カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

本当に利用しても大丈夫?学生がカードローンを利用する際の注意点は

学生のみなさんは勉強やサークル活動と忙しくアルバイトが中々できないと思います。

それでもお金が必要になってしまいカードローンを検討したことはないでしょうか?その際学生のみなさんはどんなことを注意してお金を借りるかを検討しますか?

しっかりとお金を返せるかも大事ですがそれ以外にも考えないといけないことが沢山ありますので紹介します。

審査に通らないと意味なし!一般的カードローンの借入れ条件をチェック

便利で手軽に利用出来るイメージがあるカードローンですがお金を借りる時には審査があります。まずは自分が審査に通る条件に該当しているかを確認しましょう。

お金を借りる為の条件を知ろう

  • 20歳以上である

民法のほうでも20歳になると自分の責任で法律行為が行えます。カードローンも法律行為に入りますので契約がしやすく審査にも通りやすくなります。20歳未満の学生でも親の同意書や保証人がいれば審査に通ることがあるのでカードローンを利用する際は一度親に相談してみましょう。

  • 安定した収入がある

当然ですが借りたお金はしっかりと返済しないといけません。安定した収入がない場合はやはり審査には通りにくいです。また親から仕送りを貰っている学生も多いと思いますが仕送りは収入には入らないので気を付けてください。

審査に通る為にするべきことを知ろう

カード会社があなたの何を審査しているかというと、あなたが信用できる人間かを審査しています。この人にならお金を貸しても大丈夫だと思われることがとても大事です。具体的にどのような行動か、また自分に該当しているか見ていきましょう。

  • アルバイトを半年以上続けている

アルバイトや正社員でもそうですが職場を頻繁に変えている人は信用されません。安定した収入にも関わってきますのでアルバイトを最低半年は続けてから申込むことをオススメします。

  • 一ヶ月に複数の会社に申込まない

早くお金を借りたい気持ちは分かりますが一ヶ月に複数の会社に申込みするのは良くありません。

あなたの友達が自分だけじゃなく複数の友達からお金を借りようとしていたらどう思いますか?この人はしっかりとお金を返してくれるのか?ひょっとしたら既に借金をしているのでは?と思ってしまいますよね。カード会社も同じなので一ヶ月に複数の申込みはしないで下さい。

  • 返済を現在でもしっかりと続けている

奨学金を借りて高校に通っていた学生さんは月々数千円ですが現在返済していると思います。現在も長期的な返済を行っていることもありカード会社は返済能力がある人だと信用してくれます。

携帯代や家賃等もそうですが滞納せずにしっかりと払いましょう。

借りすぎてしまう…申込み前にもう一度考えよう

便利で自由に使えるので、ついつい借りてしまいますが申込みの前にしっかりと本当に借りるべきお金かどうかをしっかりと考えましょう。

自由に使えるからこそ考えるべき

カードローンで借りたお金をギャンブルの元手にする利用者もいます。 他にも趣味や旅行等自分の娯楽の為にカードローンを利用する学生も多いですが、一時の娯楽で後に返済に追われてしまうと意味がありません。しっかりとカードローンを利用するべきか考えましょう。

カードローンは緊急時に使うべき

人生何が起こるか分かりません。事故や身内の不幸等でお金が必要になった時に、娯楽で限度額いっぱいのお金を借りていたせいで、お金が準備できないといったことは避けましょう。

お金を作るその他の手段は?

カードローンでお金を借りるのも一つの手ではありますが他にも様々な方法でお金を作ることが出来ます。

  • オークションやフリマアプリを使う

自宅にある要らないものを売りお金を作るという方法です。過去に趣味で集めていたグッズや漫画等、自分の周りに売れる物があるか探してみましょう。

  • 日払いのアルバイトをする

働いた分のお金をその日に貰えるアルバイトは沢山あります。日払いのアルバイは夜勤のイメージがありますが、コンビニや飲食店の日雇いバイトは午前中や夕方にも募集していますので学校が休みの日にやってみるのも一つの手です。

  • 身近な人に相談する

お金を貸して貰えないからカードローンを検討している人もいると思いますが、カードローンでお金を借りてしまうと利息がつきます。 身近な人にお金を借りると利息はつかないのでもう一度身近な人に相談出来る人がいないかを考えてみましょう。

家族や周りにバレたくない!学生がお金を借りる時に注意すること!

カードローンを利用していることを家族や周りにバレたくない人もいると思います。家族や周りバレル原因としましては以下のことがあげられます。

  • 自宅に書類が届いてバレル

契約完了後に自宅に書類が届きます。一人暮らしの学生は問題がありませんが実家暮らしの学生はオペレーターに電話で書類を送る時間を相談してみると親に書類が見られずに済みます。

  • 滞納をしてしまい自宅に電話が掛かってバレル

滞納した場合携帯電話と共に自宅に電話が掛かってきます。

申込みの時に自宅の電話番号は記入せず携帯電話の番号のみを書けば解決できる問題ではありますが、あまりオススメはしません。

理由としまして審査の時に両方の電話番号を記入している方が印象は良いので記入をオススメします。滞納してしまった時はオペレーターに電話で事情を説明するのが一番です。

  • 在籍確認の電話でバレテしまう

あなたが本当に職場に勤務をしているかをカード会社は確認します。電話の内容としましては「私~ですが~さんはいらっしゃいますか?」という内容の電話をする会社がほとんどなのでバレル可能性は低いと思います。

それでも心配な方はこちらもですが、オペレーターに電話することをオススメします。 事前に職場に勤務している証拠となる直近の給与明細と身分が証明出来る保険証や免許書があれば話はスムーズに進みます。

バレない為にも素直にオペレーターに話そう

申込む時や返済が遅れてしまう時は素直にオペレーターに相談するのが一番です。 カード会社によって在籍確認のやり方等は異なりますが、柔軟に対応してくれますので小さなことでも気になることがあればオペレーターに電話しましょう。

借りすぎないことが鉄則!常にお金を借りているという自覚を持って!

カードローンは限度内であれば何度でも借入や返済が可能です。自由に出し入れが出来るということもあり、お金を借りているという自覚が薄れてしまいがちになってしまいますが、しっかりとお金を借りているという自覚を持ちましょう。

学生という自覚もしっかりと持とう

貴重な学生という時間を返済で終わってしまうことを誰も望んではいません。滞納してしまうと親や身近な人に迷惑が掛かりますので、お金を借りる時はしっかりと考えましょう。

滞納が続けば就職活動にも影響がでる場合があります

学生だからといって滞納は許されることではありません。カードローンを借りていること自体が就職活動に影響することはありませんが滞納をしてしまえば影響する会社も存在します。お金にルーズな人間だと思われない為にもしっかりと返済しましょう。

ついつい便利で利用したくなりますが、申込む時にはしっかりと、本当に借りるべきお金なのか、他にお金を作る方法はないかを考えましょう。
安易に借りてしまい、滞納をしてしまうと親や身近な人にも迷惑が掛かり、将来ローンが組めなくなってしまいます。
しっかりと考えお金借りるという自覚を持ち利用しましょう。
閉じる
閉じる