カードローンを即日で利用したい!審査のコツと技!

カードローン審査で勤務先に電話がきた時の5つのポイント

最近CMなどでよく目にすることがあるカードローンですが、いざ自分が利用する立場となると何かと不安もありますよね。そんな中でも一番気になるのは、申込先からかかってくる勤務先への電話についてだと思います。

もしも周りにバレてしまったら、と想像するとカードローンを利用するのに躊躇してしまうかもしれません。そんな場合の対策方法を知っておけば、いざという時にも備えることができます。

どのような内容なのかについて実際の流れを踏まえていきます。いくつか注意点もありますので、目を通していただいた上でカードローンを利用する際に役立てて下さい。

カードローン利用時の要!在籍確認とは?

「お金を借りたい」と考えたとき、まずはどのようなものなのか調べたりすると思いますが、そんな時によく聞くのが在籍確認(電話連絡)という単語です。

カードローンは誰でも簡単に借りれるというわけではなく、審査を受けて通過した人が利用できるものです。そしていずれ返していかなければいけないものですから、基礎からしっかり学んでいただけたら幸いです。

今さら聞けない?在籍確認の意味とその理由について

在籍確認とは基本的に、申込をした時に申告した勤務先の電話番号にかかってくる電話のことをいいます。下記に簡単にではありますがその意味を載せてみました。

  • 申告した勤務先に在籍しているか
  • 本人ではない別人が、手に入れた情報で借り入れようとしていないか
  • 申告した情報が間違っていないか

情報が正確なものなのかを確認するために、一般的に申込先が勤務先に電話をかけ本人がそこにいるという事を証明するために審査の一つとして行っています。

既にこの会社を退職していたり、在籍してはいるものの、何らかの理由で長期間休職しているにも関わらず働いていると嘘をついていれば、融資はできないと判断されてしまう材料にもなりかねません。

このことから審査において在籍確認が重要だということが理解できます。

電話のかかってくるタイミングはいつ?

申込をしてから借り入れするまでには手順がありますが、やり方が統一されているわけではなく、電話のタイミングも申込先の状況によって変わってきます。

他の手段としてですが、前もって証明書類など準備しておいたり、申込先のサイトを見たりなどして大まかな流れを把握しておけば負担も減ります。事前準備をしておくといいでしょう。

避けては通れない?必須といわれる勤務先への電話

在籍確認がどのようなものなのか、そして重要なものだということは説明させていただきましたがそこで疑問も出てきます。電話がかかってこないようにはできないのか、避けられる方法はあるのかどうかということです。早速チェックしていきましょう。

バレたくない!どうしても在籍確認は必要なの?

避けられるものなら避けたいと考える方も多いかと思います。しかしほとんどの消費者金融や銀行ではカードローンを申し込んだ時に、勤務先に電話をすることで本人確認をしている所が多いです。

少数派ではありますが、勤務先に在籍していると証明できる書類を用意することで電話確認をしない所もあるようなので、申込時に相談してみて下さい。このことから考えてみても、避けることは難しいといえるようです。

甘い言葉に気を付けて!申込する時にあるこんなこと

上記でも書いたように避けることは難しいとされる在籍確認ですが、残念ながらその中には罠をしかけているものも存在しますので気を付けて下さい。

本人と証明できる書類や在籍確認の電話、そのどちらも必要ないといった内容の文章のことです。

電話がかかってくることを避けたいがためにこういった所を利用するのは危険です。安易な考えを持たずに借り入れたいですね。

知っておくと安心!勤務先にかかってくる電話の内容について

どういった内容なのかということですが、その中でも大きく分けて2つのパターンがあるということを知っていますか?実は消費者金融なのか銀行なのかによって異なってきます。これを踏まえて実際にどのように対応すればいいのかが分かってきます。

在籍確認の電話における大きな2つの違い

消費者金融の場合は個人名で消費者金融であることが分からないようになっているのに対して、銀行の場合は銀行名で身元をはっきりと伝えてくることが一般的なようです。

どうして分かれているかと言うのは下にまとめましたので確認して下さい。

消費者金融の場合は万が一他の人が電話に出た場合に、「この人は消費者金融からお金を借りようとしている」とバレてしまいます。

対して銀行の場合はカードローンの取引以外にも取り扱っているものがあり、直接的にカードローンを利用をしているということには結びつかないので、銀行名を名乗っても問題がありません。

補足ですが、銀行では銀行名だけではなく個人名でかけてくる場合もありますので注意して下さい。このように名乗り方が異なるのには理由があるということが分かります。

実際の内容とはどういったものなの?

流れとしては消費者金融も銀行も似ています。確認して実際どのようになっているか把握してみましょう。

  • 「○○といいますが、××さんはいらっしゃいますか?」
  • 「私が××です。」
  • 「(フルネーム)様でしょうか?」
  • 「はい。」

銀行の場合は「△△銀行の○○といいますが、××さんはいらっしゃいますか?」というようになります。申込先によっては誕生日などの情報をきくこともあるようです。また、この時の電話のかけ方に要望があるという場合は申し込む時に尋ねてみて下さい。ただし要望によってはできないこともあります。

例えばですが別の会社の名前を名乗ったりするようにお願いすることです。ウソをついてしまうと法律に触れてしまうことになります。

何か問題があって要望を聞いてほしいという時はできる範囲でお願いしましょう。

押さえておこう!カードローン利用がバレない為の対策ポイント

上記では本人が電話に出た場合のものでしたが、必ずしも本人が電話に出られるとは限りません。代わりに出た方の言い方によっては状況が判断できないこともあります。

そこからカードローン利用がバレてしまうこともあるかもしれません。注意しておけば安心なポイントを押さえて万が一に備えてみましょう。

本人が不在で状況判断ができない場合はどうしているの?

本人が不在で状況が不透明な場合には、どのような理由でいないのかを聞いてくることがあります。

典型的な例としてあげられるのは、「いません」「休んでいます」と言われたものに対してです。これでは今日だけのことなのか長期的なものなのか区別がつかないですよね。

そういった時には「いつでしたらいますか?」というように、判断できる返答を引き出すような内容の文言を言うこともあります。ここで「明日ならいます」などと言ったものが引き出せれば、一時的なものと判断でき、在籍している証拠をつかめればОKで、絶対に本人でなくてはいけないということもありません。

判断できたと分かれば「かけなおします」といって電話を切った後にもう一度かかってくるということはなく、また、会社名については本人がでれば言いますが、第三者との会話では出すことはありません。

その他にも、詳細を聞いてこようとする方もいますが、本人でない以上はいくら尋ねられても勝手に話すことはしません。また定休日で誰もいないことがあるようなら事前に相談しておきましょう。

切り札にもなるかも?バレるリスクを減らすとっておきの方法

それでも不安な方にオススメの手段があります。絶対にバレないとは言えませんが、カードローンについて詳しい人がいたとしても有効かもしれません。

疑われにくい方法として適切なのは「クレジットカードの件です」とあらかじめ周りに言ってみることです。そうすることによって余計な詮索をされなくてすみますし、自分が電話が取れない時でも慌てずに対処できます。

クレジットカードは周りにいる多くの大人が持っているものです。何枚か持っていても特に不思議がられないのでごまかして言うには一番の方法です。

あなたは知ってる?カードローンの在籍確認にある落とし穴

ここまで大切なポイントを何点かお伝えしてきましたが、最後にもういくつかチェックしていただきたいと思います。案外そこまで意識が及ばないというような落とし穴があります。

バレないための対策に豆知識として覚えておきましょう。

着信履歴に折り返しかけてしまった場合は大丈夫なの?

理由を知らない人が折り返しかけた先が消費者金融だった、なんてことが自分がいない場所で起こってしまったらと考えると焦ってしまいますよね?

その為の対策として発信専用の電話番号を用意していたり、会社名などを分からないように変えてみたりということをしている所もあるようです。

その他に注意しておきたいケースとは?

社員の名前が把握できないほど沢山いて、実際は在籍しているのにいないように答えられてしまうことも可能性としてあります。そんな時は最初の申込できちんと自分のいる場所の電話番号を記載しておくといいでしょう。

また、個人的な電話を受け付けていない会社の場合は、残念ながら諦めなければいけないといったこともでてくるかもしれません。

今回は分かりやすく会社に勤務していることを想定として挙げていきましたが、これが派遣社員、個人事業主や自営業だった場合は変わってくることもあるかと思います。ですので、申込先のサイトを確認したり、不明な点を申込前に問い合わせてみてからカードローンを利用しましょう。

閉じる
閉じる