カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンなら日曜日も申し込みOK!おすすめは消費者金融

急にお金が必要になったのが休日だった!なんてことありませんか?または休みの日が日曜日だけ、という方もいらっしゃると思います。

日曜日は世間で言う休日で、銀行などは休業日です。そんな時でもカードローンを持っていれば、休日も関係なくATMから借入れができます。

新規の方は、借入れまでの手順を紹介しますので参考にしてみて下さい。

日曜日に借入れするなら

日曜日の休日の借入れにも対応しているのは、主に消費者金融のカードローンです。

カードローンはその名の通り、ローンカードを使ってATMからお金を借入れします。

なので新規の場合、

申込み

審査

カード発行

借入れ

まで、一連の手続きが必要になります。

即日借入れを希望する場合は、申し込みからカード発行まで可能な自動契約機を使うと早くて手間がありません。

自動契約機を扱っているのは、一部の銀行と、大手消費者金融になります。

中小の消費者金融ですと「セントラル」という会社が自動契約機を15台扱っています。

愛媛県に本社を置く会社ですが、全国からの申込みに対応していますので、銀行や大手消費者金融での審査に自信がない…という方は検討してみてもいいかもしれません。

銀行は

・三菱UFJ銀行

・三井住友銀行」

・新生銀行

の3行が自動契約機を扱っています。

大手消費者金融はテレビCMで一度は耳にしたことのある

・アイフル

・アコム

・プロミス

・SMBCモビット

などが挙げられます。

自動契約機の営業時間

申込みはインターネットが主流になっていて、ほとんどの会社が24時間365日受け付けています。

しかし即日借入れをするには、自動契約機の営業時間内に審査を済ませ、ローンカードを受け取る必要があります。

遅くまで営業している自動契約機ですが、審査の時間は最低でも30分はかかります。

なので即日借入れを希望される方は、営業終了時間の1時間前には申込みをする必要があります。余裕を持って借入れをするなら、午前中に申込みをするといいと思います。

また、先ほど紹介した銀行3行の自動契約機は申込み・審査まではできますが、融資は翌営業日になります。日曜日に即日融資はできないのでご注意ください。

上記で紹介した銀行と消費者金融の営業時間は以下の通りです。

【銀行/自動契約機】

三菱UFJ銀行 平日:9時~20時
土曜日・祝日:10時~18時
日曜日:10時~17時
三井住友銀行 9時~21時(店舗により営業時間が異なる)
新生銀行 平日:8時~24時
土曜日:8時~24時
日曜日・休日:8時~22時
(毎月 第3日曜日は、8時~19時)

【消費者金融/自動契約機】

アイフル 1~800万円まで9時~22時(一部店舗は21時迄)

アコム 8時~22時
プロミス 9時~22時(一部店舗は21時迄)
SMBCモビット 9時~21時(自動契約機により異なる)

消費者金融ですと土日関係なく営業しているため、営業時間中であれば、審査から借入れまで早ければ即日で終わらせることができます。

すでにローンカードを持っているという方は、ATMからいつでも借入れすることができます。

大手消費者金融、銀行系カードローンは多くのATMと提携しているので限度額内であればコンビニなどのATMで借入れ可能です。

ただし日曜日は借入れに手数料がかかったり、利用できない時間帯もあるので注意しましょう。

申込み方法や審査に必要なものは?

申込みをするにはいくつか方法があります。

  • WEB申込み
  • 自動契約機
  • 電話
  • 店頭窓口

SMBCモビットのみ有人の店頭窓口がありません。

審査に必要な書類も確認しておきましょう。

  • 本人確認書類
    (運転免許証、マイナンバーカード、パスポート、健康保険証など)
  • 所得証明書
    (源泉徴収票、所得証明書、確定申告書、給与明細書など)

本人確認書類は審査の際に必ず必要になりますが、所得証明書は会社によって提出の条件が異なります。

「希望融資限度額が50万円を超える場合」や、いくら借りるとしても必ず提出という会社もあります。

日曜日は市役所などの行政機関が休みなので、源泉徴収票か給与明細(2~3ヵ月分を求められる)を準備する必要があります。

申込みの手順

申込みの手順は以下の通りです。

①WEB、電話で申込み(自動契約機の場合は①~③まで契約機内で行います)

②審査

③審査通過後、自動契約機でローンカード発行、もしくは振込みキャッシングで借入れ

一番手軽なのはWEB申込みです。スマートフォンからでも申込みができますので、外出先からでもOKです。

店頭窓口での申込みはカード発行まで一括してできて、スタッフに相談しながら進められるメリットもありますが、営業店舗は都市部に集中しているため利用できる方は限られてきます。

また審査の際に「在籍確認」があります。在籍確認とは、申込みの時に記載した職場に本当に在籍しているか、電話で確認することです。

日曜日は休日という会社の方は在籍確認が取れないので、そこで審査が止まってしまうことがあります。

その日のうちに借入れをしたい時には注意しましょう。

とはいえ、在籍確認は後日行うということで融資を進めてくれたり、限度額を下げれば融資してくれる所もあるので、申込みのときに相談してみましょう。

最短でその日のうちに融資!お金の受け取り方法

審査通過後のお金の受け取りの方法は、自動契約機でローンカードを発行しATMで借入れをするか、指定口座に振込みをしてもらうか、どちらかになります。

WEBで審査を済ませていれば、自動契約機で必要書類を提出し、ローンカードを発行して、一緒に設置されているATMやコンビニのATMからお金を引き出すことが出来ます。

指定口座に振り込みをしてもらう振込みキャッシングですが、日曜日は銀行が営業していないため、振込みキャッシングに対応できる口座は、大手消費者金融と提携しているごく一部の銀行口座になります。
アコム 楽天銀行
プロミス ジャパンネット銀行
三井住友銀行

上記の口座を持っている方はインターネットバンキングを通して振込みキャッシングが可能です。

これならカード発行も、ATMに行って借入れする必要もありませんので便利ですね。

借入れ先を選ぶポイント

最後に借入れ先を選ぶポイントです。

〇初めての借入れ

〇すぐにお金が必要

〇返済のあてがあり、1ヵ月以内に返済できそう

●金利は低い方がいい

●即日借入れでなくても良い

●長期の借入れになりそう

「〇」が多く当てはまった方は、消費者金融で借入れをするのがおすすめです。

銀行系カードローンに比べると金利はやや高くなりますが、審査はそこまで厳しくなく、即日融資できる可能性が高いです。

また、条件により30日間利息が無料になるサービスなどもあるので、事前に内容を確認して申し込むといいでしょう。

「●」が多く当てはまった方は、銀行系カードローンを利用するのがおすすめです。

休日の申し込みですと即日融資はできませんが、消費者金融と比較すると金利の設定は低めなので、長期の借入れや大きな金額の借入れを希望する場合は、長い目で見ると利息が大きく変わってきます。

どちらにしても、ご自身の状況に合わせ、必要な金額だけ借りるようにしましょう。

閉じる
閉じる