カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの限度額を下げることの意外なメリット

一昔前とは違い、格段にイメージが変わったカードローン。CMも華やかで、一般の人でも手の届く、借りやすいイメージをもたれるのではないでしょうか。

カードローンは一定の審査に通過すれば、誰でもお金を借りることができます。

カードローンを契約できたけど、もう少し借りることはできないだろうか?こんな方も少なくないはずです。

カードローンには限度額というものがあります。限度額は上げることができるの?逆に下げることもできるの?

ここでは、カードローンの限度額について詳しくお話したいと思います。

融資限度額と利用可能限度額は違う

冒頭で、カードローンには「限度額」があると述べましたが、限度額にも融資限度額と利用可能限度額の2種類があります。似ているようですが同じものではありませんので、注意しましょう。

  • 融資限度額・・・あくまでも金融会社が設定した限度額
  • 利用可能限度額・・・信用から設定される、借りる人の限度額

例えば、ある金融会社の融資限度額が500万円だったとします。それを見たAさんはこの会社に申し込みをしました。

無事、審査も終わりましたが、Aさんの利用限度額は50万円です。

あれ?なにか間違っているのだろうか?というわけではありません。

この金融会社が融資できる上限が500万円であって、あなたには50万円を上限に融資しますよといった話です。

はじめての契約で、借りられる金額はせいぜい50万円が良いところではないでしょうか。

はじめから融資限度額をめいっぱい借りられることは、めったにありません。

よほど年収が良い場合は不可能な話ではありませんが。

融資限度額はブランドによっても異なる

みなさんがよく聞く、よく見るような知名度のあるブランドの融資限度額を見てみましょう。

ブランド名 限度額
SMBCモビット 1万円~800万円
アコム 1万円~800万円
レイクALSA 1万円~500万円
プロミス 1万円~500万円
アイフル 1万円~500万円
三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 10万円~500万円

おおよそ500万円~800万円となります。300万円も違うじゃないか!!と思われるかもしれませんが、ほとんどはそこまで融資されません。

ブランドごとの特性を調べて、自分に一番合ったものを選んでください。

限度額を上げられるタイミングは少ない

はじめの契約時は所定の審査に受かれば良いわけですが、利用限度額を上げることは、それに比べて格段に難易度が上がります。

何故かというと、利用限度額は申し込み者の年齢、年収、家族構成、勤続年数、信用情報などを総合的に判断して決定される事項です。

総合的に判断した結果ですから、それ以上に融資金額を上げることは、返済が滞るリスクが高くなるということになります。

ですから、融資限度額上げるタイミングというのはかなり限られてくるということになります。

  • 融資限度額を上げるタイミング
  • 契約時よりも年収が上がっている
  • 契約をしてから何度か取引を行っている
  • 契約をしてから1年以上経過している
  • 利用限度額の増額の案内が来ている
  • マイホームを購入できた など

まず、限度額を上げるためには申請をしなければなりません。電話や会員ページから所定の手続きを行ってください。

金融会社から限度額の増額できますといった趣旨の連絡が来る場合がありますが、その際は問題なく増額が可能です。

何より、ローンというものは「信用」であることを忘れてはいけません。

契約してもまったく取引をしていない状態では、はたして信用できるのか?ということになります。

また、契約して数ヶ月で増額の申請をしたところで、そこまでの信用はないと思った方が良いです。

このような条件が整っていた場合でも、取引の際に返済のし忘れがあってはいけません。返済が滞ることは一番信用をなくす行為です。

借り過ぎを抑えるために限度額を下げることも心得ておく

先程とは逆ですが、こちらの場合は比較的簡単に申請が通るといってもいいでしょう。会員ページや電話連絡などで、済ますこともできます。

利用可能限度額が少ないということのメリットは「借り過ぎから身を守る」ことです。

返済が滞ってしまうということは信用情報というものに悪影響を与えます。自分の身の丈を知って、高すぎる限度額であれば下げることも大切です。

限度額のスリム化は他のローンにも影響が出てくる

必要以上の利用限度額は下げておくと、各種ローンに影響が出てきます。

あなたがカードローンを契約したという情報は信用情報に記録されます。当然、利用可能限度額も記録されます。

あまりにも高額な限度額であった場合は、住宅ローンの審査などにも影響が出る可能性があります。限度額内であれば、すぐに借入をすることができると判断されるからです。

利用可能限度額も、スリムにしておくと良いでしょう。

限度額を下げたことによるデメリットも知っておく

一度下げた利用限度額を、もう一度上げたい場合はそう簡単には行きません。

何故なら、今まではこの利用限度額で大丈夫だったのに、急にお金が必要になったのではないか?と判断されてしまうからです。

返済のリスクを考えた場合に、容易に増額というわけにはいかないのです。限度額の減額については、メリットとデメリットをしっかりと頭に入れたうえで、申請しましょう。

限度額を増額申請することのリスク

先程も述べたように、ローンは信用で成り立っています。申請者の状況によっては、増額申請を行っても希望通りにはいかないどころか、減額のリスクもあります。

  • 契約時よりも年収が格段に下がった
  • 他社からの借り入れが増えた
  • 金融事故を起こしてしまった

このようなケースになってしまうと、減額、または最悪の場合利用停止となる可能性があります。

増額の申請をしたのに、利用停止になってしまったら元も子もなくなってしまいます。タイミングは慎重に見極めていきましょう。

分割払いのサービスや商品は確実に支払う

金融事故の例で、特に気を付けてほしいのが「分割払い」の未納です。

今では携帯電話やスマートフォンも分割で支払いをすることができます。利用料に機種代金が上乗せされて請求が来ます。

また、通販などでお買い物をした場合でも、手数料が無料になるなどのサービスも充実しています。

これらの支払いを忘れてしまったときに、信用情報には未納の記録が付きます。

これを数回繰り返してしまえば、悪質とみなされてしまい「金融事故」扱いとなる可能性が非常に高まります。

信用情報は、一定期間を過ぎればリセットされますが、その前に確実に支払うことが大切です。

信用はあなた自身がつくり上げていくもの

信用できない人に大切な仕事を頼みますか?1000円でも貸すことができますか?

おそらく、多くの人はそんなことはしないと思います。これはローンに限った話ではありませんね。

ローン自体は悪いものではありません。賢い利用をすることで生活に潤いが出てくることだってあります。

しかし、信用というものはちょっとしたことで崩れ落ちてしまいます。後々、不利になっていくのは悲しいことです。

お金であっても、モノであっても、借りたものは少しずつ確実に返済しましょう。何よりもあなたを守ることです。

健康な体、健全な精神があってこその融資です。ここは絶対に忘れないようにしてください。

閉じる
閉じる