カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンとオートローンどっちが良い?車の購入資金を借りたい場合

自動車を購入する場合ローンを利用する人は多く、これまでは目的別ローンにあるオートローンを利用するのが普通でしたが、最近では借りやすいフリーローンの1つであるカードローンを利用する人もいます。

ただし、カードローンの場合貸出限度額はかなり高額になってきてはいますが、通常申込んだばかりの場合には、それほど高額な融資は利用できないため、自動車購入のためにはかなりの自己資金も必要です。

金利を考えた場合、やはりオートローンを利用した方がお得な為、自分の返済能力での審査通過が難しい場合には、しっかりした返済能力を持っていて審査通過が確実な保証人を用意して申込む事も考えましょう。

自動車を買うためのローンとは?通常はオートローンを利用する!

自動車購入に利用できるローンとしては目的別ローンであるオートローンか目的を選ばないカードローンを含むフリーローンということになります。

通常は金利も有利にできているオートローンの利用を考えますが、このオートローンにもいくつかあり、審査に通過できるものを選ばなければなりません。

ただし、銀行のオートローンというのは他のオートローンに比べ金利的には有利な借り入れができますが、審査が厳しく、特に近年では徐々に厳しさが増していると言われ、申込みには注意しなければなりません。

自動車購入に利用できるローンはオートローンとフリーローン

自動車は住宅ほどではないですが、普通の人にとってはかなり高額の買い物になります。

このため現金で買える人というのはそう多くはなく、多くはローンを利用して購入するはずです。

自動車を購入する場合には利用できるローンには次のようなものが有ります。

  • オートローン
  • カードローンを含むフリーローン

オートローンというのは金融機関によっては自動車ローンとも呼ばれ、銀行では目的別ローンの1つとして用意されているものです。

これに対してフリーローンというのは、特に利用目的が限定されておらず、原則としては何に利用しても構わないというローンです。

ですから例えばフリーローンの一つであるカードローンを利用して自動車を買うことも可能な訳です。

まずはオートローンの利用を考えよう!ロートローンの種類とは?

ではどちらを利用すればよいのかと言えば、まずは自動車購入のために用意されているオートローンの利用を考えるべきでしょう。

オートローンには次のような種類があります。

オートローン 金利
銀行のオートローン 2~3%程度
信販会社のオートローン 7~10%程度
販売店やディーラーと信販会社の提携ローン 7~10%程度

金利から考えれば銀行のオートローンが最もお得ということになります。

銀行のオートローンの審査は厳しくなりつつある

ここで金融取引の鉄則を説明しておきます。それは信用が高ければ高いほど金利は低くなり、逆に信用が低いほど金利が高くなるというものです。

これは別の言い方をすれば審査が厳しいほど低い金利で借りることができ、審査が緩くあればそれに合わせて金利は上がるということです。

そこでオートローンの金利を考えてみると銀行が最も低いですから、それに見合う信用が要求されるということになり、審査は厳しいということです。

しかも最近の傾向としては徐々に審査は厳しくなっていると言われ、自動車を購入する場合も高い信用が要求され、なかなか審査に通過するのが難しくなっています。

ですから自分は大丈夫だと考えられなければ、他のローンの利用を考えたほうが無難と言えるかもしれません。

~目的別ローンとは~
目的別ローンというのは、目的を決めてそのためにしか融資されたお金は利用できないものを言い、通常は銀行の方から直接支払いを立て替えるという形で融資が行われます。

ですから利用者が直接お金を手にするということではなく、立て替えてもらったお金を翌月以降返済する形になります。

カードローンで自動車を購入できるか?高額な借入れは難しい!

オートローンの利用が難しいという場合にはカードローンなどのフリーローンを利用することになります。

カードローンの場合金融機関にもよりますが大手金融機関の場合上限は500万円から800万円程度です。

しかし多くの場合、上限まで借りられる人というのはごく一部の人に限られていて、申込直後ということになると、10万円台という場合も珍しいことではなく、金利も高めに設定されてしまいます。

このため、カードローンで自動車の購入を考えている場合には、とても全額融資で賄うことはできませんから、相当額の自己資金を用意しなければならなくなるでしょう。

カードローンで借入れが可能な金額とは?

もしオートローンの借入れが難しいという場合には、残るはフリーローンの利用ということになりますが、最近ではカードローンが有るので、比較的簡単に利用することができます。

ではカードローンというのはどのくらい借りられるのでしょうか。

大手金融機関のカードローンの貸出限度額は少ない場合で500万円、多い場合で800万円程度ですから、これだけ見れば自動車購入には十分です。

しかしカードローンというのは誰もが貸出限度額まで融資を受けられるわけではありません。

各利用者の利用限度額と適用金利は審査で信用評価を行ったうえで決定されます。

このため上限まで融資されるのは信用的に最も高評価が受けられるごく一部の人に限られてしまいます。

申込んですぐというような人になると、まだ金融機関とのおつきあいも短く信用評価は最も低い部類に入り、融資される金額は最高でも30万円程度、多くの場合には10万円台と言うのが普通です。

多くの場合には金利も高め

そして気になる適用金利ですが、カードローンの場合には金利には次のような幅が有ります。

カードローン 金利
銀行のカードローン 2%程度~14%台
消費者金融のカードローン 3%程度~18%

2%や3%ならオートローンと同じ程度で借りられるじゃないかと考えてしまうかもしれませんが、こういった金利で借りられるのは、やはり信用の高いごく一部の人なのです。

始めて借入れするという場合には設定される利用限度額にもよりますが、最高金利になると考えておいてください。

つまり銀行の場合は14%台、消費者金融の場合で18%ということになるので、オートローンよりもかなり高金利で利用することになり、あまり安易にカードローンの利用を考えるのは止めましょう。

カードローンを利用する場合にはかなりの自己資金の準備が必要

説明を読めば分かったと思いますが、カードローンで借入れできる金額というのは一部の人を除いて、残念ながら自動車が購入できるほど高額ではありません。

このため足りない分は自己資金として用意する必要があり、まずは貯蓄をしてお金を貯めなければ、自動車は購入できないということになります。

もちろん、さらに別のカードローンを借りるという方法も有りますが、その場合借入れが複数平行するので返済も複数になり、かなり厳しくなってしまって、場合によっては返済に行き詰ることも考えられます。

したがって、時間はかかりますが、足りない分は自己資金として用意する方が無難でしょう。

~消費者金融のカードローンには法的な融資限度額が有る~
本文では触れていませんが、消費者金融のカードローンの場合貸金業法の総量規制というものが適用されます。

この総量規制は融資できる金額を年収にリンクさせるもので、原則としては全社合わせて年収の3分の1までしか融資ができません。つまり年収300万円で100万円まで借入れできるということです。

ただし年収が少ない場合には1社あたり50万円まで全社合わせて100万円までは融資できることになっており、消費者金融はこの範囲内で融資を行います。

例えば自動車購入のために200万円の融資を希望するのであれば少なくとも600万円の年収が無ければならないということです。

返済能力が足りない時は保証人を付ける!未成年でも借入の可能性あり

説明したようにオートローンはカードローンに比べ金利が低いですから、その分審査は厳しくなると予想されます。

このためカードローンであれば大勢の人が利用できますが、オートローンの場合利用できる人はその分絞られてしまいます。

またオートローンの場合人にもよりますが借入額が高額化するので、その分問われることになる返済能力も大きくなることになり、この点でもカードローンの審査とは違います。

このため、もし自分にはオートローンの審査の通過は難しいと判断した場合には、いざという時には自分に代わって返済してくれる保証人を探してみましょう。保証人がいれば審査通過の可能性が出てきます。

また、もし申込者が未成年であっても保証人がいれば融資が利用できる場合もあるのです。

オートローンの審査はカードローンよりも厳しい

先程説明したようにローンというのは金利が低いほど審査は厳しくなります。

そこでオートローンとカードローンの金利を思い出してみてください。カードローンは最高金利が適用になるとすると、オートローンの金利のほうがかなり低いはずです。

したがって審査の難易度を考えた場合、オートローンのほうが厳しいと考えられます。

ですから、オートローンを利用したいけれども審査に通るのは難しいというような人は多いと考えられます。

高額融資の利用になるので高い返済能力が問われる

また自動車購入ということですから借入額はかなりの高額になるはずです。

したがって、当然ですが金融機関はそれだけのお金を貸したら、そのお金とさらに利息分を加えて返済できるだけの返済能力を持っていることを融資の条件にします。

つまり返済能力についても厳しく問われることになります。

このためオートローンの審査に通過するためには、低金利に見合う信用と、高額返済が可能な返済能力の両方が備わっていなければならないということです。

そう考えてくると、収入が少なく、まだ金融機関とのおつきあいも短い若い人ほど審査は厳しく、利用できない可能性も大きくなると考えることができます。

自分の返済能力が低い場合には保証人を付けるという方法がある

では、こういったオートローンが借りられない人というのはどうしたらよいのでしょう。こういった人の場合カードローンという手段も有りますが、先ほど説明したように高額融資は望み薄です。

しかし一つだけ方法があるのです。それは保証人を付けることです。

最近のローンの多くは信用保証技術が進歩したことから、無担保、保証人無しで借入れできるものが殆どですが、以前は担保や保証人を用意しなければ借りられませんでした。

そういった元々のローンの形というものは現在でも残っている場合があり、銀行のオートローンには殆どありませんが、提携ローンなどには保証人を付けることができるものが有ります。

これは提携ローンの場合、自動車を売らなければ販売店やディーラーの利益にならないためです。

ですから、自分ではオートローンの利用が難しいと考えた場合には保証人を探すことから始めたほうが可能性としては高くなるでしょう。

こういったローンの場合保証人を付けられれば、たとえ申込者が未成年での審査通過の可能性があるのです。

~保証人を見つけるのは至難の業~
本文では保証人を見つければオートローンの審査通過の可能性が高まるような話をしていますが、現在では保証人の危険性が周知されてしまい、引き受けてくれるような人がいなくなってしまいました。

このため保証人探しは至難の業になり、なってくれるとすれば親兄弟などの家族だけということになってしまっています。

お金を借りずに自動車を買い続けることを考えてみよう!

自動車の価格というのは上を見ればきりは有りませんが、現実的なものを考えれば、しばらく貯蓄していれば自分で用意できない金額とは言えません。

もちろん購入できるまでには大変時間がかかりますが、自己資金であれば審査に通るか通らないかを考える必要もないので、しばらくは購入を見合わせ、まずは貯蓄に励んでみることも考えてみましょう。

自己資金で購入した後は、次の買い替え時期までに、続けて貯蓄をして、以後もこのサイクルを続けて行けば、自動車購入は常に現金で行えるようになり、ローンを利用する必要もなく大変お得です。

自動車の価格程度であれは貯蓄できないことはない

先程自動車の価格は高いという話をしましたが、よく考えれば自動車は数年おきに買い替えるのが普通です。したがってローンは概ねその間に返済を終えるはずです。

したがって、数年の間貯蓄に励めば、自動車を購入する資金程度は貯蓄できるということになります。

つまり購入時期は先に延びることになりますが、うまくすれば自動車の購入ではローンの利用をせずに自己資金だけでも購入できるわけです。

先程カードローンで自動車を購入する事を考えましたが、その時も例えば20万円借りられたとしても、残りは自己資金を用意しなければなら無い訳で、それならいっそ全額自己資金で用意したほうが良い訳です。

購入できるまで時間はかかるが自己資金を作って買う事を考えてみよう

確かに自己資金を用意するには時間が必要で、地方などで、自動車が無ければ生活できないという場合には、間に合いませんが、都市部であれば生活上は自動車を必要としないので考えてみる価値はあるでしょう。

そもそも、借入れしない訳ですから、返済する必要もありませんし、利息を支払う必要もありません。しかも貯蓄にあたって逆に利息をつけてもらうこともでき、借入れするよりも絶対にお得です。

ですから、もし急ぐ必要がないのであれば、この方法を真剣に考えてみるのも悪い選択とは言えません。

次の自動車購入時まで貯蓄すれば次の自動車も借入れなしで購入できる

さらにこの方法にはもっと良いことが有ります。この方法で現金で自動車を買ったとしましょう。その時点で貯蓄を止めるのも良いですが、ローンで買ったと考えて返済分のお金を、さらに貯蓄に回しましょう。

そうすると、次の買い替え時期を迎えるころには、また借入せずに購入できる程度の自己資金が貯まっている筈です。ですから次の自動車も借入れなしで購入ができるわけです。

そこでこのサイクルを続けていれば、一生自動車の購入のためにローンを利用する必要がなくなり、自動車についていえば大変お得な生活ができる訳です。

例えば地方から都市部の大学に入学したとして4年間アルバイト収入から貯蓄していけば、卒業する頃には、自動車を購入できる程度のお金が貯まって、お金を借りずに自動車の購入ができます。

つまり早い時期に自動車購入計画を立てることができていれば、地方でも十分ローンを使わずに自動車の購入を続けることができる可能性がある訳です。

~お金が必要な時はまず借りなくて済ませることを考えるべき~
自動車の購入もそうですが、生活上もしお金が必要になった場合、まず考えるべきは借りることではありません。どうしたら借入せずに済ませることができるかを考えるべきなのです。

そのためには自分のお金をしっかし管理することと、先々どうなるかを予想し、それに向けて計画的に必要なことを行うということが大変重要になります。

ここで自動車の購入資金借り入れにおけるオートローンとカードローンの利用可能性について纏めておきます。

  • 自動車の購入時はまずオートローンの利用の可能性を検討すべき
  • カードローンの場合は高額利用が難しく自動車購入には自己資金が必要になる
  • 返済能力が足りない時は保証人をつければオートローンが借入れできる可能性がある
  • 時間はかかるが自己資金を用意してローンを利用せずに自動車を購入したほうがお得

自動車は居住地域によっては本来必要がない場合もあるので、購入を考えている場合には本当に必要なのか再度検討してみることも必要でしょう。

閉じる
閉じる