カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの増額方法。タイミングを間違えるとマズい!?

大きな買い物をしたくて、カードローンの審査に合格!!でも、まだもう少しお金を借りたい!!

急な出費が重なってしまうタイミングは、みなさんも経験があるのではないでしょうか?

そのような場合、新たにカードローンを契約したらいいの?今契約しているカードローンの限度額を増額できるの?

ここでは、急な出費などでもう少し融資をしてほしい場合の対処法と注意点、今契約しているカードローンの増額のタイミングについてお話したいと思います。

是非、参考にしてみてください。

カードローンには限度額が設定されている

いくら急な出費でお金を借りたいと思っても、金融会社にはお金を貸せる可能額というものがあります。1000万円を融資してほしいからといって、簡単に融資はしてもらえません。

知名度のあるブランドの融資限度額は以下のようになります。

ブランド名 限度額
SMBC‚“SMBCモビット 1万円~800万円
アコム 1万円~800万円
レイクALSA 1万円~500万円
プロミス 1万円~500万円
アイフル 1万円~500万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10万円~500万円

融資限度額は、ほとんどのところで500万円~800万円で設定されているといえます。

注意!!融資限度額と利用可能限度額は違う

融資限度額が800万円だから、800万円までは借りられるのでしょう??こう思ってしまうのも無理はありません。

しかし、融資限度額が800万円であっても、あなたの借りられる金額は必ずしも800万円ではありません。

  • 融資限度額・・・あくまでも金融会社が設定した限度額
  • 利用可能限度額・・・信用から設定される、借りる人の限度額

はじめてカードローンを契約しても、はじめから借りることができる金額というのはせいぜい30万円~50万円です。

というのも、はじめて契約した人は、返済実績がないのです。ローンというものは「信用」が大前提となりますから、まだまだ信用が足りない人の利用可能限度額は低くて当然なのです。

信用は総合的に決定される

利用可能限度額を増額することは、はっきり言って、審査に通るよりも難しいです。

「この金額の範囲内なら貸せますよ」という範囲を超えるからです。

増額の審査は、利用者の信用情報という個人情報をもとに、年収、家族構成、勤続年数などを総合的に判断されます。

なにかひとつが優れているからといって、すぐに増額されるわけではないことはしっかりと頭に入れておきましょう。

では、信用を得るためには、具体的にどのようなことをしていけばよいでしょうか?

  • 返済を確実に行っている(延滞がない)
  • 年収が上がる
  • 会社での勤続年数が長い

基本的なものは、この3つとなってきます。しかし、年収はそれほど簡単に上がるものなのでしょうか?

一番の近道は、やはりコツコツと返済実績を重ねていくことです。

信用を得るには、いきなりホームランを狙うのではなく、ヒットを重ねていくしかありません。

増額申請をするタイミングはココだ!!

限度額の増額には信用が大前提だということは、おわかりいただけたでしょうか。

では、具体的な増額申請のタイミングについてお話します。

増額をするたには、まず増額の申請をしなければなりません。

販促活動の一環などで、金融機関側から増額の案内がメールや会員ページなどで知らせてくれる場合もあります。金融機関側からの案内が届いたのであれば、問題なく増額が可能なタイミングです。

  • 年収が上がった
  • 金融会社との契約が1年以上になった(延滞履歴なし)
  • 何度か取引をしている(延滞履歴なし)
  • 増額の案内が来た
  • マイホームを購入できた など

増額の可能性があるケースをあげてみましたが、この間に信用情報の悪化があった場合は一気に信用が崩れ落ちますので、要注意です。

増額申請をしたのに、限度額を下げられてしまう危険性もある

増額申請のタイミングを間違えてしまう、すべきでないタイミングは、以下のようなときです。

せっかく申請をしたのに、逆に限度額を下げられてしまったのでは、まったく意味がありませんね。

  • 契約時より年収が極端に下がってしまった
  • 他社からの借り入れが増えた
  • 数カ月にわたる延滞で金融事故を起こしてしまった

このようなときは、最悪の場合は利用停止になることも頭に入れておいてください。

債務整理などはもってのほかですが、身近に金融事故のリスクがあるのは、携帯電話やスマートフォンの利用料の未払いです。

携帯電話やスマートフォンの利用料を気を付けなければならない理由

携帯電話やスマートフォンの契約では、機種代の一括払いを除いて、使用料金に機種代金がのっかってきた金額が合算されて請求される場合が多いです。

注意してほしいことは、機種代金というものが「ローン」扱いになっているということです。

ローンですから、1回でも払い忘れがあれば信用情報にマイナスな情報が書き込まれてしまいます。

給料の払い込み口座と、使用料の引き落とし口座が異なっている場合は、確実に引き落としてもらえるように、事前に準備を怠らないでください。

数か月にわたって支払いを忘れた場合は「金融事故」となり、各種ローンはもちろん、増額申請なんて通るわけがありません。

消費者金融は総量規制の対象になる

1社だけでなく、複数の金融機関から借り入れている場合は「総量規制」というものに注意しなければなりません。

総量規制とは、借入額は原則として年収の1/3までとする仕組みです。無謀な利用者が、返済能力をわきまえずに借り入れを行い、結局返済が不可能になってしまうことを防ぐ目的です。

簡単に説明します。

年収300万円の人がA社から50万円、B社から30万円を借りていたとすると、新たに借りられる金額は20万円までとなります。

総量規制に引っ掛かるギリギリのような状態で増額を申請しても、場合によっては減額の可能性があるということも理解しておくべきでしょう。

銀行は総量規制の対象外

総量規制の対象は、消費者金融系のローンのみです。高額な住宅ローンを銀行で組むことができるのは、このためです。

ですから、ローンを組んでいるからといって増額ができないわけではありません。むしろ、住宅ローンなどの高額なローンは「信用がある」ということの証明になります。

他社から借りることのリスクの方が大きい

増額を希望しているのに、なかなか希望が通らない場合は、他社からの借り入れを検討することもひとつの選択肢ではあります。

消費者金融系のカードローンであれば、申し込みの時間帯や曜日などによって変わりますが、最短で30分ほどで借り入れが可能です。保証人なども必要ないため、面倒な手続きが比較的少ないといえるでしょう。

しかし、借り入れが増えることによってリスクも増えることは覚えておきましょう。

返済日が異なっていた場合は、手間が掛かりますし、払い忘れのリスクがあります。

また、一番のリスクとなるのが、複数の金融機関から借りているという精神的な重圧です。

1社より2社の方が精神的な負担は確実に増えていくことでしょう。

現実を見据え、確実に返済可能な借り入れを行いましょう。

閉じる
閉じる