カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの審査が通らない!審査を左右するブラックリストとは?

カードローンは審査に通らなければ利用できませんが、何度申し込んでも審査に通らない場合があり、原因を追究すると過去の金融取引上の問題で、ブラックになってしまっている場合があります。

ブラックというのは俗説によれば、金融機関間で利用者情報を共有するために利用される信用情報内にブラックリストが有り、ここに名前が記載される事と言われますが、実はそんなブラックリストは有りません。

実際には利用者ごとの情報に中に過去の金融取り引き情報が格納されていて、その情報を各金融機関が独自に判断して融資の可否を決めているにすぎないのです。

このため他ではブラック扱いされても融資する業者もあります。

カードローンの審査に通らないのはブラックが原因かもしれない!

カードローンを利用したいので、いくつか申し込んだがどうしても審査に落とされてしまうという場合、もしかしたら金融機関ではブラックと判断している可能性があるので注意が必要です。

ブラックというのは何らかの問題が有り、どの金融機関に行っても融資の申し込みが断られるような状態を言い、こうなってしまうと、どんなに必要になってもお金が借りられない怖い立場に置かれます。

ブラックになる原因はいくつかありますが、過去に利用していたローンの返済が滞納されていたり、ローンの返済ができず債務整理をしたことが有ったというようなことが考えられます。

カードローンの審査に通らない?原因を考えてみよう

カードローンの審査が通らなくて利用できないという人は別に珍しくありませんし、それぞれに原因があるものです。

そこで審査では何が行われているのかということになりますが、詳細な審査基準はそれぞれで違い公表もされていませんから、詳しいことは言えませんが、概ね次の項目が確認・評価されています。

  • 申込者が本人である
  • 申込者に返済能力がある
  • 申込者が信用できる

本人確認は金融機関には重要ですが、誰かを詐称でもしていなければ申込者としては特に問題のない確認です。

返済能力と信用は金融機関がどのような内容で確認するか分からないので、様々な可能性が考えられます。

そこでローン申し込みの前には、まずは自分の返済能力や信用に問題がないかどうかを検討してみることが必要でしょう。

ブラックとはどういう状態なのか?

説明したように普通はカードローンごとに審査基準が違いますから、あるカードローンの審査に落ちてしまったとしても、別のカードローンでは審査に通ることも十分考えられます。

しかし、中にはどのカードローンを申込んでも審査に落ちてしまうという人がいます。

こういう人のことをブラックと呼んでいますが、お金が必要になっても、審査に通過できないため、お金の借り入れができず、大変怖い状況と言えます。

もちろん審査ですからたまたま審査否決が続いたという可能性もありますが、ブラックの場合、どの金融機関も敬遠するような、信用上の問題が存在しているのが普通です。

このため審査基準がいろいろあろうが、審査に通すことがないという結果になる訳です。

ブラックになってしまう原因とは

ではブラックになるのはどういった原因が考えられるのでしょうか。信用の評価は過去の金融取引状況を見ることによって行われます。

金融機関が問題にするのは、過去に次のようなことを行っていた場合です。

  • 何らかのローンの返済を滞納した
  • 公共料金やクレジットカードなど各種料金の支払いを滞納した
  • 債務整理を行った
  • 短期間に何度もローンの申し込みをしている

ですから、カードローンを利用したいがどうしても審査に通らないという場合、過去に遡ってこういったことがなかったかどうかを調べてみる必要があります。

~ホワイトとは?~
ブラックに対して金融の世界にはホワイトという言葉が有ります。このホワイトというのは過去の金融取引の記録が一切無い場合を言い、金融機関としては、こういった場合も判断ができないので困るようです。

信用情報にはブラックリストが格納されている?実はそんなものは無い

こういった過去の金融取引状況というのは、金融機関間で利用者情報を共有するために作られたデータベースに格納されています。

従来この信用情報にはブラックリストが格納されており、金融取引上問題があった場合はこのブラックリストに名前が書きこまれて、審査時にここに名前が有った場合、ブラックと判断されると言われていました。

ところが実際にはこういったブラックリストというようなものは存在していません。

金融取引上の問題情報も、通常の情報と同じく利用者ごとに書き込まれていて、これを見ることによって、金融機関は融資をするかどうかを決めているだけなのです。

信用審査では信用情報が用いられる

では過去の金融取引情報がなぜ分かってしまうのかというと、こういった審査を行う時に利用するため、金融機関は利用者情報を共有する信用情報というデータベースを持っているからです。

このデータベースには過去に行ったローンの返済状況や、申し込み状況、各種料金の支払い状況などが格納され、契約通りに支払いが行われていれば、審査では高評価にも繋がります。

しかし先ほど示したような金融機関にとって、滞納につながるような都合が悪い情報が格納されていた場合には、審査には通さないということになるので、利用者にとっては大変怖いデータベースとも言えます。

信用情報にはブラックリストが格納されている?

信用情報については一つの伝説があります。実は信用情報の中にはブラックリストが有って、先ほど説明したような金融機関に都合の悪いことをした場合、このブラックリストに名前が載るというものです。

そして審査を行う時は、このブラックリストが参照され名前がある場合には審査が否決になると言われていました。

そもそもブラックという名前自体がこのブラックリストから来ているものです。

しかし、実際にはこういったブラックリストのようなものは存在しておらず、単なる噂というか都市伝説のようなものだと考えて下さい。

信用情報内の情報がブラックかどうかは金融機関が判断する

では結局金融機関はどのようにブラックと判断するのかというと、金融機関的に言えばブラックかどうかというような判断はしていません。

要する金融機関的に見て都合の良い情報も悪い情報もそれぞれの利用者ごとに分けられた情報中に入っていて、審査では審査基準に沿ってそれを評価するだけです。

ですからブラックなどと言っても、審査基準によっては審査に通過できる可能性が無いとは言えません。

例えば大手消費者金融の場合、多くは銀行のグループ企業になっていて、審査は銀行の意向に沿って似たり寄ったりになりますが、独立系の場合にはかなり他とは違った審査基準を持っていると言われます。

この為、独立系の大手消費者金融を選べば、他ではダメだったとしても、審査通過の可能性は多少出てくることがあります。

~信用情報内の情報は開示請求できる~
自分の信用情報がどうなっているかよくわからないという場合、請求すれば内容を見せてもらうことができます。

以前信用情報の内容が間違っていたという事例もあるので、問題はないはずなのに審査に落ちるという場合は、確認してみてください。

ブラックの間に行っておくべきことがある!ブラックになった原因は何

信用情報に書き込まれる情報というのはそれぞれ格納期間が決まっており、ブラックの原因になる情報もあらかじめ決められた期間が経過すれば、消されることになるので、その時点でブラックではなくなります。

しかし一度ブラックになった人というのは、再度同じことを繰り返す可能性があり、ブラックでなくなったからと言って安易に借入をすれば、また同じようにブラックに陥ってしまうことになります。

そこで、もしブラックだということになった場合には、情報が消されるまでの間、長い時間が有りますから、それを無駄にするのではなく、ブラックになった原因を追究し、それへの対策を取るようにしましょう。

信用情報への格納期間を過ぎれば情報は削除されブラックではなくなる

では一度信用情報に悪い情報が書かれてしまうと、もうずっとローンの利用はできないのかと深刻に考えてしまう人もいそうですが、そこは安心してください。

信用情報に書かれた情報というのは、それぞれ格納期間が決められていて、その期間が過ぎてしまえば、その情報は信用情報から削除されることになります。

ブラックの対象になる情報では、債務整理で自己破産したような場合には10年、またローンの申込情報については最長で6か月、その他の情報については5年と決められています。

ですからブラックとなって気落ちしているかもしれませんが、多くは5年、長くても10年経過すればブラックではなくなるというわけです。

ブラックを繰り返す人は意外の多い

それならしばらく我慢していようと考えてお金の借り入れを我慢している場合、ブラックでなくなると、すぐにお金を借りようとする人も出てきます。

しかし、お金の借り入れには十分注意が必要です。一度ブラックになった人というのは、また同じようなことを繰り返して、再度ブラックに陥ってしまうような人も実は意外に多いのです。

ですから、せっかくブラックから脱出しても、また元の木阿弥になってしまいかねないのです。

よく考えれば、それまでお金を借りなくても何年か過ごせていたわけですから、解放感は有るにしても、安易にお金を借りるのではなくて、それまでと同じように生活することができるはずなのです。

ブラックの間にブラックになった原因追求と対策を考えよう

このような形でブラックを繰り返さないためには、ブラックの期間を有効に利用して、自分がなぜブラックになってしまったのか、まずはその原因を追究してみましょう。

例えばローンの返済を滞納したという場合、直接的には返済のお金がなかったから、というのが原因ですが、それは真の原因とは言えません。

返済が分っていながらお金が用意できなかったのには、さらにその原因があるはずです。それを追求していくとさらにその先の原因があるはずです。

こうして何度も何故という追究を続けていくと、真の原因に突き当たります。

そこまで行ったら今度はそれに対する対策を考えてみましょう。対策ができない限り、ブラックを繰り返すことがあるということを、よく覚えておいてください。

場合によっては自分の性格的な問題の場合もありますが、そういう場合には心療内科を受診して、心療内科医や臨床心理士のカウンセリングを受ける必要も出てきます。

ブラックの期間を有効に利用して2度の同じようなことにならないように注意してください。

~お金を借りない生活をしよう~
カードローンは大変利用しやすいため、利用するのが普通になってしまい、自分のお金を引き出す感覚で利用するようになってしまうことも有ります。

しかしカードローンは借金ですから、利息の支払いが必要になり、利用する毎に損失を生んでいるのです。

ですからお金を借りようと思ったら、まずは借りなくて済ませることを考え、お金を借りなくても生活できるように改善していきましょう。

ブラック対応業者も存在する!あまり利用はお勧めできない

金融業者の中にはあえてブラックの人にも融資しましょうと言う業者があり、信用的には貸せないような人でも、そこには目を瞑って、返済能力さえあれば、少額ではありますが融資してくれます。

ただしブラックですから、先程説明した対策もできていないような状態では、再度問題を起こす可能性があるので、融資の利用は勧められません。

この時点では借りることを考えるよりも借りなくて済ませる方法を考えるべきでしょう。

どうしても借りなければならないという場合には、できるだけ節約するなどして、借入額を少額にし、返済が厳しくならないように、十分注意する必要があります。

小規模業者ではブラックでも融資する業者が有る

ここまで、ブラックになってしまうと、どこの金融機関に行っても、審査には通らないと説明してきましたが、実は最近になって、必ず審査には落とされるという前提が崩れてきました。

もちろん銀行にはそういったところは有りませんが、消費者金融の中にはブラックであっても返済能力さえあれば融資してくれる業者が現れてきたのです。

こういった業者はブラック対応業者と呼ばれていて、現在では消費者金融の中で一つのカテゴリになるほど数を増やしています。

これらの業者が現れた背景には、カードローンに銀行が参入し、さらに貸金業法の改正で消費者金融が利益を上げ難くなって、多くの消費者金融が消えてしまったことがあります。

要するに何らかの特徴を出して利用者を集めなければ、経営が成り立たなくなったわけです。

このため一部の業者が始めたのがブラック対応ということで、確かにリスクはありますが、これまで借入れできなかった人を取り込むことによって生き残りを図ったというわけです。

借りるよりも借りなくて済ませるために知恵を絞ろう

しかし、こういったブラック対応業者を利用してまでお金を借りることはあまりお勧めすることはできません。

もし借入れしてまた同じことを繰り返してしまったとしたら、落ちてしまった信用をさらに致命的に落とすことが考えられます。

ブラックの期間というのはお金を借りるのではなく、まずは先程説明したように原因と対策を行わなければならない時なのです。

またよく考えれば、世の中にはお金を借りなくても生活できている人は大勢いいることがわかるはずです。それが自分にもできないはずはないのです。

そこで、この期間を利用してお金を借りなくても生活できるように改善していくことも重要なことです。

ですから何とかしてブラックでも借りることに知恵を絞るのではなくて、お金を借りなくても済むように知恵を絞って下さい。

借りなければならない場合もできる限り少額にするべき

そうはいっても人間生活していれば、どうしてもお金が必要になる場合はあります。

それが先延ばしできないものの場合、ブラックだからと言って、手をこまねいていることはできないでしょう。

そういう場合には、ブラック対応業者を利用することも考えなければなりません。

しかしそういう場合でも、まずは自分のお金で何とかなる部分をよく計算して、どうしても足りない最小限度の借り入れだけを行うようにしてください。

またブラック対応業者のように中小の業者の場合、闇金の罠ということもあるので、業者選びも慎重に行わなければなりません。

安易な借り入れだけは絶対にしない様に、十分注意してください。

~自分のお金というものを管理しよう~
ブラックになる人の一部には自分のお金というものの管理ができていない人がいます。自分の収入はさすがにわかっても、どのようなことにいくら支出しているのかはよくわからない人は多いのです。

ですから結局自分は今いくら持っているというようなことが把握できず安易に借入れを繰り返してしまうわけです。

そこでブラックの人もそうでない人も、まずは自分の収入と支出を記録に残し、自分のお金というものを管理するようにしましょう。

ここでカードローンにおけるブラックリストについて纏めておきます。

  • カードローンの審査に何度も落ちるのはブラックになっている可能性がある
  • 信用情報中にはブラックリストはなくそれぞれの利用者ごとに情報は管理されている
  • ブラックの期間を利用してブラックになった原因とそれへの対策を行っておくと良い
  • ブラック対応業者もあるが利用は勧められない

ブラックにならないためには日々注意して安易な借り入れをしない事や必要な支払いをしっかり行うことが大切です。

閉じる
閉じる