カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

旦那に内緒でカードローンを利用する方法。注意点とバレたときの対応

専業主婦の方は、家計をやりくりしている方も多いと思います。しかし中にはお金に困ってしまうケースもあることでしょう。しかしそれを旦那に言えないという場合などもあるかもしれません。

そういった場合に、専業主婦の方が旦那に内緒でカードローンを利用したいと考えることもあるものです。そこで今回は、旦那に内緒でお金を借りることができるのか等について探っていきます。

まずはこの点!旦那に内緒で借りる方法や借りられる理由について

まずは、旦那に内緒でお金を借りるにはどんな方法があるのか、どうして内緒で借りられるのかに迫ってみましょう。

ネットから申し込むと誰にも見られない!

申し込みについては、パソコンやスマホを使うと誰にも見られませんのでおすすめでしょう。

審査に関しては本人確認がありますが、その際には銀行名や個人名を名乗ります。カードローンの名称は言わないということです。それに、申し込み時に携帯電話を連絡先に指定しておけば、他の人が出る可能性がなくなります。

もしご家族が電話をとっても、カードローンの件であることは伏せてくれるのです。されに旦那の会社に在籍確認をすることもないと考えられます。

自動契約機だとカードが郵送されない!

審査の結果が通知されたら、自動契約機に行けばカード受け取りまで直ぐにできるでしょう。

自動契約機だと契約書の控えあるいはカードが自宅に送られてくることもありません。

郵送されて家族にバレたくないという方に、適しています。ただ郵送であってもカードローンの名称などは書かれていません。カードを受け取るまでに時間は要しますが、郵送でも安心と言えます。

発行されたカードでATMから引き出すことになる!

借入金は発行になったカードでATMから引き出せます。

また、自身の口座への振り込みも可能です。借り入れる時は自分の口座からお金を引き出しているのと同等ですし、バレないでしょう。例え、引き出す時に家族も同行していたとしても、気付くことはないということです。

旦那に内緒で借りるなら!必要書類にも注意しよう

旦那に知られることなくお金を借りたいなら、必要書類にも気を付けることが大事です。それはどういった点なのでしょうか。

本人確認書類は必要ない銀行カードローンもある

本人確認書類は、その人を確認するための身分証明書であり運転免許証や健康保険証などが該当します。

カードローン契約者本人のもののため、用意にも手間がかからないと思われるでしょう。

銀行のカードローンには、本人確認書類が必要ないというタイプが中にはある点も覚えておくのがポイントです。

50万円以下を借りるなら収入証明書の用意は要らないと考えられる

カードローンの審査では、収入証明書が必要になるケースがあります。内容は源泉徴収票もしくは納税証明書などになるものの、旦那のものを本人に隠して用意するのは困難かもしれません。

とは言え、収入証明書は必須というわけではないのです。銀行と消費者金融では大差はありますが、50万円以下であれば収入証明書を求められることはほぼないと考えられます。

同意書は必要になるケースもあることを知っておこう

自身に収入のない専業主婦がカードローンに申し込むとしたら、配偶者の同意が必要になるケースもあります。

これならば、旦那に黙って利用することは不可能でしょう。同意書を偽ることもいけません。よって、同意書が必要ないカードローンを選ぶのが賢明となります。

これは大変!どういう原因で旦那にカードローンがバレてしまうのか

旦那にカードローンをバレたくないという場合に備えて、どういった原因でバレてしまうのかを知っておきましょう。

自動契約機などはバレてしまう危険性がある

カードローンでは、多くの商品において無人契約機などを設置しています。その小さな部屋で機械を使いお金を借りられるのです。大変便利で手軽ではありますが、デメリットとしてとても多くの人に見られる危険性があるという点があります。

自動契約機や消費者金融では、そこに入ったという時点でカードローンを利用しているというのが丸わかりになってしまうでしょう。

何としてでもカードローン利用を秘密にしたいのなら、インターネットで申し込むのが得策です。

対策としてスマホなどネット環境があれば、誰にも知られずにお金が借りられます。

意思確認の電話がかかってきて近くに旦那がいた

カードローンに申し込めば、一般的には業者の担当者から本人に借りる意思を確認する連絡がきます。連絡方法は電話もしくはメール、ネットでの確認などが当てはまるのです。ただ、電話での連絡の場合には注意が必要になります。

多くは申し込んだ本人の携帯電話にかかってくると考えられますが、例えば電話がかかってきた時に近くに旦那などがいたとすれば、バレる心配があるのです。

もしかしたら生年月日などを口で言うこともあり得るので、「なんだろう?」と周囲に思われてしまいかねません。申し込み後の確認連絡は直ちに行われると考えられます。遅くなったとしても、その日のうちにはかかってくるでしょう。

深夜に申し込んだなら翌営業日となりますが、自身のみが電話をとれるようにスタンバイしておくことが大事です。

審査の回答や追加借り入れの時などにバレる可能性あり

カードローンに申し込めば、審査がなされその回答の連絡を受け取ることになります。この連絡も、電話やメール、ネット上など様々な方法があるのです。申し込みの確認での連絡と同様に、電話を受けるならその際に旦那などが傍にいないように気を付ける必要があります。

また、カードローンを使い始めると日常的な利用はカードを使い提携ATMで入出金をするものです。提携ATMを使っているだけでは、何のために使っているかはわからないかもしれません。

しかし、ローン用のカードを知っている人に使っているカードを見られてしまうと、バレる可能性はあります。それならば、銀行振り込みで融資をしてもらえば、自分の口座に直に振り込んでもらえます。
     

旦那に黙ってお金を借りたいなら十分な注意が必要!

ネットから申し込むと、誰にもバレることはないでしょう。また自動契約機を利用すればカードが郵送されてくることもありませんので、バレる確率は低くなります。また、専業主婦の方がカードローンを申し込む場合は、配偶者の方の同意書が必要になる場合があるというのを、覚えておくのが大事です。

閉じる
閉じる