カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンとは?借入返済が何度もできる個人向け無担保ローン

今月は出費が多くて給料日までお金が足りない!突然の出費で困った、何とかしなくては、そんな経験は誰にでもあるのではないでしょうか。そんな時にATMでさっと借入できるのがカードローンです。

でも、カードローンは借金、お金を借りるのは抵抗があるという人も多いですよね。カードローンってどんなもの?という疑問に答え、こちらではさまざまな角度からカードローンのことをお話ししています。カードローンを検討されている人も、不安と思っている人も必見ですよ。

カードローンどこに申込む?

カードローンには消費者金融のカードローンと銀行のカードローンがありますよね。それぞれどのような点に特徴があるのでしょうか。どこに申込むのが良いのでしょうか。比較してみましょう。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
即日融資 不可の場合が多い 可能な場合が多い
実質年率 上限14%前後 上限18%
貸付限度額 比較的高額も可 総量規制あり
専業主婦(無職) 申込可能な場合が多い 申込不可

銀行と消費者金融のカードローンを比較すると、上記のようになります。消費者金融の場合は自動契約機などの利用や、インターネットでの申込で早急な融資が期待できます。最近では銀行も早急な審査が可能にはなっていますが即日融資は難しい場合が多いようです。

貸金業法の総量規制の為消費者金融では貸付金額は年収の3分の1以内という規制があります。

50万円以上の貸付には収入証明が必要になるので、限度額も低めになります。

銀行は総量規制対象外なので高額借入も可能ということになりますね。無職の専業主婦も申込めるのは銀行のカードローンとなります。

実質年率も以前のように銀行と消費者金融に大きな差がなくなっています。それは利息制限法が改正され上限利息が18%(10万円以下は20%)以下と決められたからです。それでもやはり銀行のカードローンの方が上限利息は低めの設定とはなっています。自分にあったカードローン選びの参考にして下さいね。

収入があり即日希望か収入のない専業主婦か

急にお金が必要となった人は即日融資が可能な業者を選ぶとよいのですが、もしも収入のない専業主婦なら銀行のカードローンへの申込しか出来ません。銀行でも早急な融資が可能なところを選ぶようにして下さい。

安定収入がある場合には即日融資可能な消費者金融での申込を検討されるのがよいですよね。カードローンは自分に合う業者への申込をするのが早急な融資の一番の近道なのです。

カードローンのメリットデメリット

カードローンはどこで申込むのがよいのかお話ししましたが、お分かり頂けたでしょうか。どのカードローンを選ぶかは特徴を比較されるとよいのですが、そもそもカードローンとはどのようなものなのかを少し詳しくお話ししてみましょう。

カードローンとは文字どおり、お金を借りる為のカードということになります。いつでも銀行やコンビニなどのATMで簡単にお金を引き出せる為、銀行のキャッシュカードや信販会社のクレジットカードのように便利に利用できるのがうれしいですよね。

もちろん便利というだけでなく、カードローンのメリットはたくさんあります。また反対にデメリットもまったくない訳ではありません。メリットとデメリットについて挙げてみましょう。まずはメリットについてです。

  • いつでも簡単に借入できる
  • 計画的に無理なく返済できる
  • 利息は借りた日にちだけ

メリットの大きなものはやはりATMで簡単に借入ができることでしょう。

提携ATMなら銀行でもコンビニでもお金を引き出せます。

利息は借りた日にちだけと利息についても良心的な利用が可能となっています。家計に響かないように無理なく少額での返済も可能なのはうれしいメリットといえますね。続いてデメリットについて挙げてみますね。

  • 簡単に借入できる為癖になりがち
  • 少額な返済額で長く借入すると支払利息が増える

カードローンのメリットは角度を変えるとそのままデメリットにもつながってしまいます。

ATMで簡単にお金が引出せるという手軽さが、ついつい借り過ぎてしまう、というデメリットにつながるのです。

総量規制の施行によって、以前のように何枚もカードを持って上限一杯借りてしまうという多重債務者はほとんどいなくなりましたが、どうしても借金という感覚ではなく自分おお金を引き出している感覚になりがちなのは事実です。

また、家計にやさしい返済額なので楽に返済はできますが、返済期間が長くなればそれだけ支払う利息は大きくなってしまいます。しっかりと計画を立てて利用することが必要となりますね。

カードローンを上手に利用するには

カードローンは使い方によっては本当に便利で、いざという時には力強い味方になってくれるのですが、しっかりとした利用計画が必要であるということをお話ししてきました。

ここでカードローンを上手に利用するにはどのような方法があるのか、利息を少なくお得に利用するにはどうすれば良いのかを例を挙げてお話ししていきましょう。

返済期間は出来るだけ短くする

カードローンは限度額以内なら何度でもいくらでも借入することが可能です。最初は少額借入していても重ねて借入してしまうとかなり長い期間返済することにもなってしまいます。

返済期間が長くなるとそれだけ支払利息も大きくなってしまいます。

便利だからと毎月のように借入をして、月々2000円、3000円の返済額では、なかなか完済できないだけでなく利息も積もり積もれは大きな出費となりますよね。だらだらと借入するのではなく、完済してから次の借入をするようにしましょう。

また返済も月々は少額の返済額でも余裕のある月には随時返済をし、出来るだけ早く完済するようにして下さい。利息は借りた日数だと考えて、借入をすることも大切ですよ。

利息は借りた日にちだけを上手に利用しよう

給料日前なのに食事会に誘われた。給料日は2日後なんだけど1万円は持っていたい、そんな時にカードローンを利用し1万円借入しましょう。給料日に全額返済すれば、利息は2日分だけです。18%の実質年率の場合返済額は次のようになります。

10,000円×18%÷365日×2日≒9円…返済総額10,009円

利息は約9円、あくまでも全額返済がATMで手数料がかからず行えるカードローン会社を選べばということにはなりますが、給料日に10,009円返済すればよいということです。

今なら3割引きの旅行代金で計画していた旅行ツアーが実現できる。でもお金が入るのは1ヵ月後。そんな場合でもカードローンでその旅行代金を支払って旅行を楽しみましょう。

10万円かかる費用が今なら7万円、カードローンで10万円借りて1ヵ月後に全額を一括返済した場合には返済額はどうなるのでしょうか。

100,000円×18%÷365日×30日≒1,479円…返済総額101,479円

利息を差し引いても28,521円もお得となります。その金額で美味しいものを食べたり、お土産を買ったり、より旅行を楽しめお得にカードローンを利用したといえますよね。出来るだけ一括返済で利息を抑えるのは上手な利用法です。

まとまったお金を借入した場合も、随時返済や残金を一括返済に切り替えるなど、計画を立てることでより上手に利用することが出来るので、無理の無い返済をこころがけるようにすると良いですね。

安全なカードローンを選ぶこと

銀行も消費者金融もそれぞれ特徴を持ったカードローンを用意しています。

ホームページでどのカードローンが自分には向いているのか、どういった返済方法があるのか、などを確認する必要があります。

またカードローンとは少し内容違ってきますが、クレジットカードでもキャッシング機能のついたカードがほとんどです。より安心して安全なカードを選ぶ為に、しっかりと各カードについて確認した上での申込をお奨めします。

消費者金融では街金と呼ばれるような小規模な業者もあります。もちろん正規の登録業者なら登録番号があり、ホームページで詳細確認は出来ます。詳細確認の出来ない業者に申込むのは危険です。特に初めて利用するのなら、名の通った大手業者や銀行への申込がよいのではないでしょうか。
おすすめ記事

カードローンは初めての利用だとちょっと敷居が高く感...

クレジットカードのキャッシングやカードローンを利用...

「給料日前でお金がない」「友達と旅行に行きたい」「...

お金を借りる方法には、カードローンとキャッシングの...

「カードローンって便利そうだけど、メリットばかりで...

カードローンを利用しようと思ったら、誰でもカードロ...

カードローンとキャッシングは違うもののように聞こえ...

カードローンはそれぞれ申込条件が決まっており、これ...

自動車を購入する場合ローンを利用する人は多く、これ...

カードローンは審査に通らなければ利用できませんが、...

閉じる
閉じる