カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

初めてのカードローン申込、希望限度額の設定は10万円以下が妥当?

初めてカードローンを利用するときってドキドキしますよね。

カードローンのサイトは沢山ありますし、その中でも限度額が大きいところ、金利が低いところ、サービスが充実しているところなど各カードローンで特色があります。

これらの中から、カードローンを選び、いざ申込み!となった時に案外悩んでしまうのが希望限度額です。

希望限度額は高ければ高い程良いというものではありません。

希望限度額によっては、業者に不信感を与えてしまう可能性もありますので、十分吟味して行いましょう。

よく、初めてのカードローンの申し込みの場合、希望限度額は10万円以下にするとよいと聞きますが本当なのでしょうか?

教えて!カードローンの限度額はどうやって決まるの?

初めてカードローンを申し込む!という方は、カードローンの限度額が一体どのような形で決められるのか…と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

まずは、カードローンの限度額がどのようにして決まるのかをご紹介していきましょう。

カードローンの利用限度額の決定権は業者側にあります!

カードローンの利用限度額がどのタイミングで決まるかご存知でしょうか?

実は、カードローンの利用限度額はカードローン業者側の意向により決定されます。

決定する際には、審査が行われ、次の項目などから総合的に判断されます。

  • 希望限度額
  • 勤務先・雇用形態
  • 年収
  • 過去のクレジット・ローン実績
  • 現在の他社の借入件数・返済状況
  •  など

年収や現在の借入件数・返済状況は限度額の決定に特に影響を与えます。

限度額の最終的な決定権は、申込者にはありません。

そのため、いくらアナタが100万円貸してほしいと思って申し込みをしたとしても、業者が20万円までと決定すれば、20万円までしか借り入れできないのです。

また審査の結果、借入限度額0円(つまり借り入れ不可)となり、審査が否決となる場合もあります。

最高限度額に惑わされないで!カードローンの限度額は人それぞれです

カードローンのサイトをチェックしていくと、「最高1000万円」や「500万円まで」という融資額を目にすることも多いのではないでしょうか。

この言葉につられて「1000万円借りたい!」と思って申し込みをしたとしても、そのほとんどの人が1000万円借り入れすることは不可能です。

サイトに記載されている限度額の幅はあくまでも最高限度額が記載されているのであって、誰もがその金額を借り入れできるというわけではないという点はしっかりと頭に入れておきましょう。

先ほどもご紹介しました通り、限度額の決定は様々な情報を加味して業者側が決定していますから、例えば同じ年収300万円の人であっても、Aさんは限度額50万円なのに、Bさんは限度額10万円だったなんていう事態もあり得るのです。

初めての場合、借入限度額が10万円に設定されることも多い?

業者側が明言しているわけではありませんが、一般的によく言われるのが、初めてのカードローンの利用の場合、借入限度額が10万円に設定されるケースがあるということです。

これは、審査の段階で他のカードローンなどの利用実績がないなどの理由がある場合、業者が様子見で10万円にするケースが多いためと言われています。

10万円であればある程度年収のある方であれば身の丈を超えるほどの金額とはなりませんし、業者側も万が一問題が起きたとしても損失がそこまで大きくありません。

もちろん、なら返済しなくても良いよね…ということには決してなりませんので、借入したお金はきっちりと返済しましょう。

初めてカードローンを利用するときの希望限度額はいくらが妥当?

カードローンの利用限度額の決定は業者が行いますが、だからと言ってアナタが申し込みのときに記入した希望限度額が全く無視されるのかと言えばそういったことはありません。

申込者の状況と、希望限度額を照らし合わせ妥当かどうかもしっかりチェックされるのです。

では希望限度額はいくらくらいで申し込みをするのが妥当なのでしょうか?

初めてのカードローンの希望限度額は必要最低限で!

初めてカードローンを利用しようと考えた場合、お金が足りないからという理由が大半ですよね。

では、一体いくら足りないのでしょうか?

3万円…10万円…30万円…など、この金額は人により様々ですが、初めてカードローンを申し込む際は、必要最低限の金額のみ借り入れするよう希望限度額を設定しましょう。

カードローンは利用の仕方によっては生活を助けるものとなりますが、ひとたび油断して借りすぎてしまうと人生を転落させてしまうものへと変化してしまいます。

このような事態にならないために、初めてカードローンを利用する場合は、必要最低限以上の金額は借り入れできないような環境にしておくことも重要なのです。

各業者の最低限度額やサービス等も把握しておくと選択肢が広がります

カードローンのホームページを見るときに大々的に書かれているのがカードローンの最高利用限度額ですから、そちらに意識をとられがちですが、申し込みの際にはぜひ最低利用限度額にも目を向けてみてください。

以下は、大手のカードローンの限度額額(最低・最高)です。

最低限度額 最高限度額
アコム 1万円 800万円
アイフル 1万円 800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 10万円 500万円
みずほ銀行カードローン 10万円 800万円

消費者金融である2社が最低限度額1万円からとなっていて、銀行のカードローンが最低限度額10万円からとなっていました。

そのため、例えば5万円借り入れしたい場合、アイフルに申し込みなら希望限度額5万円として、みずほ銀行カードローンに申し込むなら希望限度額10万円として申込みを行いましょう。

また、業者によっては様々なサービスを提供している場合がありますので、業者選びの材料となります。

例えばアコムであれば初めて利用される方に限り最大30日間金利が0円というサービスを行っていますし、みずほ銀行のカードローンであれば住宅ローンなどの利用状況により金利の優遇が受けられる場合があるのです。

限度額ばかりに目を向けるのではなく、広い視野で自分に合ったカードローンを探すようにしましょう。

10万円からさらにお金が必要に…限度額の増額ってお願いできるの?

初めてカードローンを申し込んで、利用限度額が10万円に設定されたけど、使っているうちに更にお金が必要な事態になり、10万円では足りなくなってしまった…というケースもあるかもしれません。

このような場合、限度額の増額ってお願いできるのでしょうか?

多くのカードローン業者が限度額の増額申し込みを受け付けています

カードローン業者の多くが、利用限度額の増額の申し込みを受け付けているようです。

しかし、増額の申し込みにあたっては「○か月以上利用していること」など一定の条件が儲けられている場合もありますので、増額の申し込みを行う前にチェックしておきましょう。

また、増額の申し込み方法ですが、インターネットで受け付けているところもありますし、電話やATMから申し込みが行えるところもあります。

増額を申し込んだからといって必ず増額されるわけではありません!

限度額の増額を申し込みする際に注意してほしいことがあります。

それは、利用限度額の増額を申し込んだからと言ってすべての方が増額が認められるわけではないということです。

新規でカードローンを申し込んだときと同じように、増額の申し込みを行うとその可否を決めるために審査が行われます。

この審査によっては、増額が認められたり、認められなかったりするわけです。

審査の大きなポイントと言われるのが、それまでの利用状況です。

増額を申し込んだ時点で延滞があったりする場合はほぼ間違いなく増額は認められないでしょう。

審査については、業者側はオープンにしていませんが、一般的に以下の点がチェックされると言われています。

  • これまでの利用状況
  • 他社の利用状況
  • 年収をはじめとする個人情報の変更点  など

これまでの利用状況は先ほどご説明した通りですが、借入・返済を真っ当に行っていれば問題はないでしょう。

他社の利用状況は、増額を申し込んだカードローンで何の問題も起こしていないとしても、他のローンで滞納を繰り返していたり、金融事故を起こしているとなると、審査に通るのは難しくなります。

また、借り入れ件数・金額が増えている場合も増額は厳しいものとなるでしょう。

そして、年収をはじめとする個人情報の変更点ですが、これは、消費者金融をはじめとする貸金業者での審査の場合大きなポイントとなります。

貸金業者は、総量規制という決まりがあり、すべての貸金業者の融資額の合計が、利用者の年収の1/3を超えてはいけないと定められています。

そのため、転職などをして著しく年収が下がったという場合は、下がった年収で審査が行われます。

これらの結果、増額の申し込みが否決となる可能性があるのです。

また、審査結果によっては増額を申し込んだのに、結果限度額が減額ないし利用停止になってしまったというケースもよく耳にしますので、安易に増額を申し込む前に「申込しても大丈夫かな?」としっかりとご自分を振り返ってみましょう。

増額の申し込みのタイミングは最低でも半年後くらいから!

例えば、4月に10万円の限度額で初めてカードローンの申し込みをし、審査に通ったとして、翌5月にあと20万円急に必要になったから、利用限度額の増額を5月に申し込んでみた!という場合は、注意しましょう。

カードローンの契約からあまりに直近で増額を申し込むと、カードローン業者に不信感を与えてしまう可能性も否定できないからです。

「こんなにすぐに増額の申請をするなんてよっぽどお金に困っているのかな?」とか「立て続けにお金が必要なのに見通しが出来ていなかったのかな?」などの印象を与えてしまうかもしれません。

また、初めてのカードローンの場合、契約して翌月などですと、カードローンの利用実績がほとんどないということになります。ローンの実績は、そのまま信用度の評価に繋がりますので、きちんと実績がない場合、アナタの信用度はなかなか高くならないでしょう。

このような状況から、増額を申し込みたい場合は最低半年~1年程度はしっかりと借りた分を返済し、利用実績を積むようにしてくださいね。

借入したお金を毎月きちんと返済したというのは実績となり、増額の審査の際に影響をあたえます。

ただし、返済が出来ず滞納してしまった…なんていう場合はマイナスの実績となりますので、確実に返済するようにすることが大切です。

ご注意を…無謀が希望限度額は不信感を与えかねません!

いかがでしたでしょうか?初めてカードローンを利用したい場合、借入希望金額は必要最低限~10万円程度が妥当だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

しかし、中には「そんなこと言われても、100万円必要だから仕方ないじゃないか!」「心のゆとりとして大きな金額のキャッシング枠を持っておきたい!」なんていう方もいらっしゃるかもしれません。

いきなり無謀な金額を申し込むと不信感を与える可能性もある!

年収300万円の方が「300万円必要だから」と初めてのカードローン業者に希望限度額300万円で申し込むと、アナタがカードローン業者ならどう思いますか?

実績もない、信用情報の判断材料も少ない方に300万円をポンっと貸すのは怖くないでしょうか。

これは貸金業者だって同じです。

貸金業者は、申込者一人一人の人となりをすべて把握しているわけではありません。申し込み内容や、信用情報など客観的な情報から総合的に審査しています。そのため、いきなり無謀ともいえる希望限度額を提示されると不信感が芽生えてくる可能性も0ではないのです。

どうしてお金が必要なのか、そのお金をカードローン以外の方法で準備することはできないのか…など様々なパターンを検証し、あくまでも必要最低限の金額でカードローンに申し込みをするようにしましょう。

身の丈に合った利用をしないと破綻する可能性も…

カードローンは、大変便利なサービスですが、便利ゆえについ利用しすぎてしまう…という方々がいらっしゃるのも事実です。

カードローンは借金ですから、借りたら必ず返済をしなくてはいけません。また、多くの場合、そこに金利が上乗せされることになります。

初めから踏み倒すつもりで返す当てもないのに借り入れしてしまうなんてもってのほかですし、ご自分の返済能力を超えた金額を借り入れしてしまうと、そんなつもりが無くてもいつか破綻してしまうかもしれません。

カードローンの返済が滞ると、その旨が信用情報に登録されることになりますし、万が一自己破産など金融事故を起こすと数年間はその情報が消えることはないのです。

このような状況になると、将来マイホームや車など大きな買い物をするときに悪い影響を与えてしまうことになりますし、アナタのライフプランを大きく崩してしまうことになりかねないのです。

カードローンに慣れないうちは、限度額を10万円以下にしておくなどできるだけ対応しやすい範囲、身の丈に合った範囲で利用していくことが重要となります。

カードローンは便利で使い勝手も良いですから、ぜひとも生活の一助となるように賢く付き合っていきましょう。

閉じる
閉じる