カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローン借入には充分な計画が必要!計画的な借入返済方法とは?

カードローンで気を付けなくてはいけないことは、充分な借入返済計画を立ててから利用するということですよね。カードローンは金利がかかるのが心配という人も多いです。カードローンの利息はどのくらいかかるのでしょうか。

こちらでは利息があまりかからない返済方法や、上手な返済計画について分かりやすく説明しています。カードローンは検討しているけれど、金利のことが心配という人も必見ですよ。ぜひ参考にして下さいね。

カードローンの借入と返済

カードローンは提携のATMを使って自由にいつでも必要な金額の借入ができる便利なものです。

もちろん限度額は決められていますが、限度額以内ならいくらでも何度でも繰り返し利用できるので多くの人に利用されています。

借入と返済については、各カードローン会社の貸付条件に添って行われています。まずは消費者金融と銀行のカードローンの平均的な貸付条件を確認してみましょう。

消費者金融カードローン 銀行カードローン
申込条件 年齢を満たす安定収入のある人
専業主婦不可
年齢を満たす安定収入のある人
配偶者に収入のある専業主婦可
実質年率 上限18%
(10万円以下は上限20%)
上限14%前後が多い
貸付限度額 年収の3分の1以内
50万円以上は収入証明書要
800万円位までが多い
返済方法 口座引落 ATM
毎月定額返済 随時一括可
口座引落 ATM可の場合あり 
毎月定額返済 随時一括可

消費者金融も銀行も貸付条件にさほど大きな差はありません。収入のない専業主婦の場合は消費者金融への申込は不可能というところが大きな違いですね。

返済方法に関しても銀行のカードローンは口座引落しのみの所が多かったのですが、ATMでの返済可能な銀行も増えています。随時返済、一括返済も同様ですね。

毎月定額での返済の場合は完済までに長い年月がかかる場合もあり、実質年率の低い銀行でもやはり利息がかかってしまうのは否めません。

そんな時に随時返済や一括返済が出来ると返済計画もしっかりと立てられますね。

カードローンを計画的に利用する為に

カードローンは何といっても簡単に借入ができるのが嬉しいのですが、それだけに無計画に利用しているとついつい借り過ぎてしまったということになりかねません。そうならない為にはどうすればよいのでしょうか。

  • 完済してから次の借入を考える
  • 借入残高を早く減らすように計画する
  • ATMでの借入はあくまでも借金と自覚する

カードローンで限度額が50万円の場合、50万円までなら何度でもいくらでもATMで簡単に借入ができます。1ヵ月に1回給料日前に足りない時足りない分だけを借入れると決めているのなら良いのです。

ただ借入分の返済が終わる前にまた借入する。これでは借入残高が増えるばかりです。まして月々の返済額は家計に優しい少額でもOKなのですから。借入残高を早く無くす為にしっかりと返済計画を立てましょう。月々の返済に加えてゆとりのある月には随時返済をしましょう。

ATMで簡単に引き出せることから、つい借入金を自分の預金を引き出したものと錯覚しがちです。あくまでもカードローンでの引き出しは借金であることを自覚する必要がありますよ。

カードローンの借入と返済額

月々の返済を考えるとひと月の返済額は少なくしたいですよね。でも1万円借入して2千円の返済、そしてまた次の月には1万円借入たなら単純に考えても借入額は増えるばかりです。借入は極力少なく、返済額は少しでも多くと考えて下さい。

もちろんどうしても必要な場合にはまとまったお金を借入れることもあるでしょう。その場合でも月々の返済に加えて多めに返済する。ボーナス月などには一括返済も考えて下さい。

一括返済を申し出れば、その日までの利息計算をしてもらえます。店頭に持ち込めば手数料もかかりませんよ。

少しでも早く完済して、次に必要となった時に借入れをする。これがカードローンを上手に利用する借入返済計画といえるでしょう。

カードローンのメリットデメリット

ここでカードローンのメリットとデメリットについて分かりやすくまとめてみますね。前の項目と重複する場合もあると思いますが、まずはメリットについて挙げてみましょう。

  • ATMでいつでも簡単に借入できる
  • 安心の金利設定で利息は借りた日にち分
  • まとまった金額もらくらく定額返済

カードローンならATMで自分の預金を下すのと同じ気軽さで借入ができます。給料日前に急にお金が必要になった、という時など本当に便利ですよね。

以前は消費者金融のカードローン金利は高利設定で、長く借りればそれだけ大きな利息を支払う必要がありました。

貸金業法改正後は上限利息も無理のないものに実質引き下げられています。

土曜日に借りて月曜日に一括返済なら、利息は2日分(カードローン会社により3日分の場合も有)だけ。まとまった金額を借入した場合は定額らくらく返済と返済方法も選べます。

カードローンのデメリットはメリットの裏返し

  • 借金に抵抗がなくなってしまう
  • 長引く返済期間で利息の支払い総額が大きくなる
  • 信用情報に利用履歴が残る

カードローンのデメリットとしてはメリットの裏返しと思って頂いて良いのですが、あまりに簡単に借入が出来る為に、自分の預金を下す感覚で、借金することに抵抗を感じなくなってしまうというデメリットがあります。

安心な金利設定であっても、返済が長期間になると利息の支払い額は大きくなってしまいます。借入や返済については信用情報に情報として履歴が残るのもデメリットと捉えられるのではないでしょうか。

こうして挙げてみるとデメリットは計画的に借入する、計画的に返済をすることで回避できますよね。

信用情報の履歴にしても遅延や延滞なくきちんと返済していれば逆に信用実績として良い情報で残りますよ。

カードローンの上手な利用法あれこれ

カードローンの借入や返済について計画性が大切だということをお話ししました。計画的な利用を心掛けながら、お得にカードローンを使うことももちろん出来ますよ。

次にカードローンをお得に上手に使う方法をいくつかお話ししてみましょう。

もしも土曜日夜に食事会に誘われたら?突然の誘いなので手持ちのお金がない!1万円程預金をおろそう。そんな時銀行のATMは手数料がかかりますよね。カードローンのATM利用手数料は無料のことが多いのです。

1万円を実質年率18%で土曜日に借入月曜日に一括返済した場合…10,000円×18%÷365日×2日≒9…利息は9円です。

ATMで一括返済が小銭対応可能の場合、もしくは店頭への持ち込みで返済することに限るのですが、銀行の預金をおろす手数料と比べてもずいぶんお得です。

また、どうしても欲しかった30万円のバッグが特別価格で30%オフになっていた。今買わなければきっと売り切れる。そんな時にカードローンです。

21万円を実質年率18%で借入翌月のボーナスで一括返済した場合…210,000円×18%÷365日×30≒3,106円…利息は3106円です。

9万円も安くバッグを手に入れられ、返済額は213,106円、これは嬉しい買い物ではないでしょうか。利息はかかりますが、月々わずかな返済額定額返済して、途中で一括返済をすることも可能です。

利息計算し返済計画を立てることで、カードローンを上手に利用することが可能です。便利なカードローンをよりお得に利用する為の参考にして下さいね。
おすすめ記事

まとまった額の買い物をする場合、一括で支払うと日々...

カードローンなどの借金で返済するのは当然で、金融機...

閉じる
閉じる