カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローン審査で他社からの借り入れ金額はどれくらい影響する?

お金をカードローンで借りたいけど既にある会社から借り入れしている という皆さま。

「借入金額は他社からの借り入れにどれくらい影響するの?」という疑問をお持ちかと思います。借入金額はカードローンの審査通過に影響を与えます。借入金額はいくらまでなら大丈夫なのか?会社の数は関係あるのか? 申し込みの際に他社からの借り入れはバレるのか?など気になることはいくつかあるのではないでしょうか?

これらについて何も知らないまま借り入れしようとしてしまうと手間がかかったり借り入れ自体ができなくなるかもしれません。

ぜひ安全にかつ効率的に他社からの借り入れを目指しましょう。

他社からの借り入れは絶対バレる!隠さずに伝えよう

他社からの借り入れをできるだけバレれないで新たに借り入れしたいと思っているかともいられるかと思われます。

しかし他社からの借り入れは必ずばれます。実は個人のカードローンの契約の際に、金融会社は信用情報機関に個人のクレジットカードの利用記録などを登録しています。

消費者が消費者金融会社やクレジット会社に契約の申し込みをすると、返済能力の判断をするために金融会社は信用情報機関から情報を開示することができるのです。この信用情報には 借り入れ金額、借入している金融機関 申し込みの履歴などが記されています。

また初回の借り入れ申し込みや借入金額の増額を申請した際に、信用情報機関への情報問い合わせをする金融会社もあります。

虚偽申告が判明した際には以下のような処置がとられることがあります。

  • 融資が止められる
  • 一括返済の請求

また、それでも改善が見られない場合は裁判にかけられるといったことも考えられます。

絶対に虚偽の申告をしないようにしましょう。

ここでは、借り入れする際の限度額について説明します。まず消費者金融からの借り入れに関しては賃金法による総量規制により借り入れ申告者の年収の3分の1までが借り入れ限度額になっております。

総量規制

総量規制とは、個人が金融機関から借り入れできる上限額を個人の年収の3分の1までと規制したものです。
法律は、賃金業法と賃金業施行規則が関係しています。

ただ、銀行からのカードローンは法律的には限度額は規制されていません、しかし近年銀行カードローンは貸付け金額に限度額をもうける流れになってきています。銀行から借り入れする場合もおおむね年収の3分の1から2分の1が借り入れ限度額と考えてよいでしょう。

まとめると(現在借り入れしている金額の総額)+(これから借入する金額) が年収の3分の1以内かどうかを目安に考えるとよいでしょう。この目安はあくまで、金融会社側のもうけた借入の限度額です。ご自身の経済状況を考えて無計画に借り入れすることは控えてくださいね。

融資を受ける際はできれば最初はあまり大きな金額ではない融資からはじめてみたほうがよいでしょう。

限度額以外に審査に影響する要因

他社借り入れの申告には融資を受ける金額以外も重要になってきます。

借り入れ件数

他社からの借り入れにおいては借り入れ金額のほかに借り入れしている会社の件数も大事になってきます。他社が1件程度なら問題ありません。

しかし2件すでに他社から借り入れしているようですと、3件目の借り入れをする際には既に借り入れしている返済の状況などがチェックされます。返済状況が悪いようですと融資を受けられない場合もあります。4件目、5件目となっていくにつれ新たに借り入れするのは厳しくなっていきます。

他社からの借り入れが5件目になると返済状況にかかわらず融資は受けられないと考えてよいでしょう。

返済の遅延

また、借り入れの延滞も他社からの借り入れの際にマイナスの要因になります。放置したまま延滞していると返済能力の有無を疑われるからです。

特に他社からの借り入れの新規申し込みとなるとそれまでの返済の遅延に関する事情も考慮されないので気をつけてください。もし、現状で遅延状況にあるのであれば、返済してから他社からの借り入れを申し込むのがいいでしょう。

一般には既に借り入れを3か月以上延滞しているかどうかが融資に影響を与えるとされています。

他社借り入れをする金融機関

他社借り入れの際には銀行カードローン・消費者金融のどちらに申し込むかによって申告の必要の有無が変わってきます。

申し込み先と借入先による申告必要の有無の比較です。

他社借り入れ先 銀行カードローンへの申し込み 消費者金融への申し込み
銀行カードローン 申告の必要あり 申告の必要なし
消費者金融 申告の必要あり 申告の必要あり

銀行カードローンか消費者金融のどちらかに申し込むかによって、申告するべきカードローンの種類は変わってきます。

前述のように銀行はカードローンの借り入れの際には融資の基準を厳しくする方向にあります。ですので、銀行からの借り入れ申告の際には他社からの借り入れ状況を細かくチェックされることは覚悟しましょう。

もちろん、チェックを厳しくするのは銀行自身が融資したにもかかわらず返済されずに損害を被るのを避けるためではあります。いいかえると申告する皆さまにとって返済できず債務に苦しむ状況をできるだけ回避しようとしているといえます。
(ですので、決して銀行からの借り入れを否定しているわけではありませんよ。)

他社借りれ審査に通過するために

以上から、他社借り入れの審査通貨に必要な条件を振り返りましょう。

  • 他社借り入れの際には虚偽の申告はしないこと
  • 借入金額は年収の3分の1におさまるようにする
  • 借り入れする会社は2,3件までにとどめる
  • 返済の遅延はほどほどに。目安は3か月以内の延滞

上記の点に気を付け、他社からの借り入れをお考え下さい。

くれぐれも多重債務に陥らないよう、少額からの融資を試して自身の返済能力を考えながら他社借り入れをしましょうね。

閉じる
閉じる