガキを送って来られるのが困る時は、できるだけその旨を伝えるようにしましょう。

大手のローン会社の場合は配慮してくれることが多いです。

あとは必ず返済期日までにきちんとお金を支払うこと!

返済遅れのハガキについては、ほとんどのローン会社で回避することができませんので、内緒で借りている人は特に気をつけるようにしてくださいね。
閉じる
閉じる