カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンとキャッシングの違い?カードローンはATM利用で便利

カードローンとキャッシングは違うもののように聞こえますが、実際はキャッシングと言っていたものを銀行の参入時にカードローンと言った事でカードを利用するキャッシングをこう呼ぶようになっただけです。

カードローンを提供するには、そのサービスを提供する地域内にATM網を構築しなければならず、それについての設備投資が必要になるため必然的に提供可能なのは大手業者だけとなります。

ただし重要なのはカードローンにしろキャッシングにしろ自分が使い勝手が良いと感じるものを選ぶことであって、良い点や注意すべき点をよく理解しておかなければなりません。

下手に利用してしまうと多重債務者にもなりかねないのです。

カードローンもキャッシングの1つの形態と考えられる!

以前から大手消費者金融などはカードを使ってATMから融資を引き出すサービスを行っており、それをキャッシングと呼んでいました。

しかし銀行がこの分野に参入しカードローンと言い始めたため、大手消費者金融のものもカードローンというようになってきた訳です。

こう言った経緯を考えれば、カードローンというのもキャッシングの1つということになり、2つが独立しているというわけではありません。

ただカードローンは借りたり返したりが繰り返し行えるので、他のローンとは大きく違ったローンと考えることができます。

カードローンと呼ばれるようになったのは銀行参入以降

カードローンという言葉は最近では一般的になり、申込みに当たっても担保や保証人なしで、カードさえあればATMからお金を借りることができる便利なローンと認識されています。

しかし、この他にも消費者金融ではやはり担保や保証人なしで融資が利用できるキャッシングと言われる融資が提供されています。

ではこのカードローンとキャッシングはどのように違うのでしょうか。

実はカードローンという言葉が一般的になったのはつい最近のことで、言葉自体は以前からあったのですが、よく使われ始めたのは銀行がこの担保や保証人なしの融資を行うようになってからです。

そもそもは大手消費者金融がカードを使ってATMから利用できるキャッシングローンを提供していて、銀行はこのキャッシングの利用者が無視できないほど増えてきたために、この分野に参入したのです。

参入に当たっては、消費者金融が使っているキャッシングという言葉をそのまま利用するには抵抗があったと思われ、カードを使うことからカードローンという名称を利用したものと考えられます。

カードローンはキャッシングに含まれる

キャッシングという言葉も大手消費者金融が使い始めたものですが、カードローンで銀行が参入する以前に、多くの消費者金融でこのキャッシングという言葉を使うようになっていました。

このため担保や保証人なしで貸している消費者金融の金融商品を当時はキャッシングと表現していたと考えることができます。

ですからキャッシングには大手消費者金融が提供していたカードを利用して融資を引き出すものもあれば、中小の消費者金融のように窓口や銀行振込で融資を受けるものもあるわけです。

したがってカードローンも分類的には従来のキャッシングの1つの形態と考えることができて、根本的には同じものと言えるでしょう。

カードローンの場合借り方が他のローンと違うことが大きな特徴

今やカードローンという言葉は、大手消費者金融も使うようになり、ローンカードを使ってATMから融資を引き出す形のローンを表現する言葉として使われています。

しかもこのカードローンは他のローンとはまったく違う点があり、その点で大変使いやすくなっていると言えます。

そこで以前からあるローンとカードローンの融資方法を比較したのが次の表です。

ローンの種類 解説
以前からあるローン 契約で決められた金額を一度に全額融資し以後は返済を行っていく
カードローン 融資の上限が決められこの範囲内で借入と返済を繰り返すことができる

つまり以前の形のローンは一度借りてしまうと、再度借りるにおはもう一度契約を交わす必要があったものが、カードローンでは一度の契約で借りたり返したりを何度でも続けることができます。

以前の形の融資を証書貸付と呼ぶ場合がありますが、カードローンはこの点で、まったく新しい形の融資ということになる訳です。

~大手消費者金融の多くは銀行のグループ企業になっている~
銀行はカードローンの参入に当たって、従来のように担保や保証人を取ることができず、信用保証を行う必要が有ったのですが、この分野への参入が遅れて信用保証の技術が有りませんでした。

そこで銀行は信用保証業務を大手消費者金融に委託したのですが、その後貸金業法の改正で消費者金融が経営に行き詰ってしまい、銀行が関係する消費者金融を支援することになりました。

この時に大手消費者金融の多くは銀行のグループ企業になり、現在に至っています。

カードローンを提供するには設備投資が必要!中小業者の参入は無理

このカードローンを提供する場合、カードを利用するためのATM網を提供する地域内に作り上げる必要があり、莫大な設備投資が必要です。

また他地域でも利用できるようにするには他社との提携も必要になります。

大手金融機関は資本力が有るので、こういった設備投資が可能になりますが、中小の金融業者の場合は店舗内だけとか限定的なものを除いて、まず提供することはできないでしょう。

このようにカードローンはどこでも使える設備が用意されているので使い勝手がよさそうですが、重要なのは自分が使いやすく感じるかという点で、自分の視点で選ぶということを忘れないようにしましょう。

カードローンを提供するにはATM網を用意する必要がある

このように銀行が参入したことにより、カードローンの便利さが認識され消費者金融の利用者の多くが銀行に流れました。

カードローンというのは店舗外でもATMが有れば利用できるところに大きなメリットがあります。

そのためにはATM網を構築しなければならないので莫大な費用が掛かることになり、そう簡単にカードローンの提供はできません。

銀行の場合、すでにそういったATM網ができていましたから、カードローンへの参入は比較的容易だったと考えられます。

あとは提携関係を強化して、全国規模で利用できる方策を考えればよかったはずです。

大手業者は設備投資ができるが中小業者ではカードローンの提供は無理

カードローンができたことは中小の消費者金融としては死活問題だったわけですから、できればカードローンに参入したかったでしょう。

現に中小の消費者金融でも店舗内にATMを設置してカードローンのような利用ができるようにしている場合もあります。

しかしそれでも店舗に行かなければならないことは同じで、それ以上の展開は中小業者にはできません。

要するにカードローンというのは銀行や大手消費者金融のようにATM網の構築できるだけの資本力を持った大企業でなければ提供できないということです。

中小業者が提供する場合には店舗内に設置するために作った小規模のATM網を外部の大手業者のATM網に接続してもらうというような提携関係を結ぶ必要があり、少数ですがそういった例はあります。

自分の使い勝手が良いものを選ぶという視点が必要

ただしカードローンにしてもキャッシングにしても利用するのは利用者本人です。

他人がカードローンが使いやすいというような話をしたとしても、例えば近所に小規模業者が有るような場合、そちらの方が顔が利いて融通を聞かせてくれるというようなことも無いとは言えません。

ですからどのようなものを利用するかは自分の状況に合わせて、自分が使い勝手が良いと感じるものを選ぶべきです。

一般的な話をいくら聞いても、自分が使いにくかったらそのローンは自分にとっては駄目なのです。

良く調べて自分に合ったものを選ぶという視点を持つようにしましょう。

~中小業者の中には闇金も有るので注意~
中小業者を利用する場合には、その業者が闇金でないか良く調べる必要があります。

闇金は高金利や厳しい取り立てなどで知られていますが、最近ではやり方が巧妙化して、知らず知らずお金をむしり取られていることもあるので十分注意してください。

カードローンは何が便利なの?ATMで借入や返済が可能な点が利点

カードローンの便利さとしてはこのほかにもATMが有れば借入れだけではなく返済などもでき、銀行振込のように振込手数料がかかるようなことも無くなるので、お得という側面も持っています。

また追加融資に際して、中小業者のキャッシングのように再度業者に連絡して審査を受けなおすこともなく、限度額内であればいつでもATMから引き出すことができ、面倒が有りません。

また最近ではインターネットも発達して、カードローンの場合には自分の専用ページが用意され、借入残高などの確認や様々な手続きを行うことも可能になっています。

カードローンはATM利用で借入れだけでなく返済も可能

ではカードローンというのは何が便利なのか申込みの前に理解しておきましょう。

まずは返済についてです。カードローンというのは借りることにとらわれますが、ローンで最も大事なのは返済です。そこでまずは返済から考えてみましょう。

まず中小消費者金融のキャッシングの返済方法には次のようなものが用意されています。

  • 窓口
  • 銀行振込

これに対してカードローンになってからは、これに加えて次の方法も提供されることになりました。

  • 口座引落
  • ATMからの返済

便利さで言えば口座引落が便利ですが、もう一つ便利なのがATMからの返済です。

銀行振込でもATMの操作で行うのが普通ですが、この場合振込みですから振込手数料がかかります。

しかしATMからの返済の場合には、カードローンのメニューとして返済を行うことができるようになっており、振込手数料はかかりません。

どれを利用するかは利用者次第ですが、ATMと言うのは借入れだけではなく返済等他の操作もできるので、大変便利になっていると言えるでしょう。

いちいち業者に連絡を取らなくても融資が利用できるので面倒がない

次に融資を考えてみましょう。キャッシングの場合、説明したように基本的には証書貸付ですから、追加で融資を受ける場合には、業者に連絡をして再度簡単な審査を受けて、という形を取らなければなりません。

しかしカードローンの場合には、限度額は決められているにしろ、その範囲内で、しっかり返済をしていれば、業者に連絡することなく何度でも借入れができます。

もちろん何度も借りるのが良いというわけではないですが、新たな借入れが必要になっても、心配せずにすぐ近くのATMから引き出せるため、大変便利で安心です。

ただし、この便利さが借り過ぎにつながることもあり、この便利さを欠点だという人もいるので、利用する際は自身をうまくコントロールする必要があるでしょう。

最近ではインターネット上で操作が可能になり更に便利になっている

また最近では、インターネット上に利用者専用ページを提供し、カードローンを提供している業者側のコンピュータ上の情報を確認することができるようになり、さらに便利に利用できます。

例えばATMに行かなくても借入残高が確認出来たり、返済を行うことも可能ですし、利用限度額の増額の申請なども店舗に行かなくてもできるようになりました。

多機能でついていけないという人もいますが、提供されているサービス内容をよく理解したうえで、自分が便利に感じる機能だけを選んで利用すればよいのではないでしょうか。

~返済を忘れないようにするには~
返済日は月に一回やってきますが、これを忘れると督促状が送られてくることになります。自動引落でも残高不足ということが有るので安心はできません。

そこで返済日を何かに関連付けて覚えておくことを勧めます。例えば給料日に関連付けておいて、口座の残高を確認しておくとか、あるいはATMを利用して返済してしまえば忘れることはないでしょう。

ATMの利用にも落とし穴がある!使い過ぎないことが重要

ただしカードローンは良いことばかりではありません。ATMを利用する場合、提携金融機関のものを利用するには通常利用手数料を払わなければならず、利息以外の費用が掛かることになります。

また便利に利用できるのは良いのですが、つい使い過ぎてしまう可能性も高まってしまい、ATMから自分のお金を引き出す感覚に陥って常に返済を行わなければならないようになることも有ります。

使い過ぎた場合、返済額が大きくなる可能性があり、場合によっては他から借りて返済に充てるというようなことも行われる場合も有ります。

これが進むと場合によっては複数の借入れが返済できなくなって多重債務者になってしまうことも考えられるのです。

利用するATMには注意が必要!利用手数料は無視できない

このように便利なカードローンですが、ATMを利用する場合には注意しておかなければならない点がいくつかあります。

まずATMはカードローンを提供している金融機関のものとは限らないということです。

ATMは今や全国で利用できるように自社のATMの設置数が少ないような地域では他の業者と提携関係を結んで利用できるようにしています。

そしてこの提携先のATMを利用する場合には利用者のほうに利用手数料がかかってしまうことが有ります。

利用手数料など100円+税で大したことはないと考える人も多いでしょうが、実際に計算してみると、借入金額が少ない場合、利息分よりも利用手数料のほうが高いということがあり得ます。

確かに大した金額ではないのですが、利息よりも高額の利用手数料と言われると、何となく理不尽なものを感じてしまいませんか。

ですからATMを利用するときはできれば利用手数料が発生しないものを選ぶようにしましょう。

利用が簡単なので使い過ぎてしまうことになりやすい

そして先ほども触れましたがATMから融資が受けられるというのは、業者への接触の必要がありませんから簡単で、ついつい借り入れしてしまいがちです。

これを続けていると、カードを使ってATMから引き出すという形のため、本来は融資の利用なのですが、何となく自分のお金を引き出している感覚に陥ってしまう人が出てきます。

そうするとさらに頻繁に融資を利用することになり、返済は切れ目なく常時行う形になってしまいかねません。

つまり借りなければ支払う必要のないお金が、常に必要なお金になってしまうということになる訳です。

このように借入れという感覚がなくなってしまうことはカードローンの大きな問題と言えるでしょう。

場合によっては多重債務者になりかねない

このような利用を続けていれば、当然利用額も徐々に増えていくもので、場合によっては返済に行き詰ってしまうことも無いとは言えません。

その時どうするかというと、目が覚めて安易な借り入れを止めるという人もいますが、逆に返済するためのお金を別の業者から借りようと考えてしまう人も出てきます。

しかしそんなことをすれば翌月からは返済が2件になり、相互に返済するお金を借りるというような、自転車操業的な形になってしまうこともあります。

そしてそんなことをしていると、また返済できなくなってさらに別の業者から借りようと考えてしまうことになります。

そのうち新たに貸してくれるような業者もなくなり、その時点で返済ができなくなって多重債務者に陥ります。

カードローンの安易な借入れはこのように自身を大変な窮地に追いやる可能性もあるのです。

~多重債務者になりそうな時はお纏めローンの利用を考えよう~
もし万一多重債務者になりそうな場合は、銀行などが用意しているお纏めローンの利用を検討してみましょう。

このお纏めローンは借入れしているローンを借り換えることによって1つに纏めてしまうものです。

纏められれば返済は月々1件になりますから、返済していける可能性が高くなるというわけです。

もちろんローンですから審査が有るので誰もが使えるわけではありません。重要なのはそんな状況にならないようにするということでしょう。

ここでカードローンとキャッシングの違いについて纏めておきます。

  • カードローンも分類的にはキャッシングの一種
  • カードローンは設備投資が必要で中小業者は提供するのが難しい
  • カードローンはATMで借入れの他返済なども可能
  • ATMを利用していると便利なため使い過ぎてしまうことにつながるので要注意

カードローンもキャッシングも平たく言えば借金です。利用を考えた時はまずは借りなくて済ませる方法を考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる