カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

即日カードローン希望!今すぐお金が必要な場合のおすすめ戦略

突然の出費で直ぐにお金が欲しい。という場面は誰にでもあると思います。そこで、今回は普段からどのような準備をしてれば、できるだけ早くお金が借りれるか?という事を考えてみたいと思います。

一般に「即日融資」とよばれるカードローンのサービスにも、各社の定める必要な手続きがあり、それらには手続きに必要な時間が存在します。ですので、絶対に即日でローンを組めると断言することはできません。

とはいえ、手続きである以上、正しい準備と手順を踏まえれば、各社が広告するような素早いお金の借り入れが実現する可能性は高くなります。

そこで、今回はそれらに必要な準備や知識についてご紹介したいと思います。

全銀協系カードローンとJFSA系カードローンの違い

カードローンには大きく分けて二つの系統があります。

一つは全銀協に加入している銀行が運営しているもの。もう一つが日本貸金業協会(JFSA)に加入している会社が運営しているものです。

この内、全銀協は2018年1月4日以降、警察庁のデータベースに借り主の氏名や生年月日を問い合わせて、暴力団組員かどうかの確認を行うように成りました。その関係で手続きを申し込み日当日で完結する事が困難になっているようです。社会の安全のためには必要な事なのでしょう。

一方、JFSAに加入している貸金業者のカードローンならば、状況さえなんとかなれば即日融資の可能性もあるようです。そこで、その状況を何とかする為に必要な準備について書きたいと思います。

書類などの事前準備

まず、顔写真付きの本人確認ができる書類が必要です。

これは、運転免許証が該当します。ただ、国民全員が運転免許証を持っているわけではないので、それ以外のモノでも代用は可能だったりします。主なものとしては、パスポートや健康保険証となります。


なお、会社によってはマイナンバーカード(個人番号カード)が使える会社もありますが、使えない会社もあるという事は忘れないでください。ちなみに、マイナンバーの取扱は2018年現在、非常に難しいものと成っていて、多くの会社が顧客のマイナンバーを取得する事そのものを忌避する傾向にあります。

さらに、顔写真付きの本人確認書類が無かったり、書類の住所と現住所が違う場合は、追加で「住民票」や「公共料金の領収書(半年以内)」、「納税証明書」などの生活が確認できる書類が必要になる場合も有ります。この辺りの決まりも各社で詳細が違う場合が多いです。ですので、予め利用予定の会社のホームページなりコールセンターで確認しておくと良いです。

また、申し込むローン会社での利用金額が50万円を超える場合や、複数の会社を含めた借り入れ総額が100万円を超える場合は、収入証明書が必要になるのも一般的な話です。これに関しては貸金業法が関わっているので、この事例で収入証明書を要求してこない会社については詳しく理由を調べるなり、信用できる人に聞くなりした方が良いかもしれません。

即日でローンを組む条件と締め切り時間の確認


だいたいのカードローン会社には、コールセンターがあります。ただ、電話は繋がりにくいでしょうし、その日の午後に掛けても手続きが終わらずに借り入れ時期が日をまたぐ可能性が高いです。

即日融資ないしは短時間での融資を謳い文句にしている殆どの会社は、午前中に手続きを終えれば、その日のうちに借り入れる事ができるようですが、確実を期するならばコールセンターや窓口で「急いでいる」事を伝えて、手続きの段取りを教えて貰うと良いでしょう。その時に、実質的に締め切りとなる時間も聞けると思います。

また、休日明けの営業日や月曜日などの日は、混雑が予想されます。混雑する日を避けて手続きするのも一つの工夫です。

在籍確認が必要(日中営業時間内)

カードローン会社は、借り主の勤務先に在籍確認を行います。

その為、ご自身の勤務先の営業時間中に手続きを行わないと、カードローン会社はこの在籍確認手続きをその場で完結する事ができなくなります。その為、即日で融資を受けれる可能性を高めたい場合は、ご自身の勤め先の営業日の午前中に、手続きを行うのが良いでしょう。

なお、この在籍確認は必ずしもカードローン会社が社名を名乗る必要のあるものではありません。多くの会社が社名ではなく、担当者名で電話をして、さりげない会話から在籍事実を確認するのが一般的です。ただし、物事には絶対はないですし、その辺りの匙加減も最終的には担当の方と電話で応対する勤務先の受電者によるやり取りに依存する事になります。

ですので、どうしても身バレを避けたい時は、店頭窓口やコールセンターを使って、極力バレないようにしてくれるように、カードローン会社に依頼すべきでしょう。また、ご自身の勤務先の電話番の方が把握できているのなら、その方にご協力を願うという手もあります。他にも、自身が電話番をして、指定した時間に在籍確認をしてもらう手もありますが、そのような手段で当日に手続きを完結するには、よほどのスケジュール管理が必要かもしれません。

ちなみに、場合によっては、勤務を証明する書類を提出する事で、在籍確認の代わりとする事が可能な時もあります。この辺りもカードローン会社の担当者との相談になると思います。

収入証明書

書類の事前準備の際に触れたように、収入証明書が必要になる場合があります。では、収入を証明する書類とは何でしょうか?

一般的には以下のものを指します。

  • 源泉徴収票(最新年度のもので、本人のフルネームと年収額、勤務先が明記されているもの)
  • 給与明細(直近年月のもので本人のフルネームと支給総額、勤務先が明記されているもの。なお、直近二ヶ月分を求められる場合もあるので直近二ヶ月分を用意しておくのが無難です)
  • 市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもので本人のフルネームと収入金額・所得金額、および発行日と発行元が明記されているもの)
  • 所得証明書(最新年度のもので本人のフルネームと収入金額・所得金額、および発行日と発行元が明記されているもの)
  • 確定申告書(最新年度のもので本人のフルネームと収入金額・所得金額が明記されているもの。さらに、税務署の受付印ないしは税理士名があるもの。電子申告の場合は税務署の受付日時の記載が必要。)

全ての書類に言えることですが、個人番号(マイナンバー)や基礎年金番号が目視できる書類は、該当箇所を見えないように加工しておく必要がある場合が多いです。個人情報保護関連の規制が緩和されるまでは、利用予定の会社に黒く塗りつぶしておく必要があるか確認を取りましょう。

またどちらにせよ、会社ごとに同じ書類でも細かな規定の違いがあるので、予め各社のホームページやコールセンターなどで規定を確認しておくと良いでしょう。

記入漏れ、記入ミスに気をつける

当然ながら、カードローン会社に提出する書類に不備があったり、不鮮明な部分があると、手続きが滞るばかりか、再提出を求められることになります。ネット上で手続きするにせよ、窓口で紙媒体の書類を使って手続きするにせよ、記入漏れ、記入ミスには気をつけて、正確な情報を記入してください。

以上が、即日でカードローンを組むためのオススメ戦略です。

手続きを手早く済ませるには、日頃からの準備と正確な書類作成こそが、最大の武器だと思います。


そして、即日を目指して申し込む以上は午前中の朝駆けあるのみです。

閉じる
閉じる