カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの約定返済日とは?滞納や未払いを防ぐために知っておこう

コマーシャルの影響か、カードローンは昔よりもかなり身近になったのですが、それに伴う知識については、誰もがきちんとカードローンを理解しているかと言うと微妙な状況です。

申し込みすると審査がある、金利は低い方がいい、返済ができなくなるとブラックリストになるなど、大まかな知識はあれど、本当の意味で正確かどうかまでは怪しい知識もあります。

その一つとして返済に関する内容もあります。「約定返済日」と言う言葉があるのですが、返済は利息や今後の信用にも関わる大切なことです。約定返済、約定返済日と言うものを理解すると、利息軽減にも繋がっていきます。

返済では約定返済日にお金を返すのがカードローンの基本!

当たり前のことですが、カードローンでは、審査を通って借り入れができるようになれば、その後返済が待っています。カードローンの返済方法はこれらがあります。

  • 口座振替(口座引落し)
  • ATMにて入金
  • 口座に振り込み
  • ネットバンキングで振り込み

便利なのは、銀行口座からの自動引き落としになる口座振替でしょう。ただ、今はコンビニのATMで24時間いつでも対応できるATMの入金(返済)も多いようです。

カードローンの返済には毎月返済の約定返済と任意の随時返済がある!

カードローンの返済には、スケジュール的な意味でも返済方法が2つあります。

約定返済 毎月決められた日にお金を返済していく方法です。
この、返済の決められた日を約定返済日と言います。
一定期間のサイクルで返済する方法もあります。
随時返済 約定返済とは別に、お金に余裕がある時に任意の金額を返済することです。
繰り上げ返済として説明されることもあります。

約定返済を「やくじょうへんさい」と読みますが、毎月または一定のサイクルで返済を行うこちらが基本的な返済になります。

ただ、随時返済も上手に使うと利息の軽減に繋がります。それは、後で説明します。

ちなみに約定返済日に返済する金額のことを「約定返済額」と表現します。多くのカードローンでは、毎月の返済には少なくともこれだけは返済してくださいと言う最低返済額が決まっています。それがそのまま約定返済額となっていることもあります。

また、この約定返済額の中には当然元金だけでなく、利息も含まれています。その為、最低額としてある約定返済額のまま返済を続けているとなかなか返済が終わらないと言うこともあるので、返済額はよく考えて決めるといいでしょう。

どちらがいい?約定返済日は決まっているところと選べるところがある

約定返済日ですが、実はカードローンを扱っている金融機関によって違います。

銀行
消費者金融名
(ブランド名)
約定返済日
三井住友銀行 毎月5・15・25・末日から選択した日
みずほ銀行 毎月10日
三菱UFJ銀行
「バンクイック」
毎月指定日
(希望を契約時に指定)
または35日ごと
ジャパンネット銀行 毎月1~28日、月末から選択した日
楽天銀行 毎月1・12・20日から選択した日
※楽天銀行の口座振替の場合は、27日も選択可能
イオン銀行 毎月20日
アコム 毎月指定日
(希望を契約時に指定)
または35日ごと。
口座振替(自動引落)の場合は、毎月6日
アイフル 毎月指定日
(希望日を契約時に指定)
または35日ごと。
プロミス 毎月5・15・25・末日から選択した日
※三井住友銀行またはジャパンネット銀行以外の金融機関からの口座振替の場合は、5日。
(株)SMBCモビット 毎月5・15・25・末日から選択した日
レイクALSA 毎月指定日
(希望を契約時に指定)

  
※共通して指定日が休業日の場合は、翌営業日に返済となります。

いくつかの候補日がある金融機関もあれば、選択の余地のないところもあります。

もちろん、返済日だけで借入先を選ぶことはできないでしょうが、返済に関わる内容は重要です。スムーズに返済できるようにするのは、できれば給料日の直後に返済日がくるようにする方が延滞にならずにすみます。

可能ならば返済日が選択できるところや、選べないまでも給料日の直後の日にちになっているカードローンがオススメです。

約定返済日の前で返済しても問題ない?対応期日を上手く利用する!

先ほどは、約定返済日は給料日直後がいいと伝えましたが、実はタイミング的に給料直前でも支障なく返済することは可能です。

ATM等で返済する時に約定返済日よりもあまりにも早いと、随時返済として扱われることになり約定返済扱いされないことになるのですが、金融機関によっては一定期間前ならば約定返済として扱われます。

ただ、約定返済日の一定期間前にATMで返済をすればそれが約定返済に充てられることになるとしても、この一定期間も金融機関(カードローン商品)で違います。

銀行
消費者金融名
(ブランド名)
約定返済日となる期間
三菱UFJ銀行
「バンクイック」
指定日14日前から
イオン銀行 1日~20日までに
アコム 指定日の14日前から
アイフル 指定日の10日前から
レイクALSA 指定日の14日前から

 
このタイミングを上手に使えば、給料前に返済日があろうと問題なく返済することは可能です。とはいえ、これらは一例で、どこの金融機関も必ず対応しているとは限りません。

銀行では、返済は約定返済が口座引き落としのみとしているところもあります。(その場合は、口座を作らないとカードローンに申し込めなかったりします。)その為、口座引落しのみの場合は、約定返済日以外での返済は随時返済扱いとなることになります。

また、ATMを利用する場合、返済額の他にATMの利用手数料がかかることがあります。

カードローンによっては、手数料を無料で利用できるところもあるのですが、全てのカードローンが無料になっているわけではありません。

他にもよくあるのが、時間帯によって手数料が変わる点です。これが意外に積もり積もると大きな金額なります。

返済の方法を検討する際、また利用する時もその点を忘れないようにしましょう。

要注意!約定返済日に遅れると催促だけでなく遅延損害金が発生する

もし返済日が給料前だった場合、気をつけないと延滞を起こしかねないでしょう。また、給料日直後の返済日だったとしても、忘れっぽい人は注意が必要です。ATMの返済だと特に要注意です。

口座引落しでも、口座にお金が入っていなければ意味がないので、給料が入る口座から移動の必要がある場合も気をつける必要があります。

忘れてはいけない!毎月の返済ができなかった時のデメリット

口座引落しでも油断すれば残高不足で返済できないということもあり得ますが、何よりATMや口座振込など自分で操作をしないといけない返済の場合は、返済が忘れがちになります。

すぐに気付いて対応すれば問題ないのですが、それが常態化してしまうといけません。また金欠だからと後回しにして、返済を滞らせるのもいけません。返済ができないとこのようなデメリットがあります。

  • 遅延損害金が発生
  • 金融機関からの信用の喪失
  • 借金が周りにばれてしまう可能性

銀行にしろ消費者金融にしろ、早いところだと次の日には携帯の方に電話連絡が入るところもあります。その段階ですぐに対応すればいいのですが、その後も返済をしなければ、いよいよ延滞(3ヶ月も続けば延滞と認識されます。)という扱いになっていきます。

が、その前に1日でも遅れると遅延損害金が発生することを知っておく必要があります。

商品概要にも遅延損害金という項目があるのですが、これは通常の利息とは別に発生するお金です。

借入額にもよるでしょうが、1日ぐらいならば数十円、数百円程度ですむでしょうが、これが続くと大きな額になってきます。

返済が滞ってもはや延滞とされてしまうと、いよいよ金融機関からの信用を失うことになります。

金融機関からの信用を失うと言われてもピンとこない人もいるかもしれません。信用を失えば、このような事態になります。

  • 借り入れの停止(返済のみとなる)
  • 限度額の減額
  • 新たなカードローン等の審査に落ちる

どちらかと言えば、限度額は減額されるよりもまず借り入れができなくなるでしょう。

「ならば、他のカードローンに申し込みをしよう。」としても、延滞の記録は信用情報機関というところに記録され、それは他の金融機関でも情報を照会することができる為、わかってしまいます。そうなると新たな借入先はまず見つかりません。

それだけでなく、返済ができていないカードローン会社からも引き続き対応を迫らせることになります。

  • 催促の電話が入る
  • 催促の郵便がくる

連絡が何度となく来ることになるのですが、それでも返済ができない場合、最悪、裁判を起こされて給料を差し押さえられる可能性も出てきます。ここまで来ると必然的に会社にも借金がばれてしまいますし、家族にも隠しておくのは難しくなるでしょう。

今は、返済日前にメールで返済日のお知らせをしてくれるカードローンも増えてきています。これを利用すれば、忘れることはなくなります。返済するお金がない、ともなれば話は変わりますが、うっかりは避けられるので上手く活用しましょう。

いずれにしても、延滞は起こさないように注意しましょう。

約定返済や随時返済を上手く使って早く返済を終えるのもあり!

延滞の心配はないが、できれば早く返済を終わらせたいと言う人もいるかもしれません。約定返済のみで返済するにしても随時返済を活用するにしても、返済を早く終わらせることは可能です。

また、返済を早く終わらせることは、利息軽減にも繋がります。

返済を早く終わらせたい時は約定返済額を増やす方法もある!

カードローンの返済の説明にある約定返済額は、大抵、毎月の返済最低額となっています。最低でもこれだけは返してください、という金額です。

毎月の返済には、元金だけでなく利息も含まれていることは承知でしょうが、例えば毎月の返済額が足りない場合、利息分だけでも払ってください、ということがあります。要は、返済額の中の優先順位としては、①利息②元金の順になっているのです。

毎月の返済額が少なければその分、元金にあたる部分の額が少ないということになります。

元金がなかなか減らなければ、その分返済期間が延びる=(イコール)返済回数が増える=都度利息を払うことになり、総利息が多くなってしまう、ということになります。

少しでも早く返済を終わらせたいならば、毎月の約定返済額を多めにした方が、その分元金に充てることができます。それが、利息を減らすことにも繋がります。

ただし、生活に支障が出るような金額は、生活費が足りずに新たな借り入れに繋がってしまうので、無理のない範囲で行いましょう。

随時返済をしようとも約定返済日での返済が無くなることはない!

約定返済額を増やす方法だけではなく、他にも返済を早く終わらせ利息を減らす方法があります。これが、随時返済です。繰り上げ返済とも言うことからわかるように、随時返済を行えば返済の負担が減ります。

最初にも触れた通り、随時返済は、普段行われる約定返済とは別に返済を行います。

随時返済の特徴
随時返済は、約定返済日とは別に返済が行われる為、その金額は約定返済時のような「元金+利息」とはならず、全て元金にあてることができます。その為、元金をかなり減らすことになり、その後の利息の負担もかなり減ることになります。また、借金の完済も早めることに繋がります。

無理は禁物!随時返済は金銭的に余裕のある時に行う方がいい

ただし、随時返済をするにも気をつけることがあります。

随時返済をする際の注意点

  • 随時返済を行おうと約定返済日には、返済が必要
  • 随時返済によって生活が圧迫されては意味がない

約定返済の金額を増やす話同様に、無理をしては意味がありません。臨時収入があったり給料が多くもらえた時など、お金に余裕がある時に行う方が生活を圧迫せずにすみます。

また、随時返済と約定返済との関係として、基本的には随時返済を行っても、約定返済は毎月行われる為、油断していると約定返済日に口座の金額が足らずに返済ができなかったということもあり得ます。

上記で約定返済日より一定期間ならば約定返済扱いになる説明をしましたが、この約定返済と随時返済との区切りには注意し、随時返済を行っても約定返済のことは忘れないようにしましょう。

ただ、稀に随時返済を行った後の約定返済は次回へ繰り越しとするカードローンもあります。とはいえ、逆にそう言ったカードローンの方が少数ですので、基本的には毎月の約定返済はあるものと考えておいた方が、延滞の発生防止にはなります。

約定返済日をきちんと理解してカードローンの利息を減らす工夫をする

カードローンの重要な話題としては、借りる時には切迫していることが多い為、どうしても審査の方にばかり気持ちがいってしまうものですが、大切なのは返済です。金額にもよるでしょうが、場合によっては何年も続くことになるのです。

申込時には返済まで頭が回らないかもしれませんが、落ち着いたらしっかりと返済について確認し、利息を減らすためにも約定返済額を増やすなど、できることはしましょう。

何より延滞にならない為にも、約定返済日のことは忘れないようにしましょう。

閉じる
閉じる