カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンの使い方とは?申込みから返済までの流れを覚えておこう

カードローンは使いたいと思ったらすぐに使えるというものではありません。まずは申込みを行って審査に通過しなければならず、申込みも、カードローン毎に決まっている申込条件を満たさなければできません。

審査に通過した後のカードローンの使い方は、以前はその名前の通りカードを利用してATMから融資を引き出す方法だけでしたが、最近では電話やインターネット経由で銀行振込を行ってもらうこともできます。

最も重要なのは借りたお金は返すということです。カードローンによって違いますが、返済方法はいくつか用意されているので、自分が使いやすいものを選んで忘れることのないように返済してください。

カードローンは申込みを行い審査に通過しなければ使えない!

カードローンを使いたい場合、そもそもカードを発行してもらわなければなりませんから、まずは申込みを行って、カードローン用のローンカードというものを発行してもらった後でということになります。

ただし、申込みは誰でもできるというものではありません。それぞれのカードローンには申込条件が決められており、この条件を満たした人でなければ、申込んでも受け付けてもらえないのです。

申込条件を満たしていて、申込みをしたとしても、もう一つの関門である審査に通過できなければやはり利用はできません。申し込みの際には自分が審査に通過できるかよく考えてみる必要があります。

申込みから返済までの流れ

カードローンの使い方と言えば、カードを使ってATMから引き出すというイメージが有りますが、それは融資の使い方の部分だけで、そこまで行くにはまず申し込みをしなければなりません。

また借りたお金というのは返さなければなりませんから、返済もカードローンの使い方に含まれます。

そこでまずカードローンの申込みから返済までの使い方の流れを理解しておきましょう。

細かい部分はカードローンによって違いますから、それぞれ確認しなければなりませんが、概ね次のような流れで使うことになります。

申し込み

 ↓

審査

 ↓

契約

 ↓

融資の利用

 ↓

返済

したがって、カードローンを使おうと思ったら、まずは申し込みを行って、審査に通過し契約を取り交わさなければならない訳です。

申込条件を満たさなければ申込めない

では使い方の最初の段階の申込みを考えてみましょう。

申し込みならだれでもできそうですが、実はカードローンにはそれぞれ申込条件が決められており、その条件を満たしていなければ申し込むことはできません。

申込条件はカードローン毎に内容が異なっていますが、次の2点はほぼ共通しています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限は上限は65歳から70歳を中心にそれぞれ違いが有りますが、下限は20歳以上でほぼ統一されています。したがって未成年者の場合にはカードローンの利用は難しいでしょう。

また収入要件としては安定収入が有ることという表現が使われており、月々安定した収入が入ってくる人しか申し込みはできないということになります。

審査通過の条件は満たせるか?

申し込みが可能な場合には、次の関門は審査ということになります。審査はカードローンごとに決められている審査基準によって行われますが、この審査基準は公開されていません。

ただしおおまかに言ってどのような内容なのかはわかっていて、次のような内容が確認・評価されています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済能力があること
  • 申込者が信用できること

本人確認は申込時に提示される本人確認書類と、審査中に申込者の勤務先に電話で行われる在席確認で行われています。

返済能力は次の2点の評価が行われます。

  • 一定額以上の年収
  • 安定した月収

年収は200万円以上と言われた時期もありましたが、最近はデフレが進んだことから、金融機関ごとにもう少し少額でも融資できるように見直されていると思われます。

月収の安定性は職業や職種などによって、評価を行っていて、一般的に収入が不安定な職種の場合には評価が低くなります。

信用については金融機関間で利用者情報を共有している信用情報が参照されて、過去の金融取引上何らかの問題を起こしていないかどうかが確認されます。

これらの項目のどれか1つでも評価が低い場合には審査通過はできないということになります。

まずは自分が審査に通りそうかどうか考えてみてください。

~申込情報で嘘を言ってはいけない~
審査は申込書やネット上の申込フォームなどに記載する申込情報をもとに行われますが、金融機関の情報はこれだけではなく、申込情報に不審な点があれば、すぐにバレることになり審査通過は難しくなります。

したがって申込情報で嘘を言うようなことは絶対に行わないようにしてください。申込みに際して嘘を言ったという情報が後々まで残ることになります。

カードローンの融資の使い方とは?ATMだけとは限らない!

審査に通過して契約が終われば、いよいよローンカードが発行されます。

ただし窓口や自動契約機であればその場で受け取れますが、郵送の場合には受け取り時に本人確認書類の提示が必要な場合もあるので事前に確認して、必要な時は用意しておきましょう。

カードが受け取れればカードローンの利用ができるようになりますが、融資の使い方としては、従来からあるATMからの引き出しの他、電話やインターネット経由で銀行振込を依頼することも可能です。

現在でもATMで利用する人が多いですが、提携ATMなので利用した場合、利用手数料がかかってしまうことになるので、十分注意してお得な利用を心がけましょう。

ローンカードの受け取りに注意

審査に通過すれば、次は契約です。この契約が完了しなければ融資は行われません。契約は書面で行われる場合も有りますし、最近ではネット上で可能な場合も有ります。

契約が終了すればカードローンは利用可能ですが、窓口や自動契約機で申込む場合には、その場でローンカードが受け取れますが、そのほかの方法の場合には、ローンカードだけ受け取りに行くか郵送になります。

郵送の場合には、簡易書留が利用される場合が多いですが、最近では日本郵便が提供している本人限定受取郵便が利用される場合があるので事前に確認しておきましょう。

この本人限定受取郵便は受け取る時点で本人確認書類を提示して、郵便配達人が確認しなければ受け取ることができません。

この提示書類は金融機関が決めたものではなく、日本郵便が決まてものになるので、事前に日本郵便のホームページでどのような書類が利用できるのか調べて用意しておいてください。

カードローンの融資の利用方法

では実際に融資はどのように利用すれば良いでしょうか。カードローンでの融資の利用方法には次の2つが用意されています。

  • ATMでの引き出し
  • 銀行振込

以前はその名の通りローンカードを用いてATMから引き出すというのがカードローンでしたが、インターネットも発達したことから、融資を依頼して直接利用者の口座に振り込んでもらう事も可能になりました。

このためカードローンによってはローンカードを受け取る前でも、契約さえ済ませていれば、銀行振込によって融資が利用できる場合も有ります。

またそもそもローンカードが不要という場合には、カードの発行を希望せず、銀行振込だけで利用できる場合も有ります。

ATMの利用手数料には要注意

融資の利用上注意しておきたいのが利用している金融機関のATMではなく提携先のATMを利用する場合です。

この場合、金融機関間の契約次第では、利用者がATMの利用手数料を支払う必要が生じます。

ATMの利用手数料など微々たるものと感じるかもしれませんが、借りる金額や返済方式によっては、利息よりも利用手数料のほうが高かったということもありうるのです。

ですからカードローンを選ぶ際には、自分が利用するATMの場所など考慮してなるべく提携ATMを利用しなくても済むものを選びたいものです。

~即日融資利用での注意~
即日融資の場合、ローンカードの受け取りで郵送をしていてはそもそも無理なので、銀行振込を利用するか、あるいは最初から店舗に行って窓口や自動契約機を利用して申し込んだ方が無難でしょう。

重要なのは返済すること!返済方法も理解しておこう

このようにカードローンは融資の利用が大変簡単になっていて便利ですが、忘れてはいけないのは、融資というのは借りたら返すということで、返済はカードローンの使い方の中では最も重要です。

返済の方法は自動引き落としの他、何らかの方法で自分で入金したり振り込んだりすることになります。

また返済で重要になるのが、月々返済額がいくらになるのかということで、これを決めるのが返済方式です。

多くのカードローンが採用しているのが残高スライド方式で利用残高によって返済額が上下するので、自分に返済できるのか確認しておきましょう。

さらに返済が滞ってしまうと問題になってしまうので、忘れないように自分なりに思い出す仕掛けを作っておき、返済日までに入金できるようにしておくようにしましょう。

返済はどのように行うのか

融資を利用したら翌月からは返済が始まります。ローンというのは返済が完了して初めて終わるものです。

カードローンの場合には借りたり返したりが繰り返し行えますから、終わりというものは考えにくいかもしれませんが、要するに借りたものは返すということです。

そこでカードローンの返済について説明していくことにしましょう。返済方法はそれぞれのカードローンで利用できるものが決められていますが、概ね次のような方法が用意されています。

  • 自動引き落とし
  • ATMからの入金
  • 銀行振込
  • 店舗窓口

自動引き落としの場合には手間がかかりませんが、それ以外は自分で行う必要が有るので、忙しい時には面倒に感じる場合もあるかもしれません。

返済方式を理解しておくことも重要

返済で注意しなければならないのは月々いくら返済することになるのかと言ことでしょう。

その月々の返済金額を決めることになるのが返済方式で、最近では多くのカードローンが残高スライド方式という方式を採用しています。

この残高スライド方式は、利用残高を何段階かに区切って各段階毎に月々返済することになる金額が決まっているもので、この金額は月々一定で利息分と元金の返済分が含まれています。

カードローンによってはその他の返済方式も用意されているので、自分の収入と考え合わせたうえで、返済しやすい方式を選ぶことが、返済を完了させるためには大変重要になります。

返済を忘れないようにする方法とは?

返済で注意したいのは、返済するだけのお金は有るのに、返済日を忘れてしまうということが有ります。

自動引き落としを利用していれば、大丈夫と考えるかもしれませんが、引き落とし口座に十分なお金が入っていないということもあるので、結局は同じ話です。

そこで、返済日を忘れない方法を何か考えておきましょう。

たとえば原始的ですが大変有効な方法としてはカレンダーに印をつけておくのでも良いですし、何らかの行事に合わせて入金する習慣にしておくのも良い方法です。

お勧めなのは自動引き落としを利用して、給料日に引き落とし口座に入金してしまうという方法です。給料日なら忘れる人はいないでしょう。

~予め返済の可能性を計算しておこう~
本文では返済できるだけのお金が有る前提で話していますが、場合によっては、返済するためのお金が足りなくなる場合も有ります。

ですから、借入れをする前に自分の収入と収支をよく考えて、実際に月々返済していく事ができるかどうか、過去にさかのぼって実際に数字で計算して検討してみてください。

返済が難しいようなら借入れは見合わせたほうが無難です。

借り過ぎには要注意!使い方よりも使わないことを考えよう

カードローンの使い方をよく確認しておくことは重要ですが、借入れと言うのは返済時に利息を支払うという点でトータルで考えれば損失を生むものです。

ですから、借りる事ばかり考えるべきではなく、お金が必要と言う場合には、まずは借りなくて済ませるにはどうすればよいのかという点について考える習慣をつけるようにしましょう。

そのためには日頃から自分のお金というものを管理しておき、お金が足りないという場合には、どういった部分で節約が可能なのか、すぐにわかるようにしておくことが重要です。

借り入れというのはトータルでは損失

カードローンは返済できなくなると大変ですから、返済方法まで含めて使い方をよく理解しておくようにしましょう。

特にカードローンは他のローンと違い一度契約してしまえば、何度でも借入れすることができて、使っているうちに自分の口座から引き出しているような感覚に至ることも有ります。

しかしここでよく覚えておいてほしいのは、返済に当たっては決められた金利に従って計算した利息を支払う必要があるということです。

要するに返済に当たって、借りたお金を返済しただけでは済まず、利息分は余分な負担ということになる訳です。

つまりローンというのは損失を生むのです。

事業資金としてお金を借りてそれが利益を生むというのであれば、単純に損失とは言えませんが、消費者向けのカードローンというのは利用すればするほど損失が増えることを忘れないようにしましょう。

まず必要なのはどうすれば借りなくて済むかを考えるべき

そこでお金を借りたいと考えた場合には、使い方を考えるのではなくて、どうしたら借りなくて済ませることができるかを考えるようにしましょう。

カードローンの悪いところは先ほど説明したように、簡単に借りることができるために安易にATMから引き出してしまえることです。

ですから、お金が必要という場合には、まずはカードローンのことは忘れてください。

以前カードローンのようなものが無かった時代には、こういった場合まずは生活を見直して節約して乗り切っていました。

そこでお金が必要という時は、まずは自分の支出を見直して節約できる点を探しましょう。

だれでも不要不急の支出は有るものですから、その部分を削って必要なお金を捻出することを考えましょう。

十分なお金が捻出できず、結局借入れするにしても、節約できる分だけでも借入額を減らすことができるはずです。

日頃から自分のお金を管理する習慣をつけよう

そうはいっても自分がどのような支出をしているのかわからないという人もいるでしょう。しかしお金を借りようという人がそれではいけません。

お金を借りようと考える前に、まずは自分のお金の管理を行うようにしましょう。

管理と言っても自分の収入と支出を記録に残していけばよいのです。簡単に言えば家計簿をつけるということです。

もちろん最近では、そういったスマホ用のアプリなども提供されていて、いろいろな診断もできるようなものもあるので、自分の利用しやすい方法で行ってください。

~返済できなくなった時の対処方法~
もし借入れして返済できなくなってしまった場合どうすればよいのでしょうか。

まず多少時間が有れば返済できるお金は用意できるというのであれば、金融機関に連絡して相談してください。

当面返済できる見込みがない場合には、弁護士などに相談して債務整理を考える必要があるでしょう。

ここでカードローンの使い方について纏めておきます。

  • カードローンは申し込みを行って診査に通過しなければ使えない
  • カードローンの融資の利用はATMからの引き出しの他銀行振込も利用できる
  • 重要なのは借り入れではなく返済できるかということ
  • 借り過ぎないように借入れが必要と思った時はまず借りなくて済ませることを考える

カードローンは返済できなくなると、さらに別の借入先を探す人が多く多重債務者を生む原因になることもあるので利用には十分注意しましょう。

閉じる
閉じる