カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローンとクレジットカードの違いが分かる!8つの特徴

カードローンとクレジットカードは多くの方に利用されていますが、その違いを細かく理解しているかと言われると、疑問符が浮かぶと思います。

「カードローンとクレジットカード、どっちが良いんだろう?」「結局、何が違うの?」「クレジットカードを持ってるけど、カードローンって作れるの?」など、多岐に渡ります。

すると、せっかく手に入れようと思っていたのに「まぁ、今回はイイや」と考えてしまい、便利なカードを手に入れるチャンスを見送ってしまうかもしれません。

そこで、どちらのサービスが自分に合っているのか把握できるよう、メリットや注意点を踏まえ2つのカードについてお話ししていきたいと思います。

カードローンとクレジットカードの用途は明確に違います

お金を借りる事をキャッシングとも言いますが、カードローン、クレジットカード、キャッシングと用語がいくつかあって普通は混乱してしまいます。しかし、それぞれ用途を見れば、その違いが見えてきます。

カードローンとクレジットとはどう違うのか?まずは、それを明確にするところから始めていきましょう。

どう使われているのか考えれば、2つのカードの特徴が見えてきます

カードローンを利用するとき、一般的にはATMから「お金」をまずは引き出します。引き出したお金の用途は自由で、飲み会、冠婚葬祭、病院の費用や生活費など様々なシーンで使う事が出来ます。

クレジットカードはどう使われるでしょうか?食事、お買いもの、ネットでのショッピングなど主に会計時に使われます。会計時クレジットカードにて建て替え、商品を手に入れる訳です。

2つの用途をみると、カードローンとクレジットカードとは以下のようにまとめる事が出来ます。

●カードローンとは、お金を借りるサービス
●クレジットカードとは、購入商品の建て替えをしてくれるサービス

つまり、「借りる」か「建て替え」なのかが、カードローンとクレジットカードの違いだと言える訳です。

キャッシングとは、お金を借りる総称に過ぎません

ではもう1つの用語、キャッシングとは何でしょうか?よくキャッシングとカードローンが混同されていますが、キャッシングとはお金を借りる事を指しカードローンとは商品名の事を指しています。

カードローンの他に、フリーローン、カーローンなど聞いた事があると思いますが、これらは全てサービスの名称です。つまりカードローンとは、銀行や消費者金融が出している商品名という事になります。

そして、カードローンやクレジットカード、住宅ローンなども含め、「お金を借りる」こと全般を称してキャッシングという訳です。

言葉の定義を詳しく見ていくと混乱するだけなので、概ねこのような感じなのかと捉えて頂ければ問題ないと思います。

サービスを提供する会社、法律、そして審査の違い

カードローンとクレジットカードの違いを、もう少し見ていきましょう。カードローンは基本的に、銀行や消費者金融が行っているサービスとなります。クレジットカードは、信販会社をはじめ多数の企業が行っているサービスとなります。

法的にも別で、カードローンは銀行法や貸金業法などで定められ、金融庁の管轄になります。クレジットカードは割賦販売法で定められていて、経済産業省の管轄となります。

そして法的に違うという事は、審査もそれぞれの方法で行われる事を意味しています。

※当然、審査方法は公表されていませんので、明確な違いについては分かりません。

カードローンにはカードローンの、クレジットカードにはクレジットカードの審査があり、それぞれ受ける必要があります。もしクレジットカードを持っていて、カードローンが欲しい場合は、新たに審査を受ける必要がありますので、ご注意下さい。

カードローンは、お金を自由に利用する事が可能なサービスです

2つのカードの定義や法律、審査についてお話ししましたが、次はそれぞれの特徴を詳しく見ていきたいと思います。カードローンとは一体どういったサービスなのか?申込や限度額など、細かな特徴を確認していきましょう。

8つの特徴から、カードローンを知り尽くそう!

カードローンは基本的に、以下の8つ特徴を持っています。

  • 申込:安定的な収入を得ている、20歳以上の人
  • 年会費:基本的には無料
  • 金利:それぞれ会社によって違うが、銀行系は低金利
  • 返済:月1回、数千円から可能
  • カードの発行:即日、カードが発行される
  • 限度額:10万~1000万とかなり大きな金額まで借入が可能
  • 再発行:即日に発行される
  • 特典:基本的にはありません

<1.申込>
これは銀行と消費者金融で若干違いがあります。年齢については、どちらも20歳以上となります。収入についてですが、銀行のカードローンは本人もしくは配偶者に安定的な収入がある事が前提となり、消費者金融は本人に安定的な収入がある事が前提となります。

<2.年会費>
基本的に維持費は掛かりません。大きな金額を借りれたり自由に使える利便性などがありますが、年会費が掛からない事は魅力の1つになります。

<3.金利>
各キャッシング会社で違いますので、ホームページなどでの確認が必要となります。特徴として、銀行系は13%~15%、消費者金融は18%と銀行のカードローンの方が低金利の傾向にあります。長期間利用される場合は、金利の低い物を選ぶ事をおすすめします。

<4.返済>
銀行も消費者金融も、基本的には月1回の返済となります。キャッシング会社によっては35日ごとと、1ヶ月を超える場合もあります。返済額は最低支払額が決まっていますので、それ以上支払うようにして下さい。

<5.カードの発行>
利便性において、すぐに使えると言うのは大きな魅力となります。

銀行系は早ければ翌日、消費者金融は即日カードを手にする事が出来ます。

<6.限度額>
カードローンの限度額は、かなり高額に設定されています。500万、800万、中には1000万を超えるものもあります。大きな出費に充てる事を考えている方には、魅力的だと思います。細かな金額はキャッシング会社によって様々なので、ホームページで確認してみて下さい。

<7.再発行>
カードの紛失、磁気不良などでキャッシングできなくなってしまうと、早急に新しいカードを用意しなければなりません。カードローンでは早い場合、即日発行して貰えるのでかなり魅力的です。

<8.特典>
基本的にカードローンは、お金を借りる事がメインとなりますので特典などはありません。キャッシング会社によっては、入会時に無利息キャンペーンなどがあったりしますので、カードローンを選ぶ際は考慮されると良いと思います。

使い方に縛りが無く、発行スピードも速いニーズに合ったカード

カードローンは、かなり利便性のあるサービスです。実際の用途を考えると、3つの魅力が挙げられます。

1.即日発行されるので、急いでいる時に助かる
2.低金利なサービスや限度額が高額なサービスが選べる
3.契約している金額内なら、出し入れが可能で用途も自由に使える

カードローンはお金を借りるサービスであり、早く必要な方、多くの金額を欲している方、自由にお金を利用したい方におすすめです。

利用するだけでお得になる!特典が豊富なクレジットカード

では次はクレジットカードについて、見ていきましょう。カードローンの普及は多くなりましたが、それでもクレジットカードの方が身近に感じるのではないでしょうか。そんなクレジットカードを、8つの特徴とカードローンとの比較も含めお話ししていきます。

8つの特徴から、クレジットカードを知り尽くそう!

  • 申込:安定的な収入を得ている、18歳以上の人
  • 年会費:選んだ会社によって違いますが、基本的に年会費があります
  • 金利:それぞれ会社によって違います
  • 返済:月1回、リボ払い・一括払い
  • カードの発行:1週間~2週間程度
  • 限度額:10万~300万程度まで可能 ※それ以上もあります
  • 再発行:1週間~2週間程度
  • 特典:付帯サービスが豊富にあります

<1.申込>
カードローンとは違い、18歳からクレジットカードは持つ事が可能です。

安定的な収入さえあれば、学生や主婦でも手軽に持てため、多くの方が利用しています。

<2.年会費>
基本的に、どのクレジットカードも年会費が発生します。金額についても会社によって違い、その上のグレード、例えばゴールドカードなどになればより大きな金額が発生します。但しクレジットカードが持つ特典は、それを補う魅力があります。

<3.金利>
会社によって違いますので、ホームページなどで確認する事が必要となります。目安としては、14~17.8%の間となります。金利は意外に支払いに圧し掛かってきますので、低金利な物を出来るだけ選ぶようにして下さい。

<4.返済>
基本的にカードローンと同じで、月1回となります。返済方法は、リボ払いと一括を選ぶ事が出来ます。手元に余裕がある場合は、口座振り込み、インターネット振込などを使って、元本の支払いが可能です。

<5.カードの発行>
発行に1週間~2週間程掛かります。クレジットカードは、事前確認書など必要な手続きや発送する書類などがある為、どうしても時間が掛かってしまいます。すぐにお金が必要と言う場合は、カードローンを考慮してみて下さい。

<6.限度額>
会社によって違いますので、ホームページなどで確認する事が必要となります。ショッピング枠と呼ばれるものは、基本的に最初は低く設定されています。その後、利用実績によって徐々に上がり、数百万円まで借りる事が可能となります。

<7.再発行>
即日発行する事は、かなり困難です。基本的には再発行には、1週間程度の時間を必要とします。

<8.特典>
クレジットカードの魅力は、この特典にあります。クレジットカードには、契約するだけで無料で加入しているサービスがあります。例えば、盗難保険、破損保険などのサービスが典型的です。

他にもクレジットカードには、購入時にポイントが付いたり、ETCが付随している物があったり、他にも海外での利用が可能であったり身分証明の役割を果たしたりと、多くの特典があります。

またキャッシング枠に申込めば、枠内の金額であればカードローンとして利用する事も可能です。

年会費や発行が遅いとデメリットがありますが、補って余りあるメリットがこの特典だと言えます。

クレジットは付帯サービスの充実した、海外でも使えるお得なカード

クレジットカードの魅力も、3つあります。

1.付帯サービスが充実している
2.ショッピング枠以外にも、キャッシング枠というサービスも提供している
3.クレジット会計のみの店で購入出来たり、現金を持ちたくない人には便利なカード

クレジットカードは、建て替えるサービスであり、充実した付帯サービスと多くのお店で使える利便性を取り揃えたカードと言えます。

お金を借りる危険性を理解すれば、後はカードを選ぶだけ!

それでは最後にお金を借りる事への注意点と、カードローンとクレジットカードの違いを踏まえた上で、どちらを選ぶべきか判断できるよう参考例のお話しをしていきたいと思います。

キャッシングする時に気を付けて欲しい、3つの注意点

1.お金が必要だからと言って、ヤミ金に手を出さない

カードローンもクレジットカードも、審査があります。審査に通るか心配するあまり、「審査不要」「直ぐ借りられます」などの文句に騙される事が無いよう、気を付けて下さい。

2.お金の使い方は計画的にしましょう

2つのカードを持つと、金銭的に余裕が出ます。その為、使用できるお金を全て自分の物だと錯覚してしまう方も、中にはいらっしゃいます。

金銭感覚がマヒする可能性が十分考えられるので、計画的に利用する事を心掛けて下さい。

3.クレジットカードの現金化は違法です

インターネットなどでよく見かけますが、クレジットカードのショッピング枠を現金化する事は止めて下さい。ヤミ金同様、変な言葉に騙されないよう気を付けて下さい。

実際の状況を想定すれば、あなたに合ったカードが分かる

これから、いくつかの状況を想定します。その状況ではどちらが良いのかお話ししますので、参考にして下さい。

  • 想定1:事故ってしまった
  • 想定2:なるべく早く欲しい、利息を安く使いたい
  • 想定3:旅行や趣味、飲み会など自由に使いたい
  • 想定4:カードを落としたり、盗難にあったりする不安がある
  • 想定5:海外旅行を考えている
  • 想定6:インターネットやスマホで気軽にショッピングをしたい

想定1~3の場合は、カードローンを利用する事をおすすめします。直ぐにいる、低金利、自由に使いたいなど考えている場合はカードローンを選ぶ方が良いと思います。

想定4~6の場合は、クレジットカードを利用する事をおすすめします。保障や海外での利用を念頭に置くなら、クレジットは大変魅力的なカードです。

また最近、インターネット上のお店の中にはクレジットのみの支払店もありますので、ショッピングを楽しむだけならクレジットカードを選ぶ方が良いと思います。

閉じる
閉じる