カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

若者のカードローンの利用は要注意!無鉄砲な借り入れは身を亡ぼす!

カードローンは若いからダメということは有りませんが、カードローン毎に申込条件が決められており、年齢制限として通常20歳以上でなければ申込むことができないので、未成年者は利用できません。

ただし若者の場合利用できるようになると、無鉄砲な利用をしてしまうことが有り、ついつい借り過ぎてしまうことが多く、最近そういった人の中で自己破産する例も増えている為、借入には十分注意が必要です。

そこで若者に限りませんが、たとえ即日融資の利用を希望する場合でも、申込む前には必ず自分が返済していけるかを確認する事が重要で、返済できそうにない場合は利用は見合わせましょう

若者のカードローン利用は可能?通常未成年の利用はできない!

若者というのは曖昧な表現ですが、カードローンは若いからと言って特に利用が難しいということは有りません。

ただしカードローンにはそれぞれに申込条件が決められており、この条件を満たしていなければ利用はできません。

カードローンの申込条件の中には年齢制限があるのが普通で、ほとんどの場合には、20歳以上ということになっていて未成年者がカードローンを利用することはまずできません。

また申込条件の中には学生の申込みを排除するようなものが入っている場合があるため、こういったカードローンの場合には成人していたとしても学生には利用することはできません。

まずは各カードローンの申込条件を確認しておこう

若者と言うと高齢者から見れば中年でも十分若者ですが、20代の人から見れば、自分たちこそ若者で、中年を指すような言葉ではありません。このように若者と言っただけでは大変曖昧な表現になります。

カードローンの場合、そういったあいまいな言葉で利用者を区別していると、利用できるかどうかが分りませんから、各カードローンとも明確な申込条件が決められており、この条件を満たせば利用可能です。

申込条件はそれぞれ違う部分がりますが、次の2点についてはほとんどのカードローンで共通しています。

  • 年齢制限
  • 収入要件

このほかにも細かい規定がある場合があるので、カードローンを利用する場合には、まずはこの申込条件を確認して、自分が申込みできるのかどうかを調べる必要があります。

カードローンの利用は通常20歳以上となっている

そこで気になる年齢制限ですが、上限はカードローンによってばらつきがあり、それぞれ違いっていますが、下限はほぼ20歳で統一されています。

つまり若者の内20歳以上の成人の場合にはカードローンの申込みができますが、20歳未満の未成年の場合には、カードローンの利用はできないということです。

ただしほぼ20歳に統一されていると言っているように、ごくごく一部のカードローンでは18歳でも申込可能になっているものもあります。

もちろんこれは申込条件ですから、20歳で申し込みを行ったとしても審査に通過できる保証が有る訳ではありません。

学生の場合は成人していても申込めない場合がある

ただし申込条件によっては20歳以上でも学生は除くということが明記されている場合があるので、20歳以上でも利用できない人もいることになります。

申込条件を確認する際は、細かい字の部分まで読むようにしてください。

また特に学生を排除していない場合でも、安定した収入など収入要件を満たしていない場合はやはり申込みができない為、事実上学生が利用するのが難しい場合もあり、そういった部分も要注意です。

~銀行の場合には申込みできる地域にも制限があることがある~
銀行の場合、法的には地方銀行でも全国展開できることになっていますが、実際には営業地域が決まっておりカードローンの申込みもその地域内に居住するか勤務先が無ければできないのが普通です。

地方銀行には特色のあるカードローンが有る場合がありますが、利用を考えるときには自分が申込みできるのかどうかをまず確認してください。

若者の借金は要注意!安易な借り入れをしてしまうことが有る

このようにカードローンは成人していれば若者でも利用できる可能性は十分あります。

ただし若者というのは人生経験が短いこともあって無鉄砲なところが有ります。もちろんそこが良いところではありますが、お金を借りるという点では注意すべき点でもあるのです。

要するに後先考えずに必要と思ったら借入れしてしまって、借入れが自分の返済能力を超えてしまい返済できなくなってしまうこともよくあることなのです。

こういったこともあって最近では若者が返済不能になってしまい、自己破産する例が増えてきているので、借入れには十分注意しなければなりません。

若者の特性は無鉄砲なとこと

カードローンは若者でも成人してさえいれば、利用できる可能性が有ることがわかりました。

しかし若者というのはお金を借りる際には十分注意が必要な面もあることを忘れてはいけません。

これは主に人生経験からきていると思いますが、若者の場合これが短いため、無鉄砲というか血気盛んな面があって、借り入れが必要だと思うと、あまり先のことを考えずに借りてしまう傾向が有ります。

これは若者の特性で、何かを行おうとする場合良い方向で作用することもあるのですが、慎重を期すべきところでは悪い方向に作用することになる訳です。

カードローンに限りませんが、お金を借りるというのは返済までよく考えておく必要があり、決して安易な判断で行うべきことではなく、若者といえども十分慎重になる必要があるのです。

借り過ぎてしまうと返済できなくなることもある

カードローンというのはカードを使ってATMからお金を引き出すという形で融資を受けます。これ何かに似てますよね。そうです、自分の預金を引き出すのとまったく同じ手順です。

このため何度も使っていると融資されたお金が自分のお金のように感じるようになってしまうことがあります。若者の場合先ほど説明した通り無鉄砲で考えが浅い場合が多いため、特に注意が必要です。

歯止めが利かないと、ついつい借り過ぎることになって、自分の返済能力の範囲では返済できないほど借り切れしてしまうことも珍しい話ではないのです。

若者の自己破産は増える傾向にある

もしそうやって歯止めなく借り入れしてしまって返済できなくなってしまった時は、どうなってしまうのでしょうか。

返済が難しくなった時には、弁護士などに相談して金融機関と債務整理の協議をしなければなりません。必要があれば裁判所にも加わってもらうことになります。

債務整理は契約した条件では返済できなくなってしまったため、協議して新たな返済方法を考えることですが、債務が膨大になってしまうと返済は難しいと判断され自己破産に追い込まれる場合も有ります。

最近はカードローンだけが原因というわけではありませんが、若者の自己破産件数が増加傾向にあるので、お金の借入れには十分注意しなければならないということがよくわかります。

~本当に借りる必要があるかよく考えることが重要~
カードローンは簡単に借入れできるため、お金が必要な時はすぐに借り入れしてしまいがちですが、安易な借り入れは本文の説明の通り自己破産の危険があります。

このためお金が必要という場合には、まずは本当に借りる必要があるのかよく考えてみましょう。やりくりすれば借りずに済むのであれば、借りない方が良いのです。

借入前に返済の可能性の検討要!自分の返済能力を計算してみよう

そこで若者に限った話ではありませんが、お金を借りようと思った時には、まず利用しようというカードローンの返済方式を理解して、月々の返済額はいくらになるのかを計算してみてください。

次に自分の収入や支出を考慮して、自分が月々いくらまでなら返済していくことができるのかを計算し、借入れしたときの返済の可能性を判断してみましょう。

もし返済額が返済能力を超えているような場合には、借入れを考えるのではなくて、借入れしなくて済ませる方法を検討すべきで、返済の可能性がない以上、借り入れは見合わせるようにしなければなりません。

カードローンの返済方式から月々の返済額を調べる!

このように安易に借入れしていると、返済できなくなってしまう可能性があるため、カードローンを借りるときは事前に返済方式を理解しておきましょう。

返済方式というのは月々いくら返済することになるのかを決めるための方式で、各カードローンで決められています。

ここでは多くのカードローンが採用している残高スライド方式について簡単に説明しておきます。

カードローンでは月々利息分と元金の返済分の合計額を返済しますが、金融機関では返済しやすいようにこの2つの合計が一定になるような方式を採用しているのが普通です。

かつてはいくら借りても一定になる方式が多くで採用されていましたが、借り過ぎると利息が膨らむという欠点があるため、最近ではこの残高スライド方式が採用される例が増えてきています。

残高スライド方式は借入残高を段階的に区切って各段階内では返済額が一定になるようになっています。このため借入額が増えていくと月々の返済額も増えることがあるため、借り過ぎには注意が必要です。

この方式が理解できれば、自分が必要とした金額を借りた場合、月々の返済がいくらになるのかがわかります。

自分の返済能力はどの程度か計算してみよう

次に返済する額ではなくて、自分が月々いくらまでなら返済できるのかを計算してみましょう。

そのためには1年程度遡って月々の収入と支出を調べてください。次に次の数式に従って月々の収支を計算してみましょう。

収支 = 収入 - 支出

この月々の収支が最少額になる場合を自分の返済可能額と考えることにします。

もし収入と支出が分らないという場合には、お金を借りたとしても、何に使ったか分からないうちに無くなりかねないので、借入れを考えるのは止めて、まずは自分のお金を管理するところから始めましょう。

返済の可能性が無ければ借り入れは見合わせるべき

返済が必要になる金額と実際の返済可能額が分ったところで、返済の可能性の判断ということになりますが、当然ですが後者が前者以上でなければなりません。

つまり次の数式が成り立っている必要があるわけです。

返済額 ≦ 返済可能額
もしこの数式が成り立っていなければ、返済は難しいと考える必要があるので、借入れは見合わせるようにしましょう。

無理に借入れすれば、途中で返済ができなくなってしまう可能性があり、最悪の場合自己破産だということを思い出しましょう。

~学生でも自分のお金はしっかり管理しておこう~
若者と言えば学生も含まれますが、学生の場合仕送りも有ればアルバイト収入もあるでしょう。

ですから、やはり、自分のお金を管理するというのは大変重要で無駄使いしないように今日からでも管理を始めるようにしましょう。

未成年や学生の融資の利用は可能なのか?カードローン以外なら可能!

では未成年は融資の利用はできないのかという話になりますが、カードローンの利用は難しいでしょう。しかし融資の利用という点では可能性がないとはいえません。

たとえば未成年の場合学生が多いですから、学費が必要というのであれば、何もカードローンを利用しなくても、奨学金を自分で申込むか、親に教育ローンを借りてもらうという方法が有ります。

学費以外の場合も、学生ローンというものが有り、18歳以上であれば、融資を申し込むことは可能です。ただし、やはり返済は必要ですから、返済能力以上の借入れは止めなければなりません。

未成年でも融資の利用可能性はある

ここまではカードローンの話ですから成人向けということになります。しかし若者のの中には未成年者も大勢含まれており、こういった人もお金が借りたいと考えることはよくあることです。

実はカードローンを離れて考えれば未成年者でも融資を利用することはできる可能性があります。学生については後で触れますが、未成年が利用でき比較的安全な融資としてはクレジットカードがあります。

クレジットカードには買い物で利用するショッピング枠の他に、カードローンのようにお金を借りることができるキャッシング枠があります。

そしてここが重要ですが、クレジットカードは18歳でも申込むことができるのです。

ただし、金利を考えるとカードローンよりも高くなっている場合が多く、あまりお得な借入れとは言えません。

そのあたりをよく考えて、必要最小限の借入れに止めるなど利用には注意が必要でしょう。

注意が必要なのは申込みに当たっては保護者の承諾が必要になり、またクレジットカードが作れたとしても、審査によってはキャッシング枠がつけてもらえない場合もあるので予め了解しておく必要があります。

学生が学費が必要なら奨学金や教育ローンがある

では学生が学費が必要で借りたいというのであれば、カードローンやクレジットカードを利用しなくてももっと良い方法が有ります。

まず学費を借りるのであれば奨学金が基本です。

日本の奨学金制度は先進国の中では最悪の制度ですが、それでも他のローンを借りるよりも良い方法と言えるでしょう。

もし時期的に奨学金が申込めないのであれば、学生自身が借りるのではなく保護者が借りることになりますが、多くの金融機関が教育ローンを提供しています。

この教育ローンであればカードローンなどよりもずっと有利な金利で借りることができます。

学生の学費以外の借入れであれば学生ローンという方法もある

もし学費というわけではないが学生がお金を借りたいという場合は、アルバイト収入が必要になりますが、学生ローンというものが有ります。

ほとんどはカードローンにはなっていませんが、50万円程度までなら融資の利用が可能です。

ただし学生ローンというのは以前は大学周辺などに多く見かけましたが、最近では数が減ってしまい大きな学生街のようなところでなければ見つけることができません。

このためそのほかの地域ではインターネット経由で利用するしか方法がないので、まずはインターネット上で利用できそうなところを探す必要がでてきます。

~奨学金には要注意~
本文では日本の奨学金は先進国中最悪と言っていますが、これは奨学金と言っているにもかかわらず、日本の場合は要するに一種の教育ローンであって給付されるわけではなく返済の必要があるためです。

ここで若者のカードローンの利用について纏めておきます。

  • 若者でも成人していればカードローンの利用は可能
  • 若者の場合安易に借入れを行ってしまうため返済できなくなり自己破産も増えている
  • 借り入れの前には自分の返済能力を考慮して無理な借り入れをしないようにすることが重要
  • 未成年の場合はカードローンの利用は難しいが借入方法はいくつかある

若者がいろいろなことに挑戦するのは良いことです。そのためのお金であれば、目的別ローンなどカードローンよりもお得な借り方が有るはずですから、そういった借り方も良く調べてみるようにしましょう。

閉じる
閉じる