カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

即日融資も可能!カードなしで借り入れできるカードローン一覧

カードローンといえば、カード一枚さえあればかんたんに借り入れできるフリーローンです。しかし、最近の流行はカードなし!

カードローンという名前だけ残し、より素早く便利に借り入れができるカードなしタイプのフリーローンが主流になってきています。

各社が出しているカードなしのカードローンについてまとめました。比較して、あなたに最適のカードなしカードローンを選びましょう。

カードなしカードローンの仕組み・メリットとは

カードなしタイプのカードローンとは、その名の通り、カードを使わずにお金を借りられる、使い道自由・保証人不要のローンのことです。

どんな仕組みなのか、便利な点はどこなのか、チェックしましょう。

カードなしのカードローンを借りる流れ

もともとカードローンは、その名の通り、カード一枚でコンビニのATMでも借り入れできるという便利さが売りです。カードありのカードローンを利用する流れは以下です。

  • インターネットや電話などで審査申し込み
  • 審査通過後、契約
  • カード受取(郵送や無人契約機)
  • カードを利用して借り入れや返済

基本的にはカードを受け取ってから借り入れや返済ができるようになっています。

カードの受け取り方法は、郵送と無人契約機が主流です。無人契約機がある業者の方が少ないですから、郵送がメインです。

対して、カードなしのカードローンを借りる流れは以下です。

  • インターネットや電話などで審査申し込み
  • 審査通過後、契約
  • 振込融資
  • 指定した口座が利用できるATMなどで出金

返済もネット上ですべて行います。申し込み・審査までは、カードありのカードローンと基本的に同じですが、選択肢が振込融資一点のみというところが違います。

カードなしのカードローンのメリット

それでは、カードありと比較して、どんな点が便利なのでしょうか。

  • 郵送物がないのでバレにくい
  • カードを持つ煩わしさがない
  • PCやスマホでお金の管理がしやすい

カードローンを利用していることがバレにくいというのはかなりのメリットといえるでしょう。借金という悪いイメージが未だに残るカードローンは、家族や友達にバレたくないという人も多いです。

カードが郵送されないこと、また、カードという目に見える証拠がないというのは、確かに家族にバレにくいですよね。

また、パソコンやスマホに使い慣れている方は、カードと現金でお金を管理するよりも、ネット上の方が管理しやすいという方も多いでしょう。ネット銀行の口座を持っている方は振込融資の方が慣れているかもしれませんね。

フリーローンとは違うの?カードなしのカードローンのデメリットは

カードなしのカードローンにはたくさんのメリットがあるということがわかりました。しかし、デメリットもあるのでは?と不安に思って、カードなしのカードローン利用を迷っている方もいるかもしれませんね。

使う目的が自由で借り入れできるフリーローンとの違いも、チェックしてみましょう。

フリーローンとカードなしのカードローンとの違い

フリーローンとは、住宅ローンや教育ローンのように借りたお金の使い道が決定されているローンとは別に、借りたお金の使い道が基本的に自由なローンのことです。ただ、一般的に、事業資金としては借りることができません。

対して、カードローンも使い道が自由のローンです。フリーローンとはどう違うのでしょうか。

フリーローン カードローン
目的 自由(事業資金はのぞく) 自由(事業資金はのぞく)
審査 2~3週間かかる 即日融資も可能
借りられる回数 1回 範囲の中で何回でも
金利 低め 高め

もちろん、業者によって異なりますが、このように比較してみると、違うところの方が多いのですね。もっとも異なる点は、借りられる回数です。

フリーローンは、一度に20万円という枠で借りたら、一度に20万円以内の借り入れしかできません。対して、カードローンは、20万円という枠をもらえたら、その中で何度も自由に借りたり返したりできます。

カードなしのカードローンも、その点は同じです。カードがない、使いみちフリーのローンということで、フリーローンととても似ているような感じがしますが、しっかり比較して選びましょう。

カードなしのカードローンのデメリットとは

メリットの多いカードなしのカードローンですが、デメリットはないのでしょうか。以下のようなデメリットが挙げられます。

  • ATMで好きな時間に出金ができない
  • 銀行の営業時間でないと振込してもらえない
  • 銀行の口座に履歴がすべて残る
  • インターネットに慣れていないと難しいかも
カードありのカードローンだと、ATMが営業している時間であれば、深夜でも土日祝日でも借り入れができます。一方、カードなしのカードローンでは、振込融資専用なので、銀行が営業している時間でないと振込してもらえないのが不便な点です。

また、借り入れや返済の履歴が、銀行口座にすべて残ってしまうので、通帳が見付かれば周りにバレてしまうということもあるかもしれません。

しかし、これはデメリットではなく、メリットといえる場合も。通帳を見ればこれまでの借り入れや返済が一覧でわかるということは、お金の管理がしやすいということでもありますね。

中小の消費者金融会社との違い

カードなしのフリーローンといえば、中小消費者金融会社もあります。中小消費者金融会社ではカードを利用せずに振込融資を行うことが一般的なので、カードなしのカードローンと同じサービスと思えます。

カードなしのカードローンは、大手消費者金融会社が出しています。中小消費者金融会社と大手の違いはなんなのでしょうか。

カードなし大手カードローン 中小消費者金融会社
金利の平均 最大18%ほど 最大20%ほど
審査 ネットや電話など選べる 電話・FAXが主流
借り入れ・返済 振込 振込
限度額 業者によって最大500万円ほど 50万円以下が主流

その他、中小消費者金融会社の場合は、一度借り入れしたらその枠の中で借りて返してを繰り返すことができない場合が多いです。フリーローンと同様です。

また、来店して相談しながら審査・融資してもらえるというのも、中小消費者金融会社の魅力です。即日融資も相談できる場合もあります。

カードなしで借りられる大手消費者金融カードローン一覧

カードなしのカードローンの魅力や注意点がお分かり頂けたと思います。実際にどんな業者があるのでしょうか。それぞれの長所・短所を比較してみましょう。

SMBCモビットの特徴

カードなしカードローンの先駆けといえば、SMBCモビットです。人気タレントのテレビコマーシャルでおなじみのSMBCモビットはどんなローンなのでしょうか。

  • 株式会社SMBCモビット
  • 金利:3.0%~18.0%
  • 限度額:800万円
  • 当日振込可能

平日の14時50分までに申し込み完了すれば、当日振込も可能という即日融資が魅力です。カードなしなので、インターネットですべて申し込みから借り入れ・返済まで行うことができます。

ただ、インターネットですべて完了するには、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている必要があります。すでに口座を持っている方は、当日振込も可能です。

プロミスの特徴

これもまたテレビコマーシャルでおなじみの、「プロミス」でもカードなしカードローンを利用できます。

  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社プロミス
  • 金利:4.5%~17.8%
  • 限度額:500万円
  • WEB完結も選べる

プロミスはカードありのカードローンの方が有名ですが、ウェブ完結でカードなしの借り入れもできます。インターネットですべて完了させるには、以下のいずれかの銀行口座を持っていることが条件です。

  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行

その他、地方銀行にも対応しています。詳しくはホームページをご覧ください。

また、申し込み後、ジャパンネット銀行を口座登録すれば、24時間振込融資可能なのが魅力です。お金に困った時にいつでも借り入れできるというのは安心ですよね。

オリックスカードレスVIPの特徴

低金利のカードなしカードローンを選ぶなら、オリックスカードレスVIPがオススメです。

  • オリックス・クレジット株式会社
  • 金利:1.7%~16.6%
  • 限度額:800万円
  • 郵送物あり

とにかく金利が低いことがメリットの、オリックスカードレスVIP。銀行カードローン並に金利が低い消費者金融会社は珍しいです。しかも、オリックスカードレスVIP側からは24時間365日振込可能というのがありがたいです。

ただ、オリックス・クレジット株式会社の名前入りで、郵送物が自宅に届くことには注意しましょう。

バレたくない方はその点によく気をつける必要があります。

新しくカードを申し込むことなしでカードローンが利用できる銀行

カードなしのカードローンというのとは少し違いますが、カードを新しく届けてもらうことなしでお得にカードローンを利用できる方法があります。それは、銀行のキャッシュカードにローン機能を付けてもらう方法です。

三井住友銀行カードローンでウェブ完結

銀行のカードローンといえば、安心感と低金利でおなじみです。三井住友銀行カードローンでも、ウェブ完結が可能です。

  • 三井住友銀行
  • 金利:4.0%~14.5%
  • 限度額:800万円
  • 口座があればカードレス可能

三井住友銀行の口座を持っていれば、お手持ちのキャッシュカードにローン機能を付けることができます。申し込みはインターネットからできますので、審査に通りさえすればすぐにキャッシュカードで借り入れができます。

カードなしのカードローンでも、一般的なカードローンでも、審査や申し込み方法は変わりません。

カードを受け取る煩わしさがないのがカードなしのメリットです。

みずほ銀行カードローンでもウェブ完結可能

三井住友銀行と同様に、キャッシュカードにそのままローン機能を付けられるのがみずほ銀行です。三井住友銀行とサービスはほとんど同じですが、金利など異なる部分もあります。

  • みずほ銀行
  • 金利:2.0%~14.0%
  • 限度額:800万円
  • 口座があればカードレス可能

低金利なのが魅力的ですよね。さらに、住宅ローンを利用している方は、金利を0.5パーセント引き下げるというサービスがあります。ということは、1.5%~13.5%という低金利。さらに安心です。

ネット銀行でもカードなし!

都市銀行のみならず、ネット銀行でももともと持っているキャッシュカードにカードローン機能を付けられます。

たとえば、ジャパンネット銀行カードローン。すでに持っているキャッシュカードにローン機能を付けられます。

  • ジャパンネット銀行
  • 金利:2.5%~18.0%
  • 限度額:1000万円
  • 30日間無利息キャンペーンあり

セブン銀行でも、キャッシュカードにローン機能を付けられます。ただ、ジャパンネット銀行と同様に、もともと口座を持っていない方は口座開設が必要なので、1~2週間程度利用までに時間がかかります。

  • セブン銀行
  • 金利:14.0%~15.0%
  • 限度額:10万円・30万円・50万円
  • nanacoポイントがもらえる

どの町にもあるセブンイレブンでおなじみのセブン銀行なら、nanacoポイントまでもらえるのが楽しいですね。

その他、カードをわざわざ受け取ることなしでキャッシングできるネット銀行・地方銀行も多くあります。あなたの希望の条件に合わせて、上手に活用したいですね。

閉じる
閉じる