カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの与信枠とは?大切なのは借入できるだけの信用があるか

カードローンは厳密に言えばお金の貸し借りに関する契約となる為、普段の生活では聞き慣れない言葉が出てくることがあります。もちろん、それらの言葉を知らなくても、お金を借りて返すことはできます。

ただ、聞き慣れないから知らなくてもいいかと言えばそうとも言えず、実際には知らないと損をしたり、知らないうちに闇金からお金を借りてしまったと言うことにもなりかねません。知っておいた方がいい言葉や内容はいくつかあります。

そんなカードローンに関することに「与信枠」という言葉があります。これもまた、知っておけば審査に対する心づもりや準備ができます。与信枠とはどんな意味なのでしょうか。

聞き慣れないけど与信枠ってカードローンの何?限度額と違うもの?

カードローンについて、何も知らずただお金が借りられると思っている人もいます。酷い場合には、申込時に審査があるということすら知らないでしょう。

改めて整理すると、カードローンはお金に困った時に申し込みしお金を借りることができ、毎月返済すると言うものには違いないのですが、申込時には審査があり、お金が借りられるかどうか、そして借りられる金額も審査によって決まると言う金融商品です。

よく広告では、限度額や金利について表記されており、なんとなくでもわかるようにはなっています。が、実際には、それら以外にもちょっとした専門用語かと思われるような言葉が出てくることがあります。その中に「与信枠」と言う言葉もあります。

与信枠はお金を借りられる信用度を示す限度額と一緒だと考えていい!

消費者金融や銀行などのホームページでは、カードローン商品の説明において「与信枠」という言葉を使うことは少ないかもしれません。しかし、情報サイトなどでは時々出てきます。その為、つい混乱してしまうことがあるかもしれません。与信枠とは何かを知っておくと、カードローンについての理解が深まります。

与信・与信枠とは
与信とは難しく考えると言葉の通り、「信用を与える」ということ。スクリーニングとも呼ばれます。通常は融資等の場面で使われ、それに「枠」がついた場合、「いくらまでお金を貸せるか」という融資の枠の説明に使われます。要は、それだけ信用を得ることができた、ということになります。
言葉の説明として見ると少しわかりにくいかもしれませんが、簡単に一言で言うと、広告等で表している「限度額」を、ちょっと意味を深めた言い方と考えるとわかりやすいかと思います。「その金額のお金を貸すだけの信頼度がありますよ。」ということになります。

これが複数社から借入している場合、与信枠という表現においては、この複数社分を合わせて総与信枠と言う表現もあります。

与信枠を決めるのは審査による!個々の業者で与信枠が変わることも?

与信枠を決めるのは審査になります。

カードローンで審査を受けて、通ったらお金が借りられるということがこれです。審査としてはこれらがチェックされます。

  • 借りたお金を返済できる能力があるか。
    (返済できるだけの収入、または生活力があるか。)
  • 返済を簡単に放棄せず、きちんと義務を果たすか。
    (延滞をせずに、きちんと返済できるか。)
  • いくらまで貸しても大丈夫か。
    (いくらまでなら、返済に問題ないのか。)

カードローンは審査で融資可能かどうかを見るのですが、それと並行して、いくらまでお金を融資できるのかも審査します。

審査は、消費者金融や銀行によって判断基準は変わってきますが、どちらにしても、その人の収入と返済能力、返済に対する意識が、審査通過の可否と融資してもらえる金額を決めるのに違いありません。

また、ローンと言うものには、カードローンなどの無担保ローンと違って有担保ローンを利用することもありますが、この場合、担保にする物件等の評価も審査されます。

代表的なものに、家や土地を担保にした住宅ローンがあります。もし、評価が希望融資額に届かなければ担保の追加を求められたり、融資額が減額されることになります。

信用とは何?カードローンの利用記録は残されて後の審査にも影響する

与信の説明で「信用」という言葉が出てくるのですが、そもそもこの「信用」とは何かがピンとこない人もいるかもしれません。一般的に信用と言えば、人と人とのつき合いの中で築かれていくものですが、カードローンにおいては申込時はその人は初見になるので、どんな人かはわかりません。

先の説明に、審査では借りたお金を返済するだけの収入や生活力があるのかを見ると伝えましたが、それもまた初見ではどのような人かを判断するのは難しいものです。

ここで出てくるのが、「信用」になります。

審査では過去からの金融取引履歴を「信用情報」としてチェックされる

カードローンの申し込みでは、その人の名前から始まる個人情報から、勤務先、年収などを申込用紙に記入します。それを元に審査を行います。

申込書にある収入などからも融資可能かを審査で判断するのですが、実はもう一つ、その人の過去、そして現在のローンやクレジットの利用履歴を「個人信用情報」として、調べます。

「個人信用情報機関」と言う、クレジットやローン等の金融取引の情報を記録する機関があります。

銀行や消費者金融、信販会社などの金融取引を行う企業等が信用情報機関に会員登録し、個人からカードローンやクレジットの申し込みがあった時に、信用情報機関に申込内容から契約内容、返済状況までの履歴を記録しなければいけないことになっています。これは法律でも決まっています。

このカードローン等の利用履歴を、クレジットヒストリー(クレヒス)と呼びます。

そして、各金融機関に新たにカードローン等の申し込みがあった場合には、信用情報機関に記録されている内容を照会することができます。この照会した内容を審査の判断材料になります。要は、申込者の過去のローンやクレジットの実績を審査の参考にするのです。

もしカードローンの申込者が、過去返済をせずに延滞を起こしていたり、債務整理を行っていれば、その記録が照会時にわかります。そうなると、審査に通らない可能性が高くなります。

逆に、毎月滞りなく返済していればその記録もわかり、優良な顧客として審査に有利になるということもあります。

その個人信用情報機関は、この3機関になります。

  • 株式会社シー・アイ・シー(CIC)
  • 株式会社日本信用情報機構(JICC)
  • 全国銀行個人信用情報センター

多くの金融機関は、この3つのうちのどれか、または複数機関、会員登録しています。

「個人信用情報」の記録は共有されるので延滞は絶対にしないこと!

個人信用情報機関は3機関あると説明しましたが、これらは情報を共有できるようになっています。

例えば、自身がお金を借りている消費者金融と別の銀行に新たにカードローンを申し込みしたとします。後で申し込みのあった銀行が加入している信用情報機関が、消費者金融と別機関だったとしても、消費者金融でのカードローンの利用状況を知ることができます。

一見、そんな情報のやりとりは違法だと思う人もいるかもしれません。実は、多くの人があまり細かく同意事項等を読まないことが多く気付かないものですが、そのことはカードローンの申込時の同意事項に含まれており、申し込みの段階で申込者は了承しているのです。

借入後も必ず信用情報の確認が行われる!場合によっては借入不可に

審査によって、与信枠と言うことで融資可能の金額が出るのですが、これは最初の申込時だけでは終わりません。

というのは、「途上与信」と言って、カードローン契約後も都度審査が行われることになるからです。

途上与信とは
金融機関は、カードローンを契約した後も定期的に返済に遅れがないか、新たに他社に申し込みをして借入残高が増えていないかをチェックします。これを途上与信と言います。モニタリングと呼ばれることもあります。

契約できても安心しない!途上与信で返済状況はチェックされる!

途上与信と言うことで、カードローン契約後も都度審査が行われることになるのですが、その頻度は金融機関によって違います。1ヶ月という短い期間で行われるところもあれば、1年という長期(と言えるかはわかりませんが)で行われるところもあります。

どちらにしても、返済状況によっては与信内容が悪くなることもあるため、契約したからと言って安心はできません。

途上与信を悪化させないために気をつけること

  • 延滞をしないこと
    (延滞を続けないこと)
  • 借入先を増やさない

また、途上与信には通常の他にも法律で貸金業者に義務付けられており、これを「法定途上与信」と言います。

法定途上与信にはこのような人が該当します。

条件 途上与信頻度
1ヶ月の貸付額が合計5万円以上、
かつ貸付残高が10万円を超える
毎月
貸付残高が10万円以上 3ヶ月に1度

これは、貸金業法で定められているので、避けることはできません。

法定途上与信で定められた条件に当てはまらなければ、先に説明した貸金業者が定めるタイミングで途上与信が行われることになります。

また、クレジットカードのショッピング枠(カードで買い物や飲食をする場合の使い方)では、よく利用されて返済にも問題がなければ、与信枠が知らない内に広がっていた、となることもあります。

しかし、キャッシング枠(クレジットカードでカードローンと同等のお金を借りる使い方)やカードローンでは、自動的に与信枠が広がることはありません。

よくカードローンの増額についての説明でもあるのですが、必ず再度、審査があります。

これはどこも同じなのですが、審査によっては与信枠が広がるどころか、減額されたりカードの利用停止の可能性もある、ということは頭に入れておいた方がいいです。

意外な落とし穴もある!特にスマートフォンの返済は気をつける

カードローンの返済が滞れば信用に影響するのはわかったでしょうが、カードローンだけではなくクレジットカードの返済も信用に影響を与えるので注意が必要です。

特に忘れがちなのが、スマートフォンです。スマートフォン本体を購入する時は、毎月の使用料に組み込まれる形で毎月返済にしている、という返済方法にしている人が大半だと思います。

これが意外に盲点で、「通信料だからちょっとぐらいいいだろう。」と返済を滞らせてしまうと、このスマートフォン代が延滞の原因になることがあります。

通信料と一緒の支払いだろうが、本体代もクレジット払いと同じと考えて毎月遅れないように支払う必要があります。(そもそも通信料も遅れて良い理由にはなりませんが。)

カードローンは使わなければ与信に影響が出るので余分に契約しない!

どんなローンにしろ気をつけなければいけないこととして、他社借入があるかどうかもですが、カードローンのカードを作っただけで使っていないカードがあるかどうかもポイントです。

というのは、カードローンは、もしそこからの借り入れがない場合でも契約していれば審査で見るとお金を借りているのと同等に考えられてしまう、ということがあるからです。これこそ与信枠がない、ということになります。

特に多いのが、付き合いでカードローンのカードを作った場合です。本人はお金を借りていないからいいだろうと思うのですが、これは住宅ローンを組む時には特に大きな影響を与え、審査に落ちる可能性が大きいと言われています。

そのような場合は、使っていないカードローンの契約を解約する必要があります。

逆に「いざと言う時にカードローンのカードを持っていたい。」という人もいますが、住宅ローンを扱っている銀行では、カードローンを作る際に住宅ローンと連携を取って金利が安くなる等のサービスを行っていることがあります。これを利用した方が、利息の負担を軽減することができます。

いざという時用にカードローンのカードを持っていること自体は悪いことではないのですが、必要以上に枚数を持つことは止めた方がいいです。

審査によって与信枠が決まるが必ず審査をするのがカードローン!

一度落ちた信用を元に戻すのは、並大抵ではありません。特に個人信用情報機関では、返済の状況の記録がしばらく残ることになります。その為、信用情報を照会すれば、延滞や自己破産もすぐにわかってしまいます。これは大きなマイナスポイントです。

もちろん落ちた信用を取り戻すべく、返済遅れのない利用実績を重ねることは大切ですが、並大抵ではありません。

そうなる前に「与信枠」「個人信用情報」などの重要な言葉や内容をしっかり知っておき、最初から審査に良くない影響を与えないような努力をしておけば、カードローンでもスムーズに審査に通ることができるというものです。

閉じる
閉じる