カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

銀行カードローンの市場規模が縮小傾向って本当?審査は厳しくなる?

安心感のあるカードローンといえば、銀行カードローン。銀行カードローンは、都市銀行・地方銀行のみならず、ネット銀行も色々と選べて、即日融資ができることも魅力ですね。

その銀行カードローン市場が、2018年から、変化しているようです。借り入れするのが難しくなってしまうのでしょうか?審査の厳しさや限度額など、不安な点をまとめました。

銀行カードローンの市場規模が大きすぎる!?批判される“過剰融資”

2017年春頃から、銀行カードローンに批判が集まるようになりました。即日融資や安心感が売りだった銀行のカードローン市場への批判とは、いったいどういうことなのでしょうか。

「総量規制」のおかげで消費者金融会社のお客が減った

カードローンには、「銀行」と「消費者金融会社」がありますね。消費者金融会社はここ10年で市場がどんどん縮小しています。お客さんの数も、業者の数も目に見えて減っているのです。それは、2010年に貸金業法が変わり、総量規制が導入されたからです。

総量規制は、収入の3分の1までしか貸してはいけないというものです。見境なく貸し付けることを防ぐことで、返済に苦しむ人を減らすという目的です。

総量規制の他、専業主婦など収入に制限のある方への融資を規制するなど、多重債務者を減らすために様々なルールが導入されました。このことから、消費者金融会社はお客さんを選ぶことにつながり、結果としてお客さんの全体数が減ったのです。

銀行カードローンの規模が拡大

消費者金融会社には総量規制が導入されましたが、銀行は別ということになりました。

というわけで、総量規制から逃れたいお客さんは、無担保・保証人ナシで、自由な目的で借り入れできる銀行カードローンに流れたのです。

もちろん、銀行カードローンが誰彼かまわず貸し付けていたというわけではありません。しかし、高金利で手軽に借りられるカードローンは、貸し付ければ貸し付けるだけ利益を生むことになるので、結果として、どんどん市場規模が拡大されたのです。

過剰融資だと批判された理由

2015年に、銀行カードローンのお客さんは、消費者金融会社よりも多くなりました。それから、銀行カードローンに過剰融資という批判が集まるようになったのです。

景気の悪化で、他の商品の利益が上がらなくなった銀行は、売れ行きのよい銀行カードローンに力を入れざるを得なくなりました。それゆえ、過剰な宣伝や、銀行カードローンに銀行員のノルマがあるというウワサも広まるようになり、批判が高まってきました。

自己破産せざるを得ない状況に追い詰められる人も残念ながら増えたことも、社会的に批判が高まることになったのです。

銀行カードローンの市場規模が縮小・・・即日融資は難しくなるかも

このような背景から、2017年春に、銀行カードローンの市場を縮小するという方向が決定されたのです。それによって何が変わるのでしょうか。

即日融資ができなくなった

銀行側には何か法律が施行されたというわけではありませんが、自主規制という形で、銀行カードローンを変えることとなりました。まずは、即日融資の規制です。

申し込みした当日に現金を借り入れすることができるという即日融資は、申し込みの気軽さをあおることになり、返済方法など考えず気軽に借り入れする人を増やしてしまいました。

それを受け、2018年1月から、銀行カードローンは即日融資を止めると発表されたのです。

即日融資を止めるということは、審査に時間をかけるということです。これまでの銀行カードローンの審査結果は、最短当日という銀行も多かったですが、2018年からはそうもいかないようです。

審査はどんなふうに厳しくなるの?

銀行カードローンのみならず、カードローンの審査基準は消費者金融会社でも変わりません。以下が審査基準です。

  • 安定した収入がある(本人または配偶者)
  • 過度な借り入れがない
  • 自己破産や債務整理中などの問題を抱えていない

などなど、要するに、「返済する能力があるかどうか」というポイントを満たすことが重要です。

2018年からも、この審査基準に変更があるわけではありませんが、警視庁にデータを照合される案があるなど、審査を第三者機関へ広げるということにもなりそうです。そうすれば、もしかすると審査が厳しくなる可能性も出てきます。

少額融資でも収入証明書の提出が必要になる

みずほ銀行・三菱UFJ銀行・三井住友銀行の3行は、収入証明書の提出が必要な融資金額を揃って引き下げました。

以下は、収入証明書が必要な金額のまとめです。

銀行名 以前 現在
みずほ銀行 200万円 50万円
三井住友銀行 300万円 50万円
三菱UFJ銀行 100万円 50万円

消費者金融会社は、どこも50万円以上の借り入れでは収入証明書が必要なのですが、銀行もそれにならいました。

このように、少額の限度額の融資でも、きっちり収入証明書を確認することで、結果として自己破産や返済に苦しむ人を減らそうということなのです。

消費者金融会社なら借りやすいの?消費者金融会社の市場の規模は

それでは、消費者金融会社のカードローンは銀行と比較してどうなるのでしょうか。銀行の市場規模と比べると、消費者金融会社は拡大するのでしょうか。

即日融資は消費者金融会社が勝つ

銀行カードローンが今後即日融資できなくなる以上、スピードを求める人は確実に消費者金融会社のお客になることでしょう。

大手消費者金融会社では、申し込み時間によって、当日中の即日融資が可能です。以下は、各業者の即日融資可能時間です。

カードローン名 曜日 時間
アコム 平日 14時
プロミス 平日 14時50分
SMBCモビット 平日 14時50分
アイフル 平日 14時

もちろん審査に通れば、また、電話やネットでのなるべくスピーディーな申込み方法を取れば、ですが、大手消費者金融会社なら、平日の早い時間に申し込みすれば最短で当日に振込融資も可能です。

今後、銀行カードローンがどの程度審査に時間がかかることになるのか様子を見ないとわかりませんが、即日融資なら大手消費者金融会社にはどうしても負けてしまうことでしょう。

金利は銀行の方が低いけれど・・・

審査スピードのみならず、金利も重要なポイントですよね。お得に借りるには、なるべく低金利な方がよいでしょう。

金利の面でいえば、消費者金融会社は銀行カードローンに比較すると高いというイメージがあります。消費者金融会社の年間金利は18パーセントほど。一方、都市銀行カードローンの金利は15パーセントほどです。

このように、金利は銀行カードローンの方が低いのですが、実は消費者金融会社の方がお得な場合もあるのです。

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • レイクALSA

これらの消費者金融会社では、新規のお客さん限定で、30日間の無利息キャンペーンを行っているのです。ちなみに、レイクALSAのみ180日間です。

レイクALSAはもともと「レイク」という名前で新生銀行のカードローンだったのですが、新生フィナンシャル株式会社のカードローンとして再スタートしました。

長期間借りる場合は金利の低い銀行カードローンの方がお得ですが、短期間で、少額を素早く借りて返済するには、消費者金融会社の方がお得といえます。

消費者金融会社の規模は拡大するかも

スピードも、キャンペーンなどのサービスも、銀行カードローンより消費者金融会社の方がまさるとしたら、今後消費者金融会社は市場規模が拡大することは間違いなさそうですね。そういう点では、消費者金融会社の今後の規模には期待できそうです。

しかし、まだ銀行の動きがはっきりしていないこと、銀行といっても都市銀行だけではなく地方銀行やネット銀行などの幅もあります。さらに、消費者金融会社よりも銀行の方が安心感があることには変わりません。

低金利と安心感を求めるお客さんは、銀行を選ぶのは変わらないと想像できます。

これからのカードローン市場の規模はどうなる?賢く借りるには

銀行も消費者金融会社も、不景気な時代の中で高金利のカードローン商品の売上は重要視しているため、今後のサービスについては慎重に検討していることでしょう。

私たち消費者は、カードローンを、何を基準に選んだらよいのでしょうか。

審査は「我が身を護るもの」

「審査が厳しくなる」などと聞くと、こわいな、イヤだな、となんとなく感じてしまうものです。しかし、銀行カードローンの規模の縮小が、結局は自分の身を護ることに繋がるのです。

気軽に借り入れできてしまうと、返済のことを考えずに、つい目の前の現金に手を伸ばしてしまうこともあります。

厳しい審査があれば、借り入れのしすぎで返済に苦しむ可能性も減ります。

第三者の目から、自分に合った借り入れ金額を選んでもらうのが審査なのです。

そう考えれば、銀行カードローンの限度額が減ることも、収入証明書提出という面倒に感じる手続きが必要になることも、納得できるかもしれません。

中小消費者金融会社や地方銀行にも目を向ける

この記事では、大手消費者金融会社と都市銀行カードローンに関してご紹介しましたが、カードローンの市場はそれだけではありません。地域密着型の中小消費者金融会社も、地方銀行・信用金庫もあります。

中小消費者金融会社は、金利が高めで、地域密着で融資するという特徴があります。直接店舗に行って審査や契約を行うことも多い中小消費者金融会社では、即日融資はできないというイメージがあるかもしれません。

しかし、対面審査ならではで、相談に乗ってもらいやすい業者もあります。あなたのお住まいの地域に評判の良い業者がいれば、まずは相談してみるのもよいでしょう。

地方銀行や信用金庫のフリーローンも、都市銀行の方向転換を受け、なんらかの新しいサービスが始まる可能性があります。口座を持っている銀行があれば、スピーディーな融資がしやすくなります。時間のあるうちに口座を開いておいて損はないかもしれませんね。

お金の管理は自分自身にしかできない

カードローンの市場は2018年以降かなりの変化が予想されます。様々なサービスやウワサが反乱する中、何を基準にカードローンを選べばよいのでしょうか。

大手消費者金融会社でも、各銀行でも、ヤミ金業者さえ選ばなければ、あなたに最適なプランを選ぶことができるはずです。

カードローンを利用する時の失敗は、業者のためというより、お金の管理ができなくなってしまうことにあるのです。

カードローンがあるから大丈夫、と思わずに、カードローンを利用したからこそお金の管理をしっかりしないと、住宅ローンなどに比べると高金利のカードローンでは、あっという間に金利が膨らんでしまいます。

今後、どんなカードローン商品が出てこようとも、お金の管理は自分にしかできないということを念頭に置き、いざという時の安心のためにカードローンを利用することをオススメします。

閉じる
閉じる